PENGUIN RESEARCH『Penguin Go a Road 2019 FINAL「横浜決闘」』ツアーファイナル、横浜公演最速ライブレポートが到着!

熱量の高い演奏とメッセージ、そしてライブパフォーマンスを武器に「いま最もライブが観たいバンド」となったPENGUIN RESEARCH。

5月から全国8か所を回ってきたツアーのファイナル、Penguin Go a Road 2019 FINAL 「横浜決闘」が、8月10日に横浜文化体育館にて開催。圧巻のライブパフォーマンスで観客を興奮の渦に巻き込んだ、ツアーファイナル公演の最速ライブレポートが到着した。

8/10(土)横浜文化体育館公演 最速ライブレポート

PENGUIN RESEARCHが8月10日、横浜文化体育館にてワンマンライブ『Penguin Go a Road 2019 FINAL「横浜決闘」』を開催した。同公演は、全国ツアー『Penguin Go a Road 2019 「なぜ決闘なのか」』のファイナル公演として開催されたもの。また、バンドにとって初のアリーナワンマンだった。

メンバーが客席後方から登場するサプライズ演出からライブはスタート。序盤は最新シングル表題曲「決闘」をはじめとしたアッパーチューンが中心。重心の低いサウンドが唸りを上げるなか、オーディエンスもシンガロングや掛け声を積極的に上げ、ライブハウスと変わらないほど熱量の高い空間が生まれた。

中盤ではバラード曲を多く披露。それまでは火炎やCO2、レーザーなど大会場ならではの演出が取り入れられていたが、「冀望」はあえてほぼ暗転状態での演奏。曲の持つ奥深い魅力を伝えていった。

終盤では再びアッパーチューンを連投。オーディエンスがスマホのライトを点灯し、その幻想的な光景に生田鷹司(Vo)が感動する――という場面を挟みつつ、今月7日に発売された最新アルバム『それでも闘う者達へ』の表題曲「それでも闘う者達へ」で本編を終えた。

アンコールではメンバーそれぞれがツアーの手応えを振り返ったあと、生田が「いろいろな人の力が集まって今日という日を迎えてます。今日はかけがえのない宝物になったよ。ありがとうございました!」とまとめ、『それでも闘う者達へ』収録曲「BYEBYE RESEARCH」を披露。その後「ハードロック★パラダイス」を演奏し、5人はステージを去った。

なお、この日がPENGUIN RESEARCHにとって年内最後のワンマンライブだったが、ライブ中発表されたように、12月には東名阪にてツーマンツアーが開催される。同ツアーのチケットはオフィシャルファンクラブ「ペンギン研究所」にて先行受付中とのことなので、お見逃しなく。

文:蜂須賀ちなみ


●ライブ情報
対バンライブツアー
Penguin Fight Club ~それでも闘う者達へ~

12月13日(金)名古屋 E.L.L
PENGUIN RESEARCH / and more
OPEN/START 18:00/19:00

12月19日(木)EXシアター六本木
PENGUIN RESEARCH / and more
OPEN/START 18:00/19:00

12月26日(木)BIGCAT
PENGUIN RESEARCH / and more
OPEN/START 18:00/19:00

チケット料金
スタンディング ¥4,500-(消費税込/ドリンク代別)

受付期間
8月10日(土) 22:00~8月18日(日) 23:59まで

オフィシャルファンクラブ最速先行
※詳細はこちら

FCライブ 開催概要&チケット情報
PENGUIN RESEARCH FC LIVE 研究発表会 Vol.3

2019年8月18日(日)大阪 心斎橋VARON
OPEN/START 17:00/17:30
2019年8月20日(火)東京 渋谷WWW X
OPEN/START 18:30/19:30

料金:スタンディング ¥4,320(税込/ドリンク代別)

●リリース情報
『それでも闘う者達へ』
発売中

【初回生産限定盤(CD+DVD)】
品番:VVCL-1473~1474
価格:¥4,500(税込)

【通常盤(CD)】
品番::VVCL-1475
価格:¥4,500(税込)

<CD>
1.それでも闘う者達へ
2.近日公開第二章
3.バケモノダイバー
4.千載一遇きたりて好機
5.少年の僕へ
6.WILD BLUE
7.ドブネズミ・ザ・ナイトクルーザー
8.決闘
9.青い灯台
10.ゴールド・フィラメント
11.BYEBYE RESEARCH

<DVD>
Live at 日比谷野外大音楽堂 ”PENGUIN GO YAON”
1.SUPERCHARGER
2.ハートビートスナップ
3.アジテーションパレード
4.少年の僕へ
5.ジョーカーに宜しく
6.旅人の唄

7.少年の僕へ (Music Video)

Live at TSUTAYA O-EAST “Penguin Go a Road 2018-19”
8.WILD BLUE
9.千載一遇きたりて好機
10.Alternative
11.愛すべき悩みたちへ
12.ハードロック★パラダイス

関連リンク

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人