MONO NO AWARE、来週公開の劇場アニメ『海辺のエトランゼ』主題歌のデジタル配信リリース決定!

MONO NO AWAREが新曲「ゾッコン」を9月9日に配信リリースすることが発表された。

同曲は来週9月11日(金)全国公開となる劇場アニメ『海辺のエトランゼ』の主題歌としてバンドが書き下ろした楽曲で、MONO NO AWAREらしい青春ロックンロール・ナンバー。

『海辺のエトランゼ』は紀伊カンナ氏のデビュー作で祥伝社「on BLUE」で連載された人気BL漫画。
沖縄の離島を舞台に、両親のいない高校生・知花実央と、小説家の卵・橋本駿の恋愛を描く作品で、待望の劇場アニメ化となり、映画予告編では音源の一部が公開されている。

また同作のジャケット写真も公開、アートワークはMONO NO AWAREのオフィシャルデザイナーMOUNT STEW が担当。アートワークの写真はギター加藤成順が撮影している。


●リリース情報
Digital Single
「ゾッコン」

9月9日配信開始

●作品情報
『海辺のエトランゼ』
9月11日(金)より全国公開
配給:松竹ODS事業室

<『海辺のエトランゼ』とは>
心が、洗われるようなボーイズラブ。
小説家の卵の橋本駿と海辺に物憂げに佇む少年、知花実央。そんなふたりの初々しくも、もどかしい関係を描き、多くの読者の心をとらえたコミック「海辺のエトランゼ」(紀伊カンナ作・祥伝社刊)が、2020年夏、ついにBLアニメレーベル「BLUE LYNX」にて劇場アニメとなる。
アニメ化にあたって、作者・紀伊カンナ本人が監修、キャラクターデザインを担当。
制作は2Dおよび3Dアニメーションを主軸とした映像制作を行っている、老舗スタジオのスタジオ雲雀。
そして監督を務めるのは、「ダンガンロンパ The Animation」の演出を担当し、『宝石の国』1巻発売記念フルアニメーションPVなどで瑞々しい演出力を見せた大橋明代。ふたりのドラマと美しい沖縄の自然を、光、色彩、音、すべてにこだわり丹念に描く。
また、駿と実央の繊細に揺れ動く心を表現する、村田太志(駿役)と松岡禎丞(実央役)の演技にも注目。

静かにくり返す波の音。満天の星空。ゆったりと流れていく時間。
訪れたものすべてを包み込む沖縄の離島で、純粋で、あたたかく、でも不器用なふたりの恋が育まれる。

<Story>
『海辺のベンチでひとり佇む少年。
そんな彼が無性に気になった』

小説家を目指す青年・駿は、海辺の少年・実央に思わず声をかけた。
――「ちょっと、君!」

それをきっかけに、実央も駿のことを意識し始めるが、彼は島を離れなくてはならなかった。
「はやく大人になりたい」
そう言い残し、実央は去っていく。

3年後、実央は駿のもとに戻ってきた。
少しだけ大人になって。はにかんだ笑顔を浮かべながら。

叶わないはずの想いが、通じあったとき、止まっていた時間が動き出す。

【CAST】
橋本駿:村田太志
知花実央:松岡禎丞
桜子:嶋村 侑

【STAFF】
原作 紀伊カンナ 「海辺のエトランゼ」(祥伝社on BLUE comics)
監督・脚本・コンテ 大橋明代
キャラクターデザイン・監修 紀伊カンナ
総作画監督 渡辺真由美
エフェクト作画監督 橋本敬史
美術監督 空閑由美子(STUDIOじゃっく)
色彩設計 柳澤久美子
撮影監督 美濃部朋子
編集 坂本雅紀(森田編集室)
音楽 窪田ミナ
音楽制作 松竹音楽出版
主題歌 「ゾッコン」MONO NO AWARE(SPACE SHOWER MUSIC)
音響監督 藤田亜紀子
音響効果 森川永子
録音調整 林淑恭
音響制作 HALF H・P STUDIO
アニメーション制作 スタジオ雲雀
配給 松竹ODS事業室
製作 海辺のエトランゼ製作委員会

(C)紀伊カンナ/祥伝社・海辺のエトランゼ製作委員会
(C)紀伊カンナ/祥伝社 on BLUE comics

関連リンク

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人