アプリゲーム「CUE!」1stシングル発売記念インタビュー第4弾!【Moon】篇、4人が苦戦したのは意外なあの1曲?

10月25日に配信が始まった次世代声優育成ゲーム「CUE!(キュー)」。本作に登場する16人の声優の卵たちの声を担当するのは、こちらもフレッシュな新人声優たちだ。そのキャスト陣によるAiRBLUE(エールブルー)もユニット活動を展開しており、11月27日には1stシングル「Forever Friends」をリリースした。これを記念してリスアニ!WEBでは、AiRBLUE内の4チームにそれぞれインタビューを実施。ラストは丸山利恵役の立花日菜、宇津木聡里役の小峯愛未、明神凛音役の佐藤舞、遠見鳴役の土屋李央によるMoonに飾っていただく。

――それぞれ演じているキャラクターを紹介してください。


立花日菜
 丸山利恵ちゃんはすごく真面目でいつも一生懸命。ただそれが行き過ぎてたまにポンコツになるところが好きです。


小峯愛未
 16人で唯一のメガネキャラの宇津木聡里ちゃんは、「どうしてそんなに長いの?」って言いたくなるくらい長いアホ毛もチャームポイントです。一見きつそうに見えますが、喋り方は優しくして、きつくなりすぎないように演じるうえで意識しています。


佐藤 舞
 明神凛音ちゃんはお姉さんキャラな見た目に反して、実はアホ(笑)。ただすごく愛に溢れた子で、Moonのメンバーに対しても愛あるゆえにすごく絡みにいくんですけど、ぞんざいに扱われるという。それでもめげずにポジティブに行動するところが好きですね。


土屋李央
 遠見 鳴ちゃんは、可憐な見た目に似合わず引きこもりゲーマーです。利恵ちゃんとはずっと友達だから何をするにもいつも一緒で、声優も利恵ちゃんがやるからと目指し始めたんですけど、意外と自分の信念もしっかりと持っています。

――Moonは利恵や鳴の私服が目立ちますね。演じているおふたりはこういった服は好きですか?

土屋 ロリータはめちゃくちゃ好きで、雑誌を毎月買っていたくらいです。1着買いましたけど、自分では絶対に着ないので観賞用です。

立花 利恵ちゃんが着ているようなゴシックな服もかわいいとは思うけど、立花が着てもかわいくないので……。

小峯佐藤土屋 かわいいよ!

立花 (笑)。でも私も見るのは好きです。

――では「CUE!」初シングルの表題曲「Forever Friends」の印象を教えてください。

小峯 すごく「CUE!」のオープニングにぴったりですよね。歌詞も曲も「爽やか・オブ・爽やか」。しかもゲームの物語と同じくFlowerから歌い始めるのもいいですよね。

佐藤 私も第一印象は爽やかだったんですけど、オープニングだけでなくエンディングにも合っていると思いました。というのも曲全体から「これから始まる」という感じがするので。

土屋 友達をテーマにした歌詞ですが、特に2番の歌詞は黙読してほしいくらい好きです。私は鳴ちゃんとして歌っているので、彼女の視点で聴いているといつも2番で泣きそうになります。

――それは利恵との関係に関連することでしょうか?

土屋 それもあるし、鳴ちゃんの過去的にも泣けるんですよ。ぜひゲームをプレイしたうえで改めて聴いてほしいです。

立花 私は歌を覚えることに必死過ぎて、収録するまでは内容があまり入ってこなくって。収録も歌詞を言葉として発した感じだったんですけど、改めて考えると爽やかな曲だけどサビの“一人じゃ生きてゆけない僕らは”とか、意外と重い言葉があるんですよね。だから今ではゲーム内のシーンの重さがちゃんと乗っている曲だと感じます。

――ほかの方は収録を振り返ってみていかがでしたか?

土屋 私達Moonは音程が低めの曲が得意なグループなんです。でも「Forever Friends」は爽やかなので、私は気持ちをガッと入れないと歌いづらかったですね。

小峯 私も「もう少し明るく歌えますか?」「もう少しかわいく歌えますか?」とディレクションを受けました。

土屋 私達はどうしても悲しみの方にいきがちだからね。

小峯 シングルにはチーム別の「Forever Friends」が収録されますけど、Moonのだけ違う曲に聞こえると思います(笑)。

――振り付けについてはいかがでしょう?

小峯 小指で約束をしたり、体のすべてを使ってみんなにアピールしている感じですよね。特に好きなのは“一人じゃ生きてゆけない僕らは”のところ。それまではひとりで踊ってるのに、そこの振りは隣のメンバーと手を合わせて踊るのでひとりじゃないんですよ。

――佐藤さんがすごく頷きながら聞かれていますね。

佐藤 言われてみて初めて気付きましたが、鳥肌が立ちました。振付師の方は天才ですね。

小峯 今までもずっと踊ってきてるじゃん(笑)。

佐藤 これから踊るときに泣いちゃうかも。

――MVでもその振り付けはたくさん見られますね。収録時の印象的だったことは?

小峯 16人全員のところ以外は、各チームからひとりずつ選ばれたメンバーでグループになって撮影しました。

土屋 だからMoon以外のチームの子とその日でグッと親しくなれたかな。16人で1日中一緒に行動することってなかなかないので、みんなの普段見えないところが発見できたし、青春を感じました。

小峯 合宿みたいだったよね。

立花 私は、やかんちゃん(鷹村彩花)と由香里ちゃん(安齋由香里)、ゆりにゃ(内山悠里菜)という各チームのリーダーが集まったグループで最初に収録していました。私はただでさえMVを撮るのが初めてなので緊張していたのに、2組に分かれて撮るときとか由香里ちゃんとゆりにゃの表情にすごいと思わされました。歌っているときも踊ってるときも、素に近いけどどこかしらキャラクターを感じられて……「さすがプロだな」って。

――立花さんは利恵らしさをどう出していますか?

立花 かっこつけていればいいのかなと思ってます(笑)。

土屋 つねにドヤ顔だよね。

立花 ドヤ顔だけど、あまりかっこつかないほうが利恵っぽい。だから少しスカした表情でいるよう意識しています。

――カップリングとして収録される「さよならレディーメイド」は歌ってみていかがでしたか?

小峯 曲調はシリアスだけど、前向きな曲です。サビの最後の「そう ここから始めるの」という部分が印象的なんですけど、もがいてあがき苦しんでいるところから「私達の声優人生をスタートさせてくれよ!」という感じで、とても力強い。レコーディングでも「もっと始まらせてくださーい」とディレクションを受けて何テイクか録らせていただきました。

佐藤 「Forever Friends」と真逆でエモさが全面的に出ている曲なので、私達は得意分野としているところですね(笑)。

――「Forever Friends」と違って、こちらの曲はチーム別のバージョンはないんですよね。

小峯 (スタッフの方を見ながら)Moonだけの「さよならレディーメイド」、欲しいなー。

――いつか披露されることに期待するとして(笑)。次に2020年2月に発売されるチーム別のCDに収録されるチームテーマ曲と「CUE!」内のアニメについて、どんな曲か紹介ください。

立花 「MiRAGE! MiRAGE!!」は「CUE!」内アニメ「黒白(こくはく)のグィネヴィア」の主題歌で、今まで歌った中でいちばん好きな曲です。頭振りたくなる感じでライブでも盛り上がるし、ピアノもすごく気持ちいいんですよ。歌詞も言葉のチョイスが少し面白いんです。“走り出せばやがて併走”とか最初に聴いたときは「どういうこと?」ってなりました(笑)。

小峯 私は“君は私”が好き。パワーワードが多いよね。アニメの世界に沿ってこんな歌詞を書ける作詞家さんは本当にすごいと思いました。

――チームテーマ曲の「ヒカリニ染マル未来」は?

土屋 「ヒカリニ染マル未来」は曲がめちゃくちゃかっこいい。もう闇に染まってるくらいの雰囲気なのに、歌詞は優しいというギャップが面白い。最初から“わかってるよ君も怖いよ”って超寄り添ってくれるんですよ。

立花小峯佐藤 たしかに(笑)。

小峯 目線を合わせてくれてるよね。

土屋 振り付けも好きで、エモエモのエモなのが順番でソロを歌っていくラスサビの最後。それまで曲中に絡みがなかった鳴と利恵が最後に向き合って“きっとボクらならば”と歌うんですよ。エモ!

――すごくお気に入りなのが伝わりました。最後にゲームについて伺います。作中の5アニメに登場する20キャラクター分の声を全員が収録するのは大変だったのでは?

立花 本当に大変でした!

小峯 みんなで収録ではなく、ブースにひとりで20人分録っていく孤独との戦いで、新人のうちにこういう経験をさせていただいてすごく勉強になりました。ゲームでは作中ショートアニメのキャラクターの声優を選べますが、全キャラクターを誰かひとりの声にすることもできるんですよ。そうすると初期に収録したものから上手くなっていくのがわかるという……。

土屋 ぜひやめていただきたい!

佐藤 本当に、キャラクターだけでなく私達も育成されたよね。

土屋 これから「CUE!」内のアニメも増えて、いろんなキャラクターが増えていくと思うのでぜひ聴いてほしいです。

小峯 アニメのクオリティが半端ないので、作るスタッフさんも大変だろうけどね(笑)

Interview & Text By はるのおと


●リリース情報
CUE! 01 Single
「Forever Friends」AiRBLUE
11月27日発売

【初回限定盤(CD+DVD)】

品番:PCCG-01840
価格:¥1,800+税

【通常盤(CD only)】

品番:PCCG-01845
価格:¥1,273+税

<CD>
1.Forever Friends
作詞/作曲:shilo 編曲:伊藤 賢
2.さよならレディーメイド
作詞/作曲/編曲:奈須野新平(Rebrast)
3.Forever Friends(Flower ver.)
4.Forever Friends(Bird ver.)
5.Forever Friends(Wind ver.)
6.Forever Friends(Moon ver.)
7.Forever Friends(Instrumental)
8.さよならレディーメイド(Instrumental)

CUE! チームシングル
CUE! Team Single 01
「Knocking On My Dream」/AiRBLUE Flower
1月22日発売
品番:PCCG.01859
価格:¥1636+税

CUE! Team Single 02
「にこにこワクワク 最高潮!」/AiRBLUE Bird
1月22日発売
品番:PCCG.01860
価格:¥1636+税

CUE! Team Single 03
「Good meal, Good life」/AiRBLUE Wind
2月12日発売
品番:PCCG.01861
価格:¥1636+税

CUE! Team Single 04
「MiRAGE! MiRAGE!!」/AiRBLUE Moon
2月12日発売
品番:PCCG.01862
価格:¥1636+税
※収録楽曲は後日公開いたします。

●イベント情報
CUE! 1st Party「Hello, beautiful tomorrow!」
4月12日(日)
[1部]13:30 開場/14:30 開演
[2部]17:30 開場/18:30 開演
会場:Zepp Tokyo
料金:¥7,700(税込/全席指定)※1ドリンク代が別途かかります。

出演:AiRBLUE

(内山悠里菜(六石陽菜 役)、稗田寧々(鷹取舞花 役)、守屋亨香(鹿野志穂 役)、緒方佑奈(月居ほのか 役)、鷹村彩花(天童悠希 役)、宮原颯希(赤川千紗 役)、飯塚麻結(恵庭あいり 役)、村上まなつ(九条柚葉 役)、安齋由香里(夜峰美晴 役)、松田彩希(神室絢 役)、山口愛(宮路まほろ 役)、鶴野有紗(日名倉莉子 役)、立花日菜(丸山利恵 役)、小峯愛未(宇津木聡里 役)、佐藤舞(明神凛音 役)、土屋李央(遠見鳴 役))

チケット先行申し込みについて
11月27日(水)発売 AiRBLUE 1st single「Forever Friends」に本公演の優先販売申込券が封入されます。
※CDには「イベント優先販売申込券」と「ゲーム内アイテム(LPゼリー EX、金の貯金箱)プレゼントコード」の2種類が封入されます。

枚数制限:1シリアルナンバーにつき 各公演1枚まで

【先行申込受付期間】
申込受付期間  2019/11/27(水) ~ 2020/01/14(火) 23:59
抽選結果発表  2020/01/17(金) 19:00以降
支払手続期間  2020/01/17(金) 19:00 ~ 2020/01/21(火) 23:59
※受付は先着順ではございません。お申込み多数の場合は抽選となります。

『CUE!』キャラクター:キャスト名
【Flower】
六石陽菜(むついし はるな) :内山悠里菜
鷹取舞花(たかとり まいか) :稗田寧々
鹿野志穂(かの しほ)   :守屋亨香
月居ほのか(つきい ほのか) :緒方佑奈

【Bird】
天童悠希(てんどう ゆうき) :鷹村彩花
赤川千紗(あかがわ ちさ) :宮原颯希
恵庭あいり(えにわ あいり) :飯塚麻結
九条柚葉(くじょう ゆずは) :村上まなつ

【Wind】
夜峰美晴(よみね みはる) :安齋由香里
神室絢(かむろ あや)   :松田彩希
宮路まほろ(みやじ まほろ) :山口愛
日名倉莉子(ひなくら りこ) :鶴野有紗

【Moon】
丸山利恵(まるやま りえ) :立花日菜
宇津木聡里(うつぎ さとり) :小峯愛未
明神凛音(みょうじん りんね):佐藤舞
遠見鳴(とおみ めい)    :土屋李央

●作品情報
「CUE!(キュー)」

ジャンル:次世代声優育成ゲーム
開発・運営:株式会社リベル・エンタテインメント
音楽・ライブ制作:株式会社ポニーキャニオン
キャラクターデザイン:シソ(Twitter : @si_soo)
デザイン:株式会社日本デザインセンター、株式会社KOMEWORKS
価格:基本プレイ無料 (一部アイテム課金制)
対応OS:iOS/Android (機種によりご利用頂けない場合があります)

©Liber Entertainment Inc. All Rights Reserved.

関連リンク

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人