『キャロル&チューズデイ』新型コロナウイルスで活動が制限されているファンに向けて世界中の参加アーティストからのメッセージが到着!

現在、全世界で感染が拡大する新型コロナウイルス。様々な場面で活動が制限される中、『キャロル&チューズデイ』に参加したアーティストたちからメッセージが到着した。

今回参加したのは、Nai Br.XX(キャロル)、Celeina Ann(チューズデイ)、Alisa(アンジェラ)、Joss Price(ピョートル)、Mocky(サウンドトラック作曲家)、Madison McFerrin(GGK)、Marker Starling(デズモンド)、Lauren Dyson(クリスタル)。
アーティスト自身も自宅待機を余儀なくされている中、日本、アメリカ、オーストラリア、カナダ、ウェールズなど世界中から、ポジティブかつ勇気を与えるメッセージを寄せている。さらに、彼らのメッセージに続けて、最終話での楽曲で今回メッセージを寄せたアーティストたちも参加した「Mother」の本編映像も期間限定で公開された。

世界が苦境に立たされているこんな時にこそ、音楽の持つ力を信じて困難に打ち勝って行きたいと願う。

キャロル&チューズデイ YouTubeチャンネルはこちら


●作品情報
『キャロル&チューズデイ 』

【スタッフ】
原作:BONES・渡辺信一郎
総監督:渡辺信一郎
監督:堀 元宣
キャラクター原案:窪之内英策
キャラクターデザイン:斎藤恒徳
メインアニメーター:伊藤嘉之、紺野直幸
世界観デザイン:ロマン・トマ、ブリュネ・スタニスラス
美術監督:河野羚
色彩設計:垣田由紀子
撮影監督:池上真崇
3DCGディレクター:三宅拓馬
編集:坂本久美子
音楽:Mocky
音響効果:倉橋静男
MIXエンジニア:薮原正史
音楽制作:フライングドッグ
アニメーション制作:ボンズ

【キャスト】
キャロル:島袋美由利
チューズデイ:市ノ瀬加那
ガス:大塚明夫
ロディ:入野自由
アンジェラ:上坂すみれ
タオ:神谷浩史
アーティガン:宮野真守
ダリア:堀内賢雄
ヴァレリー:宮寺智子
スペンサー:櫻井孝宏
クリスタル:坂本真綾
スキップ:安元洋貴

<キャロル&チューズデイとは?>
ボンズ20周年×フライングドッグ10周年記念作品。
総監督に『サムライチャンプルー』『カウボーイビバップ』『アニマトリクス』『ブレードランナー ブラックアウト2022』ほかを手掛け国内外においてカリスマ的な人気を誇る、渡辺信一郎。
キャラクター原案に、日清食品カップヌードルCM「HUNGRY DAYS 魔女の宅急便篇」、「HUNGRY DAYSアルプスの少女ハイジ篇」などのキャラクターデザインで人気を博している窪之内英策。
この強力タッグのもと、アニメーション制作は『COWBOY BEBOP 天国の扉』・『鋼の錬金術師』・『交響詩篇エウレカセブン』・『僕のヒーローアカデミア』など数多くのヒット作品を世に送り続けるボンズ、物語の主軸となる音楽は『カウボーイビバップ』・『マクロス』シリーズなど数々のヒットアニメーション音楽を作り出すフライングドッグが担当する。
劇中音楽はカナダ出身のアーティストMockyが手掛け、主題歌は全世界オーディションによって選出されたNai Br.XX(ナイ・ブリックス)、Celeina Ann(セレイナ・アン)がキャロル・チューズデイのWキャストとして曲を歌唱する。音楽にも強い拘りがある本作は海外アーティストからの楽曲提供が多く、さらに劇中歌及び主題歌は全て外国語で歌唱される。
1クール目のオープニングテーマ「Kiss Me」は現在、男女問わず絶大な人気を誇るNulbarich。1クール目のエンディングテーマ「Hold Me Now」はオランダを代表するポップの才人・Benny Singsが担当。また、劇中ボーカル曲参加コンポーザーとして、Lido、 Benny Sings、Evan “Kidd” Bogart 、KeaneのTim Rice-Oxley、Flying Lotus、Thundercat、☆Taku Takahashi(m-flo)、等超豪華な面々が音楽で本編を彩り、あまりにも豪華すぎるミュージシャンたちの参加により“前代未聞の作品の誕生”と業界内外で話題となった。

<あらすじ>
人類が新たなフロンティア、火星に移り住んでから50年になろうという時代。
多くのカルチャーはAI によって作られ、人はそれを享楽する側となった時代。
ひとりの女の子がいた。
首都、アルバシティでタフに生き抜く彼女は、働きながらミュージシャンを目指してい
た。いつも、何かが足りないと感じていた。
彼女の名はキャロル。
ひとりの女の子がいた。
地方都市、ハーシェルシティの裕福な家に生まれ、ミュージシャンになりたいと思ってい
たが、誰にも理解されずにいた。世界でいちばん孤独だと思っていた。
彼女の名はチューズデイ。
ふたりは、偶然出会った。
歌わずにいられなかった。
音を出さずにいられなかった。
ふたりなら、それができる気がした。
ふたりは、こんな時代にほんのささやかな波風を立てるだろう。
そしてそれは、いつしか大きな波へと変わっていく───

©ボンズ・渡辺信一郎/キャロル&チューズデイ製作委員会

関連リンク

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人