TVアニメ『ARIA』放送開始15周年記念作品 2021年春劇場上映の完全新作アニメーション『ARIA The CREPUSCOLO』OP&EDテーマ担当は安野希世乃に決定!

現在、WEBマンガサイト「MAGCOMI(マグコミ)」にて『あまんちゅ!』を絶賛連載中の天野こずえが描いた未来形ヒーリングコミック『ARIA』。

単行本累計460万部、関連書籍累計80万部が発行された本作は、2005年に『ARIA The ANIMATION』としてアニメ化。その後も、2006年に『The NATURAL』、2007年に『The OVA ~ARIETTA~』、2008年に『The ORIGINATION』、2015年に完全新作アニメーション『ARIA The AVVENIRE』が制作され、原作コミックの雰囲気そのままの優しい世界が数多くのファンを魅了した。

そして、『ARIA The ANIMATION』放送から15年目を迎える2020年。このメモリアルイヤーに、再び『ARIA』が新作アニメーションとして帰ってくる。オレンジぷらねっとのメンバーを中心に描かれる、2021年春劇場上映の完全新作アニメーション『ARIA The CREPUSCOLO』。

このたび、TVアニメ『マクロスΔ(デルタ)』のカナメ・バッカニア役に選ばれ、戦術音楽ユニット・ワルキューレのリーダーとしての活動や2017年7月、ソロシンガーとしてもデビューを果たした、安野希世乃が本作のOP&EDテーマを担当することが決定!本作のOP&EDテーマを担当するにあたって「時を超えて多くの人に愛され続けている「ARIA」シリーズ…今作の美しい作品世界の一部に、このたび音楽を通じて関われると伺った時は心底驚きましたし、飛び上がるほど嬉しかったです!ARIAの世界を彩る一部になれるなんて…こんなに嬉しいことはありません。この出逢いに、心から感謝しています。」と、喜び溢れる心境を語っている。

さらに、安野は本作のアーティスト参加に加え、原作者天野こずえ先生による本作描き下ろしオリジナルキャラクターのアレッタ役で出演することが決定した。安野は「今日まで長く愛されてきたARIAの美しい作品世界の一部に自分も加われるんだ!ととても嬉しく思いました。今回の新作劇場版に、今の自分が参加できる驚きと嬉しさを、収録を終えた今でも噛み締めています。」とコメントを寄せている。

加えて、『ARIA The CREPUSCOLO』電子年賀状キャンペーンの実施も決定!12月25日(金)23:59までに登録していただいた方全員に、2021年1月1日頃に同作のキャラクター・デザインを担当した伊東葉子描き下ろしイラストを使用した電子年賀状をお届け。詳しくは公式ホームページをチェックしてほしい。


●楽曲情報
2021年春劇場上映の完全新作アニメーション『ARIA The CREPUSCOLO』主題歌
オープニングテーマ 「フェリチータ」 安野希世乃
エンディングテーマ 「echoes」 安野希世乃
※商品詳細は12月25日(金) 正午(12:00)

<安野希世乃 主題歌決定コメント>
シリーズが長きにわたり、時を超えて多くの人に愛され続けている「ARIA」シリーズ…今作の美しい作品世界の一部に、このたび音楽を通じて関われると伺った時は心底驚きましたし、飛び上がるほど嬉しかったです!過去シリーズを拝見していても、美しい映像と優しい物語と出逢った時の、心の奥までじんわりと語りかけてくる「音楽の力」を芯から感じました。歌わせて頂いた楽曲が、ARIAの世界を彩る一部になれるなんて…こんなに嬉しいことはありません。この出逢いに、心から感謝しています。

<安野希世乃 プロフィール>
7月9日、宮城県生まれ。
2016年、TVアニメ『マクロスΔ(デルタ)』のカナメ・バッカニア役に選ばれ、戦術音楽ユニット・ワルキューレのリーダーとして活動する。ワルキューレの1stアルバム「Walküre Attack!」は、日本ゴールドディスク大賞“アニメーション・アルバム・オブ・ザ・イヤー”を獲得。2017年7月、TVアニメ『異世界食堂』EDテーマ「ちいさなひとつぶ」を含む1stミニアルバム「涙。」をリリース、ソロシンガーとしてもデビューを果たす。
以降、ミニアルバム「笑顔。」、「おかえり。」、シングル「ロケットビート」、「晴れ模様」をリリース。
声優としては、『アイドルマスターシンデレラガールズ』木村夏樹役、『冴えない彼女の育てかた♭』加藤恵役、
『スター☆トゥインクルプリキュア』天宮えれな/キュアソレイユ役など、多数作品に出演している。

天野こずえ描き下ろし本作オリジナルキャラクター・アレッタ役に安野希世乃が決定!

<安野希世乃 アレッタ役決定コメント>
今日まで長く愛されてきたARIAの美しい作品世界の一部に自分も加われるんだ!ととても嬉しく思いました。ARIAシリーズの新作を心待ちにされていた皆様も多いことと思います。今回の新作劇場版に、今の自分が参加できる驚きと嬉しさを、収録を終えた今でも噛み締めています。声を吹き込ませて頂いたアレッタが、どのようにネオ・ヴェネツィアの空を飛びまわるのか。美しいあの世界観が、今作でどのように新たな表情を見せてくれるのか、楽しみで仕方がありません。叶うならば何度でも劇場に足をお運びいただき、『ARIA The CREPUSCOLO』の魅力を皆様に沢山見つけて貰えたら嬉しいです。

●作品情報
『ARIA The CREPUSCOLO』
2021 Spring 劇場上映
配給:松竹ODS事業室

<『ARIA The CREPUSCOLO』 イントロダクション>
未来形ヒーリングストーリー 蒼のカーテンコール 《第2章》開幕
現在、WEBマンガサイト「MAGCOMI(マグコミ)」にて『あまんちゅ!』を絶賛連載中の天野こずえが描いた未来形ヒーリングコミック『ARIA』。単行本累計460万部、関連書籍累計80万部が発行された本作は、2005年に『ARIA The ANIMATION』としてアニメ化。その後も、2006年に『The NATURAL』、2007年に『The OVA ~ARIETTA~』、2008年に『The ORIGINATION』、2015年に完全新作アニメーション『ARIA The AVVENIRE』が制作され、原作コミックの雰囲気そのままの優しい世界が数多くのファンを魅了しました。

そして、『ARIA The ANIMATION』放送から15年目を迎える2020年。
このメモリアルイヤーに、再び『ARIA』が新作アニメーションとして帰ってきました。
オレンジぷらねっとのメンバーを中心に描かれる、完全新作アニメーション『ARIA The CREPUSCOLO』。
制作に当たっては、天野こずえの完全新作描き下ろし原作漫画を元に、総監督・脚本:佐藤順一、監督:名取孝浩、アニメーション制作: J.C. STAFF(「あまんちゅ!」)が制作致します。
キャストもおなじみのメンバーに、アテナ役として佐藤利奈が新たに加わりました。
新しい、そして変わらない『ARIA』の世界を是非、劇場でご覧ください。

<『ARIA The CREPUSCOLO』 あらすじ>
ネオ・ヴェネツィアの街が、落ち葉の絨毯で彩られる秋。オレンジぷらねっとで修業の日々を送るアーニャには、気がかりなことがありました。お互いに多忙なこともあり、長い間会えていない先輩のアリスとアテナ。
そのせいで元気がないアテナに対し、アリスはなぜか会うのを避けている様子なのです。友達のアイとあずさにも協力してもらい、先輩たちが絶対に会える方法を探す中、アーニャは今の自分だからこそ見える“景色”があることに気づかされるのでした……。

【STAFF】
原作 天野こずえ「ARIA」(ブレイドコミックス/マッグガーデン刊)
総監督・脚本 佐藤順一
監督 名取孝浩
キャラクターデザイン・総作画監督 伊東葉子
音楽 : Choro Club feat. Senoo
アニメーション制作 J.C.STAFF
製作 松竹
配給 松竹ODS事業室

【CAST】
アリス・キャロル:広橋 涼
アテナ・グローリィ:佐藤利奈
アーニャ・ドストエフスカヤ:茅野愛衣
アレッタ:安野希世乃

【主題歌】
オープニングテーマ 「フェリチータ」安野希世乃
エンディングテーマ 「echoes」安野希世乃

関連リンク

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人