結成20周年を記念するJAM Project初のドキュメンタリー映画劇場公開スタート!水木一郎、松本梨香、坂本英三が熱くエール!JAM Projectを彩った旧メンバーからのコメント到着!

2020年に結成から20周年という記念すべきアニバーサリーイヤーを迎えたJAM Project。

現在は、影山ヒロノブ、遠藤正明、きただにひろし、奥井雅美、福山芳樹の5名のメンバー構成で、それぞれがヒットソングを生み出し、「アニソン界」を代表する実力派シンガーが集結したスーパーユニットとして活動を続けている。そんな「アニソン」を世界に躍進させた開拓者である彼らの初のドキュメンタリー映画『GET OVER -JAM Project THE MOVIE-』が、2月26日から3月11日まで2週間限定ロードショー中。

このたび、いよいよ劇場公開となった本作品とJAM Projectの結成20周年に対して、JAM Projectの歴史を彩った旧メンバーである、水木一郎(アニソンシンガー)、松本梨香(歌手・声優・女優)、坂本英三(ロックシンガー)からのコメントが到着した。

それぞれ、メンバー経験者だからこそのJAM Projectへの想いと結成20周年へのお祝い、そして、これからの活動に対してのエールともいえるコメントとなっている。また、今回のドキュメンタリー映画を観て感じたことを熱く綴った内容になっている。

水木一郎は、「俺がアニソンとともに歩んだ半世紀を縦糸とするなら、JAMはこの業界に厚みを与えてくれた横糸のようなもの。アニソンの明日のために、互いに切磋琢磨していこうゼーット!」と熱くエールを贈り、松本梨香は、「恩返しをするためにJAM Projectに一生懸命向き合い、メンバーと一緒に2008年まで歌を届けられた事、とても大切な思い出です。自分がお休みしてからもずっと魂の歌を紡ぎ続けてくれている事に感謝の気持ちでいっぱいです。」とコメント。そして、坂本英三は、「常に戦いを挑み続けた20年間。決して平坦な道ではなかったと思いますが、どんな障害や壁も乗り越えてきたグループに尊敬と誇りと感謝の念を禁じ得ないです。」とし、「この映画を観て熱くならないはずがない。きっとあなたにも静かに熱く問いかけてくるはずです。ありがとうJAM Project」とコメントした。

コメント全文と、その他の著名人からのコメントなどは公式サイトでチェックしてほしい。

<コメント全文>
水木一郎(アニソンシンガー)

早いものでJAM Project 結成から20年。映画化、おめでとう!メンバーのJAMにかける思い、パワー溢れるパフォーマンスがギュッと凝縮されたムービーでした。「非常勤宣言」をして今は活動から離れているけれど、俺たちが築き上げてきたものは間違いじゃなかったとあらためて感じました。俺がアニソンとともに歩んだ半世紀を縦糸とするなら、JAMはこの業界に厚みを与えてくれた横糸のようなもの。アニソンの明日のために、互いに切磋琢磨していこうゼーット!

松本梨香(歌手・声優・女優)

20周年おめでとうございます。自分自身、歌手としてアニメソングと出逢えたおかげで今があると言っても過言ではありません。恩返しをするためにJAM Projectに一生懸命向き合い、メンバーと一緒に2008年まで歌を届けられた事、とても大切な思い出です。自分がお休みしてからもずっと魂の歌を紡ぎ続けてくれている事に感謝の気持ちでいっぱいです。JAM Project、永遠に♪♪♪

坂本英三(ロックシンガー)

JAM Project結成からの20年間の記録を綴ったドキュメンタリー映画ではありますが
ここまで熱くさせる映画があっただろうか。

この作品からは
『これまでのJAM Project』を堪能できますが
『これからのJAM Project』を感じることもできます。

常に戦いを挑み続けた20年間。
決して平坦な道ではなかったと思いますが
どんな障害や壁も乗り越えてきたグループに
尊敬と誇りと感謝の念を禁じ得ないです。

これから時代がどんなに変わろうと
JAM Projectの精神は強靭かつ不滅。
常に現在進行形のこのグループは
また時代と共に走り抜けていくでしょう。

この映画を観て熱くならないはずがない。
きっとあなたにも
静かに熱く問いかけてくるはずです。

ありがとうJAM Project


●作品情報
『GET OVER -JAM Project THE MOVIE-』
2月26日(金)から3月11日(木)まで2週間限定ロードショー中

【CAST】
JAM Project
影山ヒロノブ 遠藤正明 きただにひろし 奥井雅美 福山芳樹
Guest Artist:ALI PROJECT angela GRANRODEO FLOW 梶浦由記

【STAFF】
監督:大澤嘉工
製作:井上俊次、二宮清隆
企画:松村起代子、宇田川美雪
プロデューサー:高橋義人
撮影:脇屋弘太郎、西岡章
録音・音響デザイン:石寺健一
オンライン編集:波江野剛
ラインプロデューサー:安養寺紗季、原啓介
制作:東北新社
配給:東宝映像事業部
2021年/日本/カラー/16:9/114分

<イントロダクション>
世界で日本の「アニソン」ジャンルを開拓し、
結成20周年を迎えたJAM Project初のドキュメンタリー映画!

世界に日本の「Anison(アニソン)」を躍進させた開拓者であり、”レジェンド”と称されるスーパーユニット、JAM Project(JAPAN ANIMATIONSONG MAKERS PROJECT)の結成20周年を記念した初のドキュメンタリー映画。460日間に渡る長期密着を敢行。レコーディング、海外LIVE、LIVEツアーリハーサル…だが、誰も予測し得なかったCOVID-19 の影響により、予定されていたLIVEツアーは次々と中止になっていった…。そんな“現在(いま)”だからこそ浮かび上がる、音楽を通して世界を勇気づけてきた彼らの真実のメッセージとは?メンバー自身でさえ知らなかったと驚く“誰もみたことのないJAM Project”の姿が、ここにある。

<JAM Projectとは>
「アニソン界」を代表する実力派シンガーによって、2000年に立ち上げられたスーパーユニットです。世界に誇る進歩した日本のアニメーションに見合う主題歌を作り歌っていきたいと、シンガー達自らが立ち上がり、集いました。アニメやゲームに付随した主題歌文化に磨きをかけていきたい…そんな欲望をもってJAM Projectは「アニソン」というジャンルの中で独自の地位を築き上げました。現メンバーは、影山ヒロノブ、遠藤正明、きただにひろし、奥井雅美、福山芳樹の5人。メンバー自らが主題歌の「曲づくり」にも携わっており、プロデューサーや監督達との打合せ、デモづくり、ディレクションと、「作品」=「主題歌」を目指して、常に制作者と表現者を兼ねて邁進しています。

©2021「GET OVER -JAM Project THE MOVIE-」FILM PARTNERS

関連リンク

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人