劇伴作家・澤野弘之のボーカルプロジェクト・SawanoHiroyuki[nZk]、岡崎体育をゲストボーカルに迎えた、ニューアルバム『iv』新録曲「膏」MVをYouTubeにて公開!

アニメ・ドラマ・映画で流れる伴奏音楽、“劇伴”を中心に活動し、『進撃の巨人』『機動戦士ガンダムUC』『プロメア』など数々の大ヒットアニメ作品の音楽を担当している作曲家・澤野弘之。

昨年『進撃の巨人』のサウンドトラックを組曲にしレコーディング・撮影したミュージックビデオをYouTubeに公開し、3月3日時点で再生回数が760万回を突破、1万2千件以上のコメントが寄せられており、コメント欄は日本語以上に英語等の外国語のコメントが多数見受けられている。中国の動画共有サイト「bilibili」ではチャンネル登録者数が124万人となっており、2019年には上海のメルセデスベンツアリーナにて単独公演を行い、1万人超を動員するなどグローバルに活躍している。

そんな澤野弘之は2014年よりアーティスト活動でもあるボーカルプロジェクト、SawanoHiroyuki[nZk](読み:サワノヒロユキヌジーク)を展開している。

本日、3月3日にSawanoHiroyuki[nZk]名義で通算4枚目のオリジナルアルバム『iv』(読み:イヴ)を発売。本アルバムは澤野弘之が“今届けたい音楽”をふんだんに詰め込んだ1枚となっており、Yosh(Survive Said The Prophet)、アイナ・ジ・エンド(BiSH)、Jean-Ken Johnny(MAN WITH A MISSION)、Anly、ReoNa、優里、など多彩なゲストボーカルを迎えている。

アルバムの新録曲「膏」(あぶら)では岡崎体育が歌唱・作詞を担当しており、そんな「膏」のMVが本日YouTubeにて公開された。“義足のランナー”をコンセプトに作詞された本楽曲。澤野と岡崎が共演しており、ストリートという自由な場所から音楽を発信し、今を生きる人たちを鼓舞するといったミュージックビデオとなっている。

更に、澤野弘之オフィシャルYouTubeチャンネルにて公開されている「膏」のMVは、YouTubeオリジナルバージョンとなっており、オフショットを使用したエンドロールが付いている。こちらも是非チェックして欲しい。


●リリース情報
SawanoHiroyuki[nZk] 4thアルバム
『iv』
3月3日発売

【初回生産限定盤(CD+BD)】

品番:VVCL 1657-8
価格:¥4,700+税

【通常盤(CD)】

品番:VVCL 1659
価格:¥3,200+税

<CD>
M01 「IV」
M02 「FLAW(LESS)」by SawanoHiroyuki[nZk]:Yosh
M03 「FAVE」by SawanoHiroyuki[nZk]:AiNA THE END
M04 「Chaos Drifters」by SawanoHiroyuki[nZk]:Jean-Ken Johnny
M05 「N0VA」by SawanoHiroyuki[nZk]:naNami
M06 「Tranquility」by SawanoHiroyuki[nZk]:Anly
M07 「time」by SawanoHiroyuki[nZk]:ReoNa
M08 「Trollz」by SawanoHiroyuki[nZk]:Laco
M09 「Till I」by SawanoHiroyuki[nZk]:優里
M10 「Felidae <iv-ver.>」by SawanoHiroyuki[nZk]:Gemie&Tielle
M11 「CRY」by SawanoHiroyuki[nZk]:mizuki
M12 「膏」by SawanoHiroyuki[nZk]:okazakitaiiku
M13 「OUT OF “iv”」
BONUS TRACK
M14 「Barricades <MODv>」by SawanoHiroyuki[nZk]:Yosh
M15 「Keep on keeping on <MODv>」by SawanoHiroyuki[nZk]:mizuki
M16 「NEXUS <PODv>」by SawanoHiroyuki[nZk]:Laco

<BD>
『澤野弘之 LIVE “BEST OF VOCAL WORKS [nZk]” side SawanoHiroyuki[nZk]』ライブ映像収録

<澤野弘之 プロフィール>
ドラマ・アニメ・映画など映像の音楽活動を中心とし、その他にもアーティストへの楽曲提供・編曲など精力的に活動している。ボーカル楽曲に重点を置いたプロジェクト、SawanoHiroyuki[nZk](サワノヒロユキヌジーク)が2014年春より始動。

<岡崎体育 プロフィール>

京都府宇治市出身の男性ソロプロジェクト。2016年5月発売のアルバム『BASIN TECHNO』でメジャーデビュー。同アルバム収録の「MUSIC VIDEO」は、『第20回文化庁メディア芸術祭』エンターテインメント部門新人賞を受賞。オリジナルアルバム3枚はすべてオリコンTOP10を記録。CMや映画、ドラマ出演などマルチな
活動を行いながら、
2019年6月には<さいたまスーパーアリーナ>でワンマン公演を開催。SSA史上初となる“1人vs18000人”のコンサートを大成功裡に収めた。

関連リンク

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人