「ラブライブ!サンシャイン!!」国木田花丸役・『Aqours』で活躍中!人気声優 高槻かなこ待望のファンクラブ開設を発表!さらに 初のソロライブ開催も決定!!

大人気TVアニメ『ラブライブ!サンシャイン!!』の国木田花丸役で知られ、同作品から生まれたスクールアイドルグループ「Aqours」のメンバーとして昨年末の「NHK第69回紅白歌合戦」にも出演を果たした人気声優の高槻かなこが、オフィシャルファンクラブ「たかつき王国(TAKATSUKINGDOM)」の開設と11月22日(金)に東京・マイナビBLITZ赤坂にて初のソロライブ「高槻かなこ 1st Cover Live ~King of Anison~」の開催を発表した。

この発表は9月25日に誕生日を迎える高槻が「25歳最後の夜、そして26歳最初の夜をみんなと一緒に過ごしたい!!」との思いで、9月24日(火)の23:30から誕生日である25日(水)にかけてカウントダウン放送されたWEB番組『高槻かなこ生誕祭2019~ひとりでがんばる26の夜~』にて発表されたもので、誕生日を迎えた彼女からファンの方々へのビッグサプライズとなった。

この度開設された、オフィシャルファンクラブ「たかつき王国(TAKATSUKINGDOM)」は9月25日(水)よりプレオープンし、現在無料のプレ会員を募集している。サイトへは、高槻かなこのアミューズオフィシャルサイトからもアクセスができ、本オープンは今冬になる予定。

また、初のソロライブ「高槻かなこ 1st Cover Live ~King of Anison~」は11月22日(金)に東京・マイナビBLITZ赤坂にて開催が決定。内容は彼女が以前から切望していたアニソン(アニメソング)のカヴァーライブ。生バンドを従えての本格的なライブになる予定で、ライブのチケットは「たかつき王国(TAKATSUKINGDOM)」プレ会員から先行予約受付が可能。プレ会員のチケット受付は9月30日(月)までのため、「たかつき王国」に早めに入国してソロライブのチケットをチェックしてほしい。なお チケット一般発売は10月26日(土)となる。

また既に発表されている10月31日(木)発売の彼女初の書籍のタイトルが「高槻かなこ Style Book C.」に決定したこと、および表紙のデザインもこの日発表となった。書籍の最新情報は随時書籍のオフィシャルtwitter にて発信されるのでぜひチェックしてほしい。

<高槻かなこ コメント>
高槻かなこ個人としてこれから歌を中心にたくさんの活動をしていきたいと思っています。一番大切にしたいのは応援してくださっているファンの皆さんなので、皆さんと一緒に高槻かなこを一つのコンテンツとして楽しいものにしていけたらと思っています。将来の夢は今も変わらず「アニソン歌手になること」なので、一つずつ近づいていけるようにこれからも頑張っていきます。一緒に楽しみましょう!

高槻かなこプロフィール
9月25日生まれ。兵庫県出身。血液型AB型。2016年に『ラブライブ!サンシャイン!!』の国木田花丸役で声優デビュー。同作品より結成されたAqoursのメンバーとしても活躍中で、2018年「第69回NHK紅白歌合戦」にも出演した。ヴォーカル&パフォーマンスユニット「BlooDye」のヴォーカルとしても活躍中。また自らがデザインを手掛ける人気アパレルブランド「atmos pink」とのコラボレーションアイテムも大好評を博している。アミューズ所属。


●イベント情報
「高槻かなこ 1st Cover Live ~King of Anison~」
11月22日(金)開場:18:00 開演:19:00
会場:マイナビBLITZ赤坂
チケット料金:1Fstanding /2F指定席 ¥6,500 (税込/drink別)
チケット一般発売日:10月26日(土)
お問い合わせ:HOT STUFF PROMOTION(03-5720-9999)
※現在高槻かなこファンクラブ「たかつき王国(TAKATSUKINGDOM)」プレ会員より先行予約受付中(9月30日まで)。

●ファンクラブ情報
「たかつき王国(TAKATSUKINGDOM)」(今冬本オープン予定)
プレ入会は高槻かなこオフィシャルサイト(仮)にて受付中。

●書籍情報
「高槻かなこ Style Book C.」

10月31日発売
仕様:B5判/フルカラー112ページ/予価:3,000円(+税)
発売元:(株)学研プラス
・オフィシャルTwitter

[内容] 
この書籍のための高槻かなこプロデュースによる最新撮りおろしグラビアや、雑誌「声優アニメディア」連載企画の未公開カット第1回〜20回分、私服コレクション、Q&A、自身を語る超ロングインタビューなど、見応え、読み応えともに充実度の高いファーストブック。

関連リンク

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人