マルチ音楽コンポーザー 梶浦由記 ライヴ盤発売を記念して公開座談会をYouTubeで生配信!

梶浦由記が、6月13日に「Yuki Kajiura LIVE vol.#15 “Soundtrack Special at the Amphitheater”発売記念企画 ~CD聴きながらYouTubeで公開座談会~」をフライングドッグYouTubeチャンネルで生配信することが決定した。

社会現象を巻き起こしている大ヒットアニメ『鬼滅の刃』や『ソードアート・オンライン』、北野 武監督・主演映画『アキレスと亀』、NHK歴史番組『歴史秘話ヒストリア』、NHK連続テレビ小説『花子とアン』など数々の話題作の劇伴音楽を手掛け、ヴォーカル・ユニットKalafinaも全面的にプロデュースし幅広い作曲・音楽プロデュースを行うマルチ音楽コンポーザーの梶浦由記。

6月10日発売のライヴアルバム『Yuki Kajiura LIVE vol.#15 “Soundtrack Special at the Amphitheater”』のリリースを記念して生配信されるこの番組では、梶浦由記やライヴのバンドメンバーたちが出演。自身のライヴメンバーでもある是永巧一、佐藤強一、高橋“Jr.”知治、今野 均ら「FRONT BAND MEMBERS」の面々やゲストヴォーカルのRemi、伊東えりをリモートでゲストに迎え、6月13日に開催が予定されていた「Yuki Kajiura LIVE vol.#16 ~Soundtrack Special at the Amphitheater~」の当日に、その約1年前となる2019年6月15・16日の2日間にかけて開催された数々の人気作品の劇伴音楽のみで構成されたスペシャルなライヴから、36曲を厳選して収録された本作を聴きながら、当時の模様を振り返りながら公開座談会を生配信予定。極めてレアなこの機会を是非お見逃しなく。


●配信情報
Yuki Kajiura LIVE vol.#15 “Soundtrack Special at the Amphitheater” 発売記念企画~CD聴きながらYouTubeで公開座談会~
6月13日(土) 18:00~
出演:梶浦由記 , 是永巧一(Guitar) , 佐藤強一(Drums) , 高橋“Jr.”知治(Bass) , 今野 均(Violin) , Remi(Vocal) , 伊東えり(Vocal) , 森 康哲(Producer)

視聴はこちら

●リリース情報
「Yuki Kajiura LIVE vol.#15 “Soundtrack Special at the Amphitheater”」
6月10日発売

品番:VTCL-60527~28
価格:¥3,300+税

<DISC1>
01. street corner~そこに生きる人たち (MADLAX-花子とアンより)
02. 希望の光 (花子とアンより)
03. prelude to Act1(魔法少女まどか☆マギカより)
04. Numquam vincar (魔法少女まどか☆マギカより)
05. first love (東京兄妹より)
06. sweet memories (.hack//Liminalityより)
07. blue clouds (ツバサ・クロニクルより)
08. when the fairytale ends (空の境界より)
09. Mather Land Nostalgia (花子とアンより)
10. My Story (花子とアンより)
11. 曲がり角の先 (花子とアンより)
12. にぎやかな日々 (花子とアンより)
13. 穏やかな時間 (花子とアンより)
14. コトダマ (花子とアンより)
15. 今を生きる (花子とアンより)
16. shadows and fog (プリンセス・プリンシパルより) Vocal:Remi
17. Rainbow~Main Theme~ (Rainbowより) Vocal:Remi
18. petals and butterfly (Fate/stay night [Heaven’s Feel] Ⅱ. lost butterflyより) Vocal:Remi
19. moon and shadow (ソードアート・オンラインより) Vocal:Remi
20. heigen (FICTIONⅡより) Voca::Remi
21. a farewell song (NOIRより)Vocal:Remi

<DISC2>
01. starting the case:Rail Zeppelin (ロード・エルメロイⅡ世の事件簿より)
02. a fighter-girl from east (プリンセス・プリンシパルより)
03. carnaval in blue (エル・カザドより)
04. We’re Gonna Groove (MADLAXより)
05. hit it and run! (エル・カザドより)
06. el cazador (エル・カザドより) Vocal:Eri
07. voices silently sing (ツバサ・クロニクルより) Vocal:Eri
08. moonflower (コゼットの肖像より) Vocal:Eri
09. hepatica (XenosagaⅢより) Vocal:Eri
10. I talk to the rain (ツバサ・クロニクルより) Vocal:Eri
11. Credens justitiam (魔法少女まどか☆マギカより) Vocal:Eri
12. Crush (PandoraHeartsより)
13. aerial fight (ソードアート・オンラインより)
14. red rose (FICTIONより) Vocal:Eri
15. ring your song (ツバサ・クロニクルより) Vocal:Eri

iTunes Store、レコチョク、moraなど主要ダウンロードサイトおよび、音楽ストリーミングサービスANiUTaにて6月10日(水)配信スタート:

Apple Music、LINE MUSIC、Amazon Music Unlimited、AWA、KKBOX、Rakuten Music、RecMusic、Spotify、YouTube Music、mora qualitasは7月10日(金)配信スタート:

<梶浦由記 (Yuki Kajiura) Profile>
作詞・作曲・編曲を手掛けるマルチ音楽コンポーザー。
1993年、See-Sawのコンポーザー兼キーボディストとしてデビュー。
現在はアニメを中心とした劇伴音楽を手掛け、『鬼滅の刃』、『ソードアート・オンライン』、『魔法少女まどか☆マギカ』等、数々の話題作を担当。
アニメ作品以外にも、北野 武監督・主演映画『アキレスと亀』やNHK歴史番組『歴史秘話ヒストリア』、NHK連続テレビ小説『花子とアン』の音楽を担当するなど、ジャンルを問わず幅広い作曲・音楽プロデュースを手掛ける。
また、ヴォーカル・ユニットKalafinaを全面的にプロデュース。
リリースした5作のオリジナルアルバムと2枚のベストアルバム全てをTop 10入りさせるなど、世界中にその名を轟かす。2004年より個人プロジェクトFictionJunctionの活動を開始。
「Yuki Kajiura LIVE」と称したライヴも精力的に行い、現在vol.#15まで開催。
ヨーロッパと東洋のエッセンスが融合した独自の世界観を持つサウンドで、日本のみにとどまらず、ワールドワイドに熱い支持を集めている。

<FictionJunction Profile>
FictionJunctionは、マルチ音楽コンポーザー梶浦由記のソロプロジェクトである。
Fiction(創作する)とJunction(交差・接合する)を組み合わせたこのプロジェクトは、梶浦由記が全ての曲とアレンジを手掛け(Fiction)それらと楽曲毎にヴォーカリスト(ソリスト)などと交差・接合(Junction)することによって、新たなパフォーマンスを世に送り出すプロジェクトとして2003年、YUUKAヴォーカルによる「暁の車」でスタートさせ、今までにトータル11枚のシングルと4枚のアルバムをリリースしている。また2008年よりFictionJunctionの楽曲と劇伴音楽をミクスチャーした独自のライヴ「Yuki Kajiura LIVE」を開催し、日本のみならず香港、中国、台湾など海外での単独ライヴを成功させる等、その人気、サウンドクオリティは国内だけでなく、世界中で幅広い年齢層から支持されている。

関連リンク

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人