「GRANRODEO 15th ANNIVERSARY FES ROUND GR 2020」全出演アーティスト発表!モバイル先行受付決定!

2020.12.21

Billboard in New York City

今年2020年、結成記念日である11月23日に、15周年アニバーサリーイヤーを延長することを発表したロックユニットGRANRODEOが、2021年2月27日(土)、28日(日)に東京ガーデンシアターにて、15周年イヤーを記念した主催フェス「GRANRODEO 15th ANNIVERSARY FES ROUND GR 2020」のリベンジ公演を開催する。

その全出演アーティストが発表された。

現在出演が決定している氣志團、BREAKERZ、OxT、西川貴教に加え、新たにFLOW、ベリーグッドマンの出演が決定し、GRANRODEOとも親交の深い全6組のアーティストが出演となる。

また、GRANRODEO MOBILE および各アーティストのファンクラブにてチケット先行が決定。詳しくはHPをチェックして欲しい。


●イベント情報
GRANRODEO 15th ANNIVERSARY FES ROUND GR 2020

2月27日(土) OPEN 16:30 / START 17:30
2月28日(日) OPEN 16:30 / START 17:30
会場:東京ガーデンシアター
チケット料金:全席指定 8,800円(税込)

<出演アーティスト(五十音順)>
2月27日(土)公演:氣志團、ベリーグッドマン 、BREAKERZ
2月28日(日)公演:OxT、西川貴教、FLOW
※GRANRODEOは両日出演いたします。

「ROUND GR 2020」モバイル先行
受付期間:2020年12月23日(水)11:00~2021年1月5日(火)23:59
GRANRODEO MOBILE よりお申し込みください。

<「ROUND GR 2020」各アーティスト先行>
受付期間:2020年12月23日(水)11:00~2021年1月5日(火)23:59

FLOW OFFICIAL MEMBER「26ers」
ベリーグッドマン 公式ファンクラブ 「ベリーグッドFAN」
BREAKERZ オフィシャルファンクラブ「TEAM BREAKERZ」

本公演はお客様、出演者、スタッフの新型コロナウイルスへの感染防止と安全確保を目的として、政府、自治体より発表または要請される最新の情報・ガイドラインを遵守し、感染防止対策を行った上で、細心の注意を払い実施させていただきます。
ご来場のお客様におかれましても、ご不便をおかけする場面もございますが、ご理解とご協力のほど、何卒お願いいたします。

●リリース情報
GRANRODEO初のトリビュートアルバム
『GRANRODEO Tribute Album “RODEO FREAK”』
発売中

品番:LACA-15824
価格:¥2,500+税

参加アーティスト(五十音順)
OxT、シド、超特急、でんぱ組.inc、西川貴教、BREAKERZ、FLOW、ベリーグッドマン、MUCC

GRANRODEO Tribute Album “RODEO FREAK” Special siteはこちら

<GRANRODEO プロフィール>
これまでに30枚のシングルと8枚のオリジナルアルバムをリリース。結成5周年を迎えた2010年に武道館でワンマンライブを開催。
男性声優がアーティストとして武道館でワンマンライブを開催したのはGRANRODEOのKISHOWが初。
以降、全国ホールツアーや野外公演、主催フェス開催など着々と動員を伸ばし、2013年には横浜アリーナ2Days、2014年にはさいたまスーパーアリーナ・大阪城ホールでのワンマンライブを開催。
結成10周年を迎えた2015年には、幕張メッセ国際展示場1~3ホールにて2Daysワンマンを開催。
ずば抜けたパフォーマンス力の高さは業界内からも高い支持を得ており、昨今では「SUMMER SONIC」などのフェスにも出演。
2018年には、満を辞して初の海外公演も開催。2019年には8枚目のオリジナルアルバムをリリースし、全国11箇所18公演のライブツアーを開催。

2020年8月には初のトリビュートアルバム、11月にはGRANRODEOの歴代全シングルのリードトラックと新曲の全32曲を収録した15周年記念ベスト盤を発売。2020年11月23日に結成15周年を迎え、15周年アニバーサリーイヤーの延長を発表!2021年2月には飯塚昌明をフューチャーした「e-XPO 2020」とGRANRODEO主催フェス「ROUND GR 2020」のリベンジ公演が決定。同年3月には2枚目となるコンセプトミニアルバムの発売と、全国ツアーが控えている。
アニソンアーティストの枠に囚われない幅広いフィールドでの活動でファン層拡大中!

関連リンク

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人