待望のコンプリートベストをリリース!See-Sawスペシャルインタビュー

2019年、14年もの間眠り続けた、石川智晶と梶浦由記のユニット「See-Saw」が動き始めた。2月にフライングドッグ10周年記念ライブ“犬フェス!”で「あんなに一緒だったのに」を披露すると、梶浦が椎名 豪と音楽を担当したアニメ『鬼滅の刃』で「Voices From The Past」などの劇伴楽曲に石川を招聘、12月にはついに17年ぶりのソロライブ “See-Saw LIVE ~Dream Field 2019~”を開催する。それから半年が経ち、第3期See-Sawと呼ぶにはあまりに儚い活動の締めくくりとしてファンの前に舞い降りたのが全37曲を網羅した、今回のコンプリートベスト『See-Saw-Scene』となる。コンプリートベストを前に語った石川と梶浦の言葉を横に、もう少しだけ、See-Sawの音楽が見せる情景にひたりたい。続きを読む

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人