2020年1月放送のTVアニメ『ソマリと森の神様』の主題歌情報が解禁!OPテーマは森山直太朗、EDテーマは水瀬いのりが担当!

2020年1月放送のTVアニメ『ソマリと森の神様』の主題歌情報が決定、OPテーマを森山直太朗が担当することが発表された。森山直太朗によるアニメーション作品への楽曲書き下ろしおよび歌唱は、今回が初。森山自身が、同作の世界観やストーリーに共感し、このたび主題歌担当に決定した。

一方EDテーマは本作にソマリ役で出演する水瀬いのりに決定。

森山直太朗のオープニング主題歌「ありがとうはこっちの言葉」と、水瀬いのりが歌うEDテーマ「ココロソマリ」は、いずれも作品をイメージしたオリジナル楽曲となる。

また、『ソマリと森の神様』のアニメPV およびキャラクター集合イラストが、リニューアルオープンした公式HPにて公開されている。

さらに、音楽(劇伴)は、大河ドラマ「篤姫」をはじめ、これまで数々の名作ドラマや映画を手掛けた吉俣良が、音楽プロデューサーは「サイレントヒル」シリーズなどゲームミュージックで世界的に名高い山岡晃、美術監督はフランス人クリエイターのニエム・ヴィンセントが担当するなど、各界の注目クリエイターが集結し、親子の絆を描く「ソマリと森の神様」の世界観が創り出される

<森山直太朗コメント>
原作を読み、空想と郷愁の狭間を行き来しながら自分自身も物語の景色となって歌うような、そんな気持ちで作ってみました。「ありがとうはこっちの言葉」という曲。
ソマリとゴーレムの旅路をそのまま音にしたような感触があってレコーディングもとても活気にあふれていました。
この作品に出会えて、知らない世界を垣間見ました。ありがとう。


●主題歌情報
オープニング主題歌
「ありがとうはこっちの言葉」
森山直太朗

作詞:御徒町凧
作曲:森山直太朗
編曲:河野圭

エンディングテーマ
「ココロソマリ」
水瀬いのり

作詞:水瀬いのり
作曲:櫻澤ヒカル
編曲:白戸佑輔
(キングレコード)

音楽(劇伴):吉俣良

代表作 アニメ『恋は雨上がりのように』、大河ドラマ『篤姫』『江〜姫たちの戦国〜』
・音楽プロデューサー:山岡晃
代表作「サイレントヒル」シリーズ

●作品情報
TVアニメ『ソマリと森の神様』

【スタッフ】
原作:暮石ヤコ『ソマリと森の神様』(「WEBコミックぜにょん」連載/ノース・スターズ・ピクチャーズ)
監督:安田賢司
シリーズ構成:望月真里子
キャラクターデザイン:伊藤郁子
サブキャラクターデザイン:大橋幸子、田中穣、吉川美貴
美術監督:ニエム・ヴィンセント
音響監督:濱野高年
音楽演出:佐藤恭野
音響効果:出雲範子
色彩設計:中村千穂
アニメーション制作:サテライト

<『ソマリと森の神様』あらすじ>
森の中で私は”それ”と出会った。それ(人間)は、わたし(ゴーレム)を「おとうさん」と呼んだ—-。
地上は異類異形の人外たちが支配する世界。
人間は迫害され、絶滅の危機に瀕していた。
そんなある日、森の番人である「ゴーレム」とひとりの人間の少女が出会う。
滅びゆく種族「人間」と森の番ゴーレムの父娘の絆を綴った旅の記録・・・

【キャスト】
ソマリ:水瀬いのり
ゴーレム:小野大輔
シズノ役:七海ひろき
ヤバシラ役:鈴木達央
ウゾイ役:早見沙織
ハイトラ役:小野友樹
キキーラ役:小林ゆう

<原作情報>
地上は異類異形の人外たちが支配する世界。 人間は迫害され、絶滅の危機に瀕していた。 そんなある日、森の番人である「ゴーレム」と ひとりの人間の少女が出会う。 滅びゆく種族「人間」と森の番人「ゴーレム」の 父娘の絆を綴った旅の記録。

『ソマリと森の神様』
暮石ヤコ
コミックス1~6巻発売中
発行:ノース・スターズ・ピクチャーズ 発売:徳間書店
WEBコミックぜにょんにて連載中!

©暮石ヤコ/NSP/ソマリと森の神様プロジェクト, mixer

関連リンク

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人