内田雄馬、1stライブツアーの模様収めたライブBlu-ray&DVDダイジェスト映像公開!

声優・アーティストの内田雄馬が7月15日にリリースする、LIVE Blu-ray&DVD「YUMA UCHIDA 1st LIVE『OVER THE HORIZON』」のダイジェスト映像が公開となった。

今年2月24日に開催した追加公演「OVER THE HORIZON〜&Over〜」の中から、ライブの幕開けを飾った「NEW WORLD」、ダンサーとの息の合ったパフォーマンスで魅せた「VIBES」やピアノの弾き語りに初挑戦した「SOS」など、印象的なシーンを凝縮したダイジェスト映像となっている。さらに本編に加え、リハーサルや公演直前の姿などを捉えた映像特典の一部も見ることができる。

本作には、昨年10月よりおこなわれた自身初の単独ライブ&ツアーの追加公演を全曲収録。また映像特典として、ツアー初日・愛知公演の模様を一部収録している他、ライブ内での企画映像のメイキング、そして約1時間もの大ボリュームでツアーを追ったドキュメントも収められており、ファン必見の1枚となっている。

また、現在予約キャンペーンを実施中。対象店舗にて6月21日までに予約すると、ライブ音源6曲を収録した「OVER THE HORIZON -Official Live Bootleg-」がゲットできる。こちらもぜひお見逃しなく!


●リリース情報
Blu-ray&DVD
YUMA UCHIDA 1st LIVE「OVER THE HORIZON」
7月15日発売

【Blu-ray】

品番:KIXM-431~2
価格:¥7,000+税
初回特典:スペシャルBOX仕様

【DVD】

品番:KIBM-847~8
価格:¥7,000+税

<DISC 1>
YUMA UCHIDA 1st LIVE TOUR「OVER THE HORIZON~&Over~」
(2020年2月24日、神奈川・パシフィコ横浜 国立大ホール)

〈OPENING〉
01. NEW WORLD
02. BE MY BABY
03. Before Dawn
04. Stardust
Movie <OVER THE CAMP -1st Half->
05. Speechless
06. Rainbow
07. VIBES
Dance <Dance over the horizon>
08. Can you keep a secret?
09. ERROR
10. Looook UP!!!
11. Kiss Hug
Movie <OVER THE CAMP -2nd Half->
12. SOS
13. 君に話したいこと
14. Horizon
15. MAJESTIC
16. JOURNEY
17. FROM HERE
〈ENCORE〉
18. Shower
19. Over
〈W ENCORE〉
20. ボクらのカタチ

<DISC 2>
YUMA UCHIDA 1st LIVE TOUR「OVER THE HORIZON」
(2019.10.6 愛知・日本特殊陶業市民会館フォレストホール)
・NEW WORLD
・BE MY BABY
・VIBES
・SOS
・Kiss Hug

BEHIND THE SCENES
・“OPENING” & “OVER THE CAMP” Making
・Tour Document

内田雄馬 6th Single
「Image」

8月26日発売

【期間限定盤(CD+DVD)】
品番:KICM-92059
価格:¥1,800+税

【通常盤(CD)】
品番:KICM-2059
価格:¥1,300+税

<CD>
M1. Image
作詞:Shogo 作曲:Shogo/早川博隆 編曲:早川博隆
M2. タイトル未定
M3. タイトル未定
+off vocal ver. 全6曲収録

<DVD>
「Image」MUSIC VIDEO+MAKING

<内田雄馬プロフィール>
「BANANA FISH」アッシュ・リンクス役、「MIX」立花走一郎役など数々の人気作で存在感を発揮、2019年3月には「第十三回声優アワード」主演男優賞を受賞した。現在も「あひるの空」花園百春役、「フルーツバスケット」草間 夾役など話題作に出演中と、今最も注目を集める声優の1人。
2018年5月には1stシングル「NEW WORLD」でアーティストデビュー。爽やかにどこまでも突き抜ける歌声とキレのあるダンスを武器とし、2019年7月にはファン待望の1stアルバム「HORIZON」をリリース、最新シングル「Over」ではオリコンウィークリーチャート9位を記録している。昨年10月からは初の単独ライブツアー「OVER THE HORIZON」を敢行、今年2月にはパシフィコ横浜にて追加公演を開催し、合計約11,000人を動員した。

関連リンク

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人