宮野真守 20thシングル「ZERO to INFINITY」ジャケット写真&収録全楽曲タイトル公開!

アニメ、映画、舞台、ドラマなど様々なフィールドで活躍する声優アーティスト・宮野真守が、12月9日に20thシングル「ZERO to INFINITY」をリリースする。このたび、シングルのジャケット写真、収録全楽曲タイトルが公開となった。

ジャケット写真は、表題曲「ZERO to INFINITY」のタイアップとなるYouTube配信作品『ウルトラギャラクシーファイト 大いなる陰謀』 で描かれる宇宙のイメージに合わせ、「コニカミノルタプラネタリア TOKYO」のプラネタリウムにて撮影。プラネタリウムで映し出される幻想的なシチュエーションをバックに、カメラのシャッターを一定時間開ける“長時間露光撮影”と呼ばれる方法を用い、宮野真守の持つライトの光の線が流れる星のような軌道を描くスタイリッシュな仕上がりとなっている。

また、M2楽曲には2021年1月より放送開始となるTVアニメ『Levius レビウス』のEDテーマ「Beautiful Doll」を収録。『Levius レビウス』は、繊細なタッチで、孤独な少年の繊細な心情と、人間と機械の融合バトルを描く人気作品で、宮野も“Dr.クラウン”役で出演。EDテーマとなる「Beautiful Doll」は未来を憂う恋人を優しく包み込む、救いと祈りの歌へ仕上がっている。全編のほとんどが英語の意欲作となり、古典と現代を融合させた斬新なサウンドが、愛するが故の歪さもはらんだ歌詞を一層際立たせる楽曲となっている。

M3楽曲には、宮野真守オフィシャルYouTubeチャンネルにて更新中の動画配信プログラム「Road to LIVING!」のテーマソング「HELLO!」が収録。宮野の楽曲を数多く手掛ける音楽プロデューサー「STY」が作詞・作曲・編曲を務めたものとなっており、「Road to LIVING!」動画内では2人の曲作りの様子が公開されている。動画配信を通してファンと繋がれることへの喜びや、明るい未来への希望を込めた楽曲を制作していく。

そして、12月12日には宮野真守 初となる 「MAMORU MIYANO STUDIO LIVE ~STREAMING!~」オンラインライブを全世界に向けて開催。当日は東京のレコーディングスタジオから、ライブではお馴染みのバンドメンバー4人と共に、生の歌声とメッセージをリアルタイムで発信していく。


●リリース情報
宮野真守20thシングル
YouTube配信作品『ウルトラギャラクシーファイト 大いなる陰謀』 主題歌
「ZERO to INFINITY」
12月9日発売

品番:KICM-2068
価格:¥1,300+税
※初回製造分のみ:プレイパスコード封入

<CD>
01 ZERO to INFINITY(YouTube配信作品『ウルトラギャラクシーファイト 大いなる陰謀』 主題歌)
作詞:宮野真守 作曲:Erde, Daniel Durn, Katrine”Neya”Klith 編曲:Erde
02 Beautiful Doll(TVアニメ「Levius レビウス」EDテーマ)
作詞:N.A.O./宮野真守 作曲・編曲:TSUGE
03 HELLO!(動画配信プログラム 「Road to LIVING!」 テーマソング)
作詞・作曲・編曲:STY

●ライブ情報
MAMORU MIYANO STUDIO LIVE ~STREAMING!~
12月12日 (土) 18:30 START
配信メディア:ローチケ LIVE STREAMING、ABEMA、U-NEXT、PIA LIVE STREAM、LINE LIVE-VIEWING、公式ファンクラブ「Laugh & Peace」専用チャンネル
料金 (配信メディア):3,300円(税込)
※配信メディアごとに手数料が異なります。
※12月20日(日) までアーカイブ配信がございます。

チケット販売(配信メディア):11月6日(金)12:00予定

ライブ・ビューイング
会場:全国各地の映画館
開催映画館はこちら
※開場時間は映画館によって異なります。
※大阪府では条例により16歳未満の方で保護者同伴でない場合、終映が19:00を過ぎるためご入場いただけません。予めご了承ください。

料金 (ライブ・ビューイング):3,500円(税込/全席指定)
※3歳以上有料/3歳未満で座席が必要な場合は有料となります。

ライブ・ビューイング情報サイトはこちら

●配信情報
宮野真守 動画配信プログラム
「Road to LIVING!」
宮野真守 オフィシャルYouTubeチャンネルにて
更新中

●ラジオ情報
文化放送「宮野真守のRADIO SMILE」
文化放送にて毎週土曜日24:30〜25:00放送
番組公式ホームページはこちら

関連リンク

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人