『劇場版 Fate/Grand Order -神聖円卓領域キャメロット-』第1弾特報映像&キービジュアルを公開!

全世界累計4200万ダウンロードを突破したスマートフォン向けRPG『Fate/Grand Order』初の劇場版アニメーションとなる『劇場版 Fate/Grand Order -神聖円卓領域キャメロット-』。

2020年に公開となる前編「Wandering;Agateram」の第1弾特報映像・第1弾キービジュアルが解禁された。円卓の騎士・ベディヴィエールと共に旅をするカルデアから来た人類最後のマスター・藤丸をはじめ、マシュ、ダ・ヴィンチの姿が描かれている。

合わせて、前編「Wandering;Agateram」のメインスタッフ情報も解禁された。

新たに 脚本を小太刀右京、キャラクターデザインを細居美恵子ほか黄瀬和哉、温泉中也。ほか実力派スタッフが制作を手掛ける。

さらに、10月11日(金)より全国の上映館にて第1弾キービジュアルを使用した第1弾特典付き全国共通前売券の発売が決定した。特典は、第1弾キービジュアルがデザインされたA4クリアファイル。詳細は公式サイトにて。


●作品情報
『劇場版 Fate/Grand Order -神聖円卓領域キャメロット-
前編 Wandering; Agateram/後編 Paladin; Agateram』

前編 Wandering; Agateram  2020年公開

<INTRODUCTION>
2004年にTYPE-MOONが発売したPCゲーム「Fate/stay night」を発端に、壮大なスケールの世界観と重厚な物語が呼ぶ感動がファンを増やし続けてきた「Fate」シリーズ。
そこから2015年に生まれたゲーム「Fate/Grand Order」も、今や全世界で4200万ダウンロードを突破。現在進行形でさらなる世界の広がりを見せている。
そんなゲームの中で、全体構成を担当する奈須きのこが自らシナリオを担当し、プレイユーザーの中でも人気のエピソード・第六特異点が「Fate/Grand Order」初の劇場アニメーション化。物語の核心に迫るエピソードが、美しく、悲壮に描かれることになる。
気鋭とベテランの調和したスタッフ陣として、監督は前編を末澤慧、後編を荒井和人が務め、キャラクターデザインに細居美恵子、黄瀬和哉、温泉中也らが名を連ねる。前後編の重厚さをもつアニメーションは、SIGNAL.MDとProduction I.Gが制作。
ここに物語は新たに描かれ、再び心を交わす。

前編 Wandering; Agateram

【STAFF】
原作:奈須きのこ/TYPE-MOON
リードキャラクターデザイナー:武内崇
監督:末澤慧
脚本:小太刀右京
キャラクターデザイン:細居美恵子・黄瀬和哉・温泉中也
サブキャラクターデザイン:乘田拓茂・山本彩
総作画監督:黄瀬和哉
プロップデザイン:吉田大洋・原由知
美術設計:小木斉之・イノセユキエ
コンセプトアートデザイン:coralie nagel・竹内敦志
美術監督:甲斐政俊
色彩設計:関本美津子
撮影監督:田中宏侍
3DCG:Studio Bros Inc.
3Dディレクター:鈴木寛
編集:濱宇津妙子
音楽:芳賀敬太・深澤秀行
音響監督:明田川仁
制作:Production I.G
アニメーション制作:SIGNAL.MD
配給:アニプレックス

【CAST】
ベディヴィエール:宮野真守
藤丸立香:島崎信長
マシュ・キリエライト:高橋李依

第1弾特典付き全国共通前売券 10月11日(金)より全国の上映劇場にて発売開始。
価格:1,500円(税込)
特典:第1弾キービジュアルA4クリアファイル
※特典は数に限りがございます。無くなり次第、前売券のみの販売となります。
※販売劇場など詳細は公式サイトをご確認ください。

(C)TYPE-MOON / FGO6 ANIME PROJECT

関連リンク

この記事を書いた人