TVアニメ『ソウナンですか?』M・A・O(鬼島ほまれ役)、河野ひより(鈴森明日香役)、安野希世乃(天谷 睦役)、和氣あず未(九条紫音役)インタビュー

4人の女子高生が無人島でサバイバルするというハードなシチュエーションでありながら、コメディ要素やサバイバル知識をふんだんに盛り込んだエンターテイメント作品『ソウナンですか?』。その4人を演じ、キャラクターとしてOPテーマを歌う声優のM・A・O(鬼島ほまれ役)、河野ひより(鈴森明日香役)、安野希世乃(天谷 睦役)、和氣あず未(九条紫音役)に、役作りから見どころ聴きどころを聞いた。

サバイバル女子高生 キャラ立ちと関係性の妙を楽しむ芝居づくり

――まず作品をご覧になっての印象を教えて下さい。

M・A・O 映像が本当にきれいで、女の子が肉感的でした(笑)。30分のアニメに比べると半分の尺なのですが、テンポも良くギュッと濃い時間が詰まっているという印象でした。アフレコをしているときも毎回、あっという間でしたね。

河野ひより 原作マンガの画もとてもかわいいのですが、それがそのまま動いているみたいにきれいで、原作から読んでいる読者の方にも「アニメになるとこんなに動くんだ」という驚きを持ってご覧いただけるなと思いました。

安野希世乃 収録をしたのはだいぶ前だったのですが、こんなにもきれいなアニメーションを作り上げてくださって、アニメ班の皆さまには感謝感激と思いながら拝見していました。M・A・Oさんも先ほどお話しされていたように、張りのある少女たちの体から生命力がみなぎっていて、『ソウナンですか?』にふさわしい素晴らしいボディが鮮やかだなと思いました(笑)。

和気あず未 原作を読んだとき、無人島という緑が多い風景で絵柄も可愛らしい一方、お話としては雄々しいサバイバルというコントラストが面白い作品だと思っていました。アニメでも綺麗な原作の絵柄そのままでしたので、動いて色がつくと改めてそれを感じました。

――それぞれの役柄についてどのように作り上げていきましたか?

M・A・O ほまれちゃんはクールな印象だったので、言葉には起伏をあまりつけず「心では反応している」という感じで演じさせていただきました。また、サバイバル術の説明をする際に、内容をきちんと理解し、言葉の立て方などを意識して話すように努めました。原作を読んで初めて知る知識も多く、まさに「ほまれ様、ありがとうございます」という感じです(笑)。

河野 毎回の収録で挑戦や苦戦、成長を感じた現場でした。私はこれまで小さな女の子を演じることが多かったので、明日香のような体格のいい女の子を演じるにあたり、「こういう風に演じなければ明日香に聞こえないのでは?」と言う意識を強く持ってアフレコ現場に向かったのですが、他の3人のお芝居を聞いたりディレクションを受ける中で、現場で明日香のことを知ることができました。

安野 睦ちゃんはインスピレーション通りに演じたという感じです。オーディションの段階で、うさぎさんを仕留める時に腹を決めるシーンが入っていたりして、試されているなと感じました。あとは、勉強が好きな真面目な子なんだなと思って原作を読み進めていくと、実はオタク的な面があるということもわかってきたりして(笑)。むっちゃん的には、ほまれさんからいろんなサバイバルのことを吸収して健やかにサバイバーとして成長しているところも見せつつ、結構苦労人なところもギャグテイストで生かされているので、そういったシーンごとの振り幅は意識しました。シリアスな顔になってツッコむ瞬間が楽しかったですね(笑)。

和氣 紫音ちゃんを演じるとき、ふだんはお嬢様キャラで良いのですが、ツッコミになったときや自分が窮地に立たされたときにどう演じれば良いのか悩みました。家で練習する時も、綺麗にツッコむと面白くないだろうなと思って、そのときは激しめにしたり、ギャグテイストになったときはお嬢様らしさを感じさせないように演じました。

――本作でのお芝居を演者としてはどのように楽しんでいますか?

安野 「ソウナンですか?」という作品は、原作の時点でフリからオチまで綺麗でテンポが良くて、「コント」としても非常に完成されていると思うんです。シチュエーションとしては命がけなんだけれども、その中で一生懸命なのに噛み合わないところとか、4人の個性のギャップが強いことで自然とキャラが立っていて、それがすごく面白いなと思いました。各々カラーが強烈だったのでこの4人でお芝居ができて楽しかったです。

M・A・O 台本の台詞もだんだんと皆さんの声で再生され、読めるようになってくるんです。テストでボケやツッコミを受けると、勉強になるなと思いつつ楽しさを感じる瞬間がたくさんありました。

河野 本番前のテストで、「その方向いいですね! もっと行ってみましょう」というディレクションもあれば、真逆の指示をされることもありました。そういうときに、コメディってなんて計算されて作られているんだと知ることができて、そこは役者として非常に勉強になる時間でした。

和氣 家で映像と台本を見ていると、声がない状態でも思わず笑ってしまうシーンがあり、さらに私が声を当ててもっと面白くしなければと思い、キャラがブレない程度に大げさに演技を組み立てていったかたちです。

――収録現場の様子を教えて下さい。河野さんと和気さんは、先輩であるM・A・Oさん安野さんのおふたりの収録をどのようにご覧になっていましたか?

河野 お二人の姿をしっかりと最初に見たのはアフレコ現場だったので、背中を見て頼もしさを感じていたんですけれども。

M・A・O安野 けれども!?(笑)

河野 いえ、いまして(笑)。お話をしていくと、安野さんは大胆でお茶目な感じが、柔らかい雰囲気も相まって素敵だなと思いました。M・A・Oさんはクールビューティーでズバっとビシッとお話される方だと勝手に思っていたのですが、ホワッと柔らかくて素敵な方だなと思いました。

和氣 私は現場でM・A・Oさんの斜め45度くらいの座り位置で見ていたのですが、背筋もピンとされていて本当にお人形さんみたいだなと思いました。休憩時間も常に自分の世界に入ってる方なのかと思っていたのですが、希世乃さんが話してくれると、みんなで「わ〜」という雰囲気になって、お話しすると意外と丸い方なんだと思いました。希世乃さんは他の現場でも一緒になったことがあり、そこでも場を温めるのが上手な方だなと思いました。

この記事を書いた人