声優・内田彩、異例の無観客配信ライブの公式レポート到着!

声優・アーティストの内田彩が、 3月15日(日)に埼玉・大宮ソニックシティ 大ホールより、 新企画ライブ『AYA UCHIDA「Reverb」リリース記念無観客配信ライブ~decorate your live!~』を行なった。

新型コロナウイルス 感染拡大防止に伴い、3月14日(土)、15日(日)に予定されていた『AYA UCHIDA 5th ANNIVERSARY LIVE~live is ephemeral!~』は8月に延期。しかし、楽しみにしていたファンを笑顔にしたいという思いから、14日(土)には彼女のYouTubeチャンネルで 日本武道館ライブの無料上映が、15日(日)にはソロの声優・アーティストとしては異例の無観客ライブが企画され、「#内田彩武道館ライブ上映」「#内田彩無観客ライブ生配信」と二夜連続でTwitterの世界トレンドを賑わせた。

LINELIVE で配信されたライブは、発売したばかりの最新シングル「Reverb」と、5周年を迎えて放った最新アルバム『Ephemera』による新コンセプトに変更し、単独ライブとしては全14曲のうち11曲が初披露。定刻になり鐘が鳴り響くと、本来であればファンで埋め尽くされていた大宮ソニックシティの会場後方から内田が登場する。ステージ上のバンドメンバー、黒須克彦 (B)、村田一弘 (Dr)、櫻田泰啓 (Key)、鈴木ぷよ (G)が照らし出されると「Reverb」でライブをスタートさせた。

無歓声のなか「皆さんこんばんは、『AYA UCHIDA「Reverb」リリース記念無観客配信ライブ~decorate your live!~』にようこそ」と挨拶すると「(延期は)残念だったんですけれども、新しい試みとしてこの配信ライブを企画させていただきました。もちろん私も無観客での配信ライブは初めてです。私のライブを見てくださっている皆さんも、初めてのことだと思います。」と述べ、この日を新しい思い出にしてもらいたいと心境を明かすと、その後は「Ephemera」収録楽曲を歌い上げていった。

途中、無観客ライブならではの映像がインサートされたり、通常のライブ映像では見られないカメラワークでファンを驚かせると、「みんなにこの曲を届けたくて、みんなに笑顔になってほしい」と、彼女の1stシングルより「SUMILE SMILE」を披露。ちょうど前夜に上映した日本武道館ライブで発表した同曲を披露するや否や、一変して笑顔を咲かせたステージに「SUMILE SMILE」もTwitterトレンド入り。歓喜のサプライズのあとは、最後に「声」を感情たっぷりに届けてライブを締めくくった。

終演後オフィシャルインタビューに応じた内田は、「みんながイメージしてくれている“内田彩のライブ”をデコレーション、飾り付けて記憶に上書きしてもらえたらいいな、という想いを込めて『~decorate your live!~』というタイトルをつけさせていただきました。」と改めて趣旨を振り返り、「アニメ『インフィニット・デンドログラム』のEDテーマでもある『Reverb』という曲が、まさにいまの状況に当てはまっているんです。この曲では、ゲームの世界のヒロインと現実世界の主人公の物語が描かれているのですが、今回の配信ライブはまさにそのシチュエーションになっているなと感じながら歌いました。」とコメントした。

日本武道館ライブ映像、および無観客配信ライブともに、3月いっぱいまでアーカイブ映像が公開されているので、この機会に是非チェックしてほしい。


●配信情報
Live Streaming
日本武道館ライブ映像、および無観客配信ライブが3月31日(火)まで期間限定公開中!

<LINELIVE>
AYA UCHIDA「Reverb」リリース記念無観客配信ライブ~decorate your live!~
視聴はこちら
※PCからのご視聴はできませんのでご注意ください。
※ご視聴にはLIVEコインが「600コイン」必要となります。
※アーカイブ視聴期間はご購入日から7日間となります。

Apple Music、 Spotifyでセットリスト公開中!
Apple Music 
Spotify 

●リリース情報
内田彩 4thシングル
「Reverb」
発売中

【初回限定盤(CD+DVD)】

品番:COZC-1631-2
価格:¥1,900+税

【通常盤(CD)】

品番:COCC-17745
価格:¥1,300+税

<CD>
01. Reverb
作詞:大西洋平 / 作曲・編曲:黒須克彦
02. 声
作詞・作曲・編曲:hisakuni
03. Reverb (Instrumental)
04. 声 (Instrumental)

<DVD>
「Reverb」ミュージックビデオ+メイキング収録

作品情報
TVアニメ『<Infinite Dendrogram>-インフィニット・デンドログラム-』
AT-X:毎週木曜日23:00〜
TOKYO MX:毎週木曜日23:30〜
BS11:毎週木曜日23:30〜
サンテレビ:毎週木曜日24:30〜

配信情報
dアニメストア:毎週木曜日23:30~

<INTRODUCTION>
2043年7月15日、各々のプレイヤーによって千差万別、否、“無限”のパターンの進化を辿る独自のシステム<エンブリオ>を有するダイブ型VRMMO<Infinite Dendrogram>が発売された。
それまでのVRMMOが実現できず、技術的に不可能とされてきた要素を備えていた<Infinite Dendrogram>は瞬く間に一大ムーブメントとなって世界を席巻した。
大学受験を終えて東京で1人暮らしを始めた青年・椋鳥玲二は、長い受験勉強の終了を記念して、かねてより兄に誘われていた<Infinite Dendrogram>を始めるのだった──。

【STAFF】
原作:海道左近(HJ文庫/ホビージャパン)
キャラクター原案:タイキ
監督:小林智樹
シリーズ構成・脚本:百瀬祐一郎
キャラクターデザイン:中田正彦[WHITE FOX]
背景:プロダクション・アイ
音楽:平松建治
音響監督:小泉紀介
アニメーション制作:NAZ
オープニング・テーマ:悠木碧「Unbreakable」
エンディング・テーマ:内田彩「Reverb」

【CAST】
レイ・スターリング:斉藤壮馬
ネメシス:大野柚布子
シュウ・スターリング:日野 聡
ルーク・ホームズ:小市眞琴
バビロン:高田憂希
ユーゴー・レセップス:村瀬 歩
キューコ:小倉 唯
マリー・アドラー:日笠陽子
リリアーナ・グランドリア:悠木 碧
ミリアーヌ・グランドリア:春瀬なつみ
チェシャ:井澤詩織
フィガロ:鈴村健一
迅羽:東山奈央
エリザベート・S・アルター:内田彩
ほか

(C)海道左近・ホビージャパン/インフィニット・デンドログラム製作委員会

関連リンク

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人