fripSideの真骨頂!10月30日発売のニューアルバム『infinite synthesis 5』ジャケット完成!あわせてリード曲「when chance strikes」MV公開!

2019.10.08

10月30日発売となるfripSideのニューアルバム『infinite synthesis 5』のジャケットが完成し、収録楽曲リストも公開された。

2009年11月にリリースされた「only my railgun」で南條愛乃がfripSideに参加してから
今年で10年。本作では八木沼悟志のソングライティングを含めたプロデュースワークと南條愛乃のfripSideにおけるボーカル表現に1点の迷いもなく、10年の時を経てそれぞれが気負うことなくfripSideというユニットのあるべき姿を表現した”真骨頂“ともいうべき作品が完成したという。

また、アルバムリリースに先駆け、ライブを意識したというリード曲「when chance strikes」のMVが公開となったので、ぜひチェックしてもらいたい。

11月4日からは10カ所10公演のコンサートツアーもスタート。そして先日2020年4月に横浜アリーナでのツアーファイナルを発表したfripSideの10周年イヤーから目が離せない。


●リリース情報
fripSide 6th Album
『inifinite synthesis 5』
10月30日発売

【初回限定盤(CD+Blu-ray)】
品番:GNCA-1558
価格:¥5,300+税

【初回限定盤(CD+DVD)】
品番:GNCA-1559
価格:¥5,000+税

【通常盤(CD)】
品番:GNCA-1560
価格:¥3,000+税

<CD>
01.when chance strikes
02. Love with You(TVアニメ『寄宿学校のジュリエット』オープニングテーマ)
03.perpetual wishes(中国ゲーム「ラグナロクオンライン」新エピソードEP3.5「櫻之花嫁」テーマソング)
04. rain of blossoms
05. lighting of my heart(中国ゲーム《封印者M》主題歌)
06. as before
07. light at the end
08. frosty breeze
09. change your core self
10. brand new world
11. endless entropy
12. glorious wind
13. believe in your future

<Blu-ray>
・when chance strikes MV
・when chance strikes MV making
・SPOT
・Live映像 fripSide Concert Tour 2018-2019 -infinite synthesis 4-
(2019/03/08(金)パシフィコ横浜国立大ホール)

<DVD>
・when chance strikes MV
・Live映像 fripSide Concert Tour 2018-2019 -infinite synthesis 4-
(2019/03/08(金)パシフィコ横浜国立大ホール)

●ライブ情報
fripSide Phase 2 : 10th Anniversary Tour 2019-2020 -infinite synthesis 5-
前売料金:8,000円(税込)*全席指定

11月4日(月/祝)【兵庫】神戸国際会館 17:00/18:00
11月17日(日)【香川】サンポートホール高松 17:00/18:00
12月21日(土)【福岡】北九州ソレイユホール 17:00/18:00
1月11日(土)【新潟】新潟県民会館 17:00/18:00
1月13日(月/祝)【石川】金沢歌劇座 17:00/18:00
1月24日(金)【愛知】名古屋市公会堂 17:30/18:30
2月2日(日)【北海道】札幌市教育文化会館 17:00/18:00
2月23日(日)【宮城】仙台サンプラザホール 17:00/18:00
3月1日(日)【大阪】オリックス劇場 17:00/18:00
3月14日(土)【広島】広島文化学園HBGホール 17:00/18:00

チケット一般販売中

fripSide Phase 2 : 10th Anniversary Tour 2019-2020 -infinite synthesis 5- FINAL in YOKOHAMA ARENA
2020年4月5日(日)
会場:横浜アリーナ
時間:開場15:30/開演17:00
※freakSideチケット先行予約受付
お申込み期間:10/11(金)12:00〜10/20(日)23:59
詳細はこちら

関連リンク

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人