TVアニメ『デジモンアドベンチャー:』の新ED曲が、ウォルピスカーター×ボカロP・Orangestarによる超強力タッグの新曲に決定!

この度、TVアニメ『デジモンアドベンチャー:』の3月7日(日)から放送される新ED曲が、ウォルピスカーターの「オーバーシーズ・ハイウェイ」に決定した。

本楽曲は、作曲をボカロPのOrangestarが担当、作詞はウォルピスカーター本人とOrangestarによる共作。Orangestarがアニメ主題歌を手がけ、作詞を共作するのは初めてで、ネットシーン発の歌い手・ウォルピスカーター×ボカロP・Orangestarによる超強力タッグの新曲と、新しいEDアニメーションに期待が高まる。

気になる楽曲とアニメーションは3月7日(日)朝9時放送の「ジャガモン ポテト地獄」にて放送される。

【コメント】
<ウォルピスカーター>
今回『デジモンアドベンチャー:』の新エンディングテーマ曲『オーバーシーズ・ハイウェイ』の作詞の一部と歌を担当させていただきましたウォルピスカーターです。
「知らない場所へ飛び込もう!」をテーマにOrangestarさんとタッグで楽曲を制作しました。作詞から制作が始まったので、特別メッセージ性の強い楽曲になっていると思います。たくさん聴いてくれると嬉しいです!
あと高いです!!

<Orangestar>
今回『デジモンアドベンチャー:』の新エンディングテーマ曲『オーバーシーズ・ハイウェイ』の作詞の一部と作曲を担当させていただきましたOrangestarです。
初代デジモンを子供の頃に見ていたので、今回こうして自分が曲を書かせていただいているのが、とても不思議な感覚でした。
ウォルピスさんとの久々のコラボもとても楽しかったです!!


●作品情報
TVアニメ『デジモンアドベンチャー:』
フジテレビほかにて毎週日曜 朝9:00~放送中

【ストーリー】
西暦2020年。
ネットワークが人間の生活に深く浸透している現在。その向こう側に広がるデジタルワールドには、未知のデジタル生命体・デジモンが棲んでいる。主人公・八神太一はある日、ネットの世界に迷い込み、自分のパートナーデジモン・アグモンと出会い、共に東京を襲ったネットワークの暴走事件を食い止めた。事件は無事に解決したが、太一はネットの世界から現実へと戻ってきてしまった。
「あれは、夢だったのだろうか?」
しかし太一の手には、アグモンとの絆・デジヴァイスが握られていた…。新たな危機・東京一帯の大停電の原因がデジモンにあるのではないかと考えた太一は、仲間の泉光子郎やクラスメイトの武之内空、石田ヤマトら仲間たちとともに、再びデジタルワールドへ!そして太一たちは、自分たちが「選ばれし子供たち」と呼ばれる、大きな使命を負った存在であることを知る。太一とアグモンは現実の世界で次々に起こるネットワークの危機を阻止するために、
謎に満ちた「聖なるデジモン」を探し求める大冒険に飛び込んでいく!

<ウォルピスカーター(Wolpis Carter)プロフィール>
男性歌い手。”高音出したい系男子”の異名を持ち、トレードマークのハイトーンボイスを武器にリスナーを魅了し続けている。実直な”高音”へのこだわりを掲げる「ウォルピス社」社長でもある。

© 本郷あきよし・フジテレビ・東映アニメーション

関連リンク

この記事を書いた人