ラスマス・フェイバー約7年ぶり3rdアルバム、2ndシングルが先行配信スタート!日本フィジカル盤ボーナストラックには新曲含む5曲の収録が決定!

20年以上のキャリアを誇り、カスケイド、デッドマウス、アックスウェルなどとのコラボレーションを含む100以上の作品を発表しつつ、アニメ・ジャズ・カバープロジェクト「プラチナジャズ」シリーズのプロデュースや、『マクロスΔ』など日本アニメ作品への楽曲提供などでも活躍中のスウェーデン出身アーティスト、ラスマス・フェイバー。

元々シングル「Ever After」の大ヒットで日本の“乙女ハウス・ブーム”に貢献したアーティストであり、今回はその彼のルーツとも言えるハウスと向き合い、『Where We Belong』『We Laugh We Dance We Cry』に続く、約7年ぶりとなる3作目アルバム『Two Left Feet』が完成!

ハウスを基調としながらも、アフロやフォークといった、今までの作品とは違ったテイストのジャンルにも挑戦し、キックドラム以外はほぼ全てアコースティックな楽器を使うというオーガニックなハウス・サウンドを作り出すことに成功。イビサを皮切りに世界各国で盛り上がりを見せるディープ・ハウス、アフロ・ハウスといったムーブメントとも連動する新しいサウンドに、日本アニメでも親しまれている彼独特のメロディー、そして彼が尊敬してやまない多数のシンガー達の歌声が混ざり、まさにラスマスならではの美しくメランコリックな作品に仕上がっている。

アルバムから既に「Shut Down feat. Maia Hirasawa」が配信中だが、「Animal feat. Magic Woman」の配信もスタート。Magic Womanは、Anima!というロサンゼルスで活動するバンドのメンバーのひとり。彼らと偶然出会い、曲を共作してみたところ、素晴らしいシンガーソングライターだったため急遽アルバムにも参加してもらったとのこと。

また日本フィジカル盤のボーナストラック情報も決定。新曲を4曲含む、計5曲の収録が決定した。「Hidden Thoughts」「Indian Summer」などのヒットを共に作ってきたアーティストFrida Sundemoと共作した「Hideaway」の収録も決定。今回のアルバムのためにリ・マスタリングも施されており、フリーダとラスマスのコンビ作品が好きなファンにはたまらないプレゼントとなった。

<ラスマスフェイバー コメント>
「このアルバムでは改めて、自分のルーツのひとつ、ハウス・ミュージックと自然と向き合うことが出来た。その過程で、オーガニックな自分なりのハウス・サウンドに到達できたと思う。自分が尊敬するシンガーやソングライターが多数参加してくれているし、出来栄えにとても満足しているよ。楽しんでもらえたら嬉しい!」
ラスマス・フェイバー


●リリース情報
『Two Left Feet(トゥー・レフト・フィート)』
品番:VMAN-019
価格:¥2,500+税

参加アーティスト:Maia Hirasawa、Marter (Jazzy Sport)、Alexandra Prince、Frida Sundemo 他
アルバムイラスト:yoshitsugi

<収録曲>
1. Animal feat. Magic Woman
2. Shut Down feat. Maia Hirasawa
3. Do My Best feat. Renae Rain
4. Good Morning June feat. Sara Steele
5. Son Of A Marimba Maker
6. Diary feat. Marter
7. Daisy feat. Alexandra Prince
8. We Don’t Waste The Time feat. Renae Rain
9. On The Train For Ise
10. Two Left Feet feat. Frida Öhrn
11. I Know You’ll Set Me Free (feat. Linn)*
12. Falling (Rasmus Faber X Ramverk)*
13. Three Pounds Of Flax*
14. Third Culture*
15. Hideaway (feat. Frida Sundemo)* *日本フィジカル盤ボーナストラック

1st配信シングル
「Shut Down feat. Maia Hirasawa」
配信中

DLはこちら

2nd配信シングル
「Animal feat. Magic Woman」
配信中

DLはこちら

アルバム『Two Left Feet』
7月19日(金)全世界配信スタート

DLはこちら

<プロフィール>
シングル「Ever After」そしてシングル曲をコンパイルしたアルバム『So Far』シリーズの大ヒットにより、カスケイドなどと並び、「乙女ハウス」と称された日本ハウス・ブームの立役者のひとりとなる。その後もアルバム『Where We Belong』『We Laugh We Dance We Cry』などを通じてハウス・シーンでヒット曲を連発する傍ら、著名ジャズ・ミュージシャンを父に持つことで育まれたジャズへの造詣の深さ、そして14歳の時に観た『マクロスプラス』に大きく感動し、その後も魅了され続けてきた日本アニメを融合させた『プラチナジャズ』プロジェクトをスタート、大ヒットに導く。

その後ラスマス自身もアニメ作品に参加、中島愛、坂本真綾、ワルキューレなどへ楽曲提供するようになり、オープニング/エンディング曲のみならず、劇伴作家としてもアニメ作品に参加。直近に劇伴を担当したTVアニメ『はるかなレシーブ』のサウンドトラック盤がヒットするなど、コンポーザー、サウンド・プロデューサーとしての才能を更に開花させている。

現在も世界各地をDJで回る傍ら、スウェーデンに構える自身のスタジオにて様々なプロジェクトを平行して手掛けており、ハウス・ファンのみならずアニメ・ファン、ジャズ・ファンをも魅了する稀有なアイコンとして活躍している。

関連リンク

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人