ラジオ番組「神谷浩史・小野大輔の Dear Girl~Stories~」発のエアバンド「MASOCHISTIC ONO BAND」新曲アニメタイアップ決定!TVアニメ『ぼのぼの』主題歌 2021年新春より担当!

ラジオ番組「神谷浩史・小野大輔の Dear Girl~Stories~」(DGS)発のエアバンド「MASOCHISTIC ONO BAND」(マゾヒスティック・オノ・バンド。MOB)が、フジテレビにて毎週土曜日あさ 5:22〜5:30放送のTVアニメ『ぼのぼの』の主題歌を担当することが発表された。

新主題歌は、2021年新春より放送予定。この新主題歌は、バンド名も「MASOCHISTIC ONO BAND」から「MASOCHISTIC BONO BAND」(マゾヒスティック・ボノ・バンド)に変えて全力で作品に寄り添ってお届けする。

新主題歌の詳細は、今後、番組や公式サイトなどで随時発表していく予定なので、乞うご期待!


●作品情報
TVアニメ『ぼのぼの』

毎週土曜日 5:22~ フジテレビにて放送中

配信情報
毎週土曜日放送後より 最新話を追加
FOD(フジテレビオンデマンド)にて配信中
制作 フジテレビ・エイケン

<「ぼのぼの」とは?>
「ぼのぼの」は、『まんがライフ』『まんがライフオリジナル』(共に竹書房刊)にて 1986 年から連載がスタートし、累計発行部数 900万部を超えるいがらしみきお原作の大人気コミックス。
性別年齢問わず親子孫3代に愛されており、2016年に現在も放送中のテレビアニメがフジテレビにて(毎週土曜日あさ 5:22より)スタートし、好評を博している。
へんな事や不思議な事に興味を示してしまうラッコの子供『ぼのぼの』を中心にゆるくてかわいいキャラクターたちが、生きる事の真理をゆったり感じたり、見せたりしてくれます。

<MASOCHISTIC ONO BAND(MOB)とは>
文化放送他にてオンエア中のラジオ番組「神谷浩史・小野大輔のDear Girl~Stories~」(「DGS」)から生まれた6ピース・エアバンド。メンバーは ONO-D(Vo)、HIRO-C(Vo)、3M(Gt)、DO-S(Ba)、YAGI84(Key)、CHANKO(Dr)。リーダーは ONO-D。2013年2月に日本武道館で行われたDGSの番組イベント「Dear Girl~Stories~Festival Carnival Matsuri」で鮮烈デビューを飾る。
その後、初のオリジナル楽曲「Ace of Asia」のPV撮影の為、香港を訪れた彼らの姿を記録した実写映画「Dear Girl~Stories~THE MOVIE2 ACE OF ASIA」が制作され、各地で好評を博した。そんなインディーズでの活動を経て、2014年にミニアルバム「Masochistic Over Beat」でU&R Recordsからメジャーデビューを果たす。そのミニアルバムを引っさげて、2015年に初の全国ツアー「MASOCHSTIC ONO BAND LIVE TOUR 2015 What is Rock?~ロックって何ですか?~」を開催。更には2016年、2018年にさいたまスーパーアリーナで開催されたDGS番組イベントにも出演。2019年11月、デビューから、6.9周年(6年9ヶ月)を迎えパーフェクトイヤーをスタート!
まず、2020年6月9日ロックの日に6.9周年記念 6.9曲入りミニアルバム「6.9」リリース。
続いて、予定していた横浜、神戸、福岡、札幌の4カ所8公演の全国ツアーは中止となるも、7月5日と9月13日に無観客配信ライブを開催!大盛況にてツアーファイナルを終える。

<Dear Girl~Stories~(DGS)とは>
2007年4月に文化放送にて放送を開始した、人気声優・神谷浩史と小野大輔がパーソナリティを担当するラジオ番組。「ラジオの前のたったひとりの<アナタ>のために」をコンセプトに、様々なストーリーを携帯サイト「アニメロミックス Dear Girl」と連動してお届けしています。多彩なメディアミックスを展開し、これまでに番組の劇場映画化の他、番組のコミック化、ノベル化、ゲーム化、お菓子メーカーとのコラボレーションなどを行っています。また、番組単独イベントを、パシフィコ横浜、日本武道館、幕張メッセ、さいたまスーパーアリーナなどで開催。2017 年~2018 年には劇場版ラジオ第3弾「Dear Girl~Stories~THE MOVIE3 the United Kingdom of KOCHI」を前後編の二部作で全国50館以上で公開。2018年4月に2回目となるさいたまスーパーアリーナでのイベント「DGS VS MOB LIVE SURVIVE」開催!

関連リンク

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人