“温泉むすめ 4th LIVE“ NOW ON☆SENSATION!! ”~聖夜にワッチョイナ Vol.2~”ライブレポート

温泉地をモチーフにしたキャラクターのアイドル活動を描く地域活性クロスメディアプロジェクト「温泉むすめ」のライブイベント“温泉むすめ 4th LIVE“ NOW ON☆SENSATION!! ”~聖夜にワッチョイナ Vol.2~”が、12月22日に神奈川・カルッツかわさき大ホールで開催された。新グループやソロプロジェクトも加わり、過去最多の21人の声優が参加したこの日のライブ。ここでは夜の部のレポートをお届けする。

和楽器入りの勇壮なSEとこの日の出演アクトを紹介するオープニング映像が期待を高めるなか、ライブは「温泉むすめ」の看板グループであるSPRiNGSのパフォーマンスからスタート。草津結衣奈(CV:高田憂希)、箱根彩耶(CV:長江里加)、秋保那菜子(CV:高橋花林)、有馬輪花(CV:本宮佳奈)、道後泉海(CV:篠田みなみ)、登別綾瀬(CV:日岡なつみ)、下呂美月(CV:佐伯伊織)、有馬楓花(CV:桑原由気)、奏・バーデン・由布院(CV:和多田美咲)のメンバー9人がステージに現れてポージングをバチっと決め、まずは活動初期からの人気曲「70億分の9の奇跡」を披露する。途中の〈O・N・S・E・N ゴー!〉から始まるパートでは温むすたちの「せーの!」の呼びかけに応えて、ぽか旦那&ぽか女将(温泉むすめのファンの呼称)たちも大合唱。会場は早くもぽかぽかに温まる。

歌唱後、恒例の挨拶「チョイナー!」でコール&レスポンスを行い、アイドルらしくそれぞれのキャッチフレーズを盛り込んだ自己紹介で盛り上げると、続いては「未来を伝えられるライブにしたい」(高田)との言葉に続けて、温泉むすめの全体曲「未来の彼方」へ。希望に溢れたサウンド&歌詞、9人の明るく輝く歌声に合わせて、客席も色とりどりのペンライトを振って楽しむ。

今回のライブではいくつかの新しい試みが行われたが、そのひとつが芝居によるMC。各声優が自分の担当キャラクターを演じながら舞台上で寸劇を繰り広げるというもので、ここではSPRiNGSの面々がワチャワチャと話していると、温泉むすめ初のソロプロジェクトを展開している大手町梨稟(CV:楠木ともり)がマイクスタンドを持って登場。「ちゃんと場を温めておきなさいよ」とツンデレっぽく文句を言いつつ、「私がもう一度火をつけてあげるわ!」とひとりステージに残り、デビュー曲「Passionate Journey」を披露。マイクスタンドを持ったロックな出で立ちで情熱的なクリアボイスを届ける。

MCでは「今日の私の衣装、イケてる?」と、オシャレにこだわりを持つ大手町らしい発言でキャラを表現。そして眩しくも勇ましい「願いキラキラきらり」で一番星の如き輝きを振りまき、大盛況のうちにデビューステージをやり遂げてみせた。

続いては黒と赤を基調とした衣装に着替えた篠田が再登場し、道後泉海のソロ曲「うぇるかむ to ONSEN!!」を歌唱。大人っぽい声音にマッチしたダンサブルなサウンドに、客席もクラップしながら盛り上がる。そして残りのSPRiNGSの面々も再びステージに現れ、特別ゲストとして応援に駆け付けた、草津温泉観光大使のゆるキャラ・ゆもみちゃん、秋保温泉華乃湯のイメージキャラクター・あきうはなちゃんを紹介。SPRiNGSの始まりの歌「未来イマジネーション!」へ。ポジティブなアップで会場の熱気を高めた後は、そのまま艶やかな和ロック「純情-SAKURA-」へと繋げ、クールな振り付けとフォーメーションで魅せる。

続くMCでは、いわきあろは(CV:大坪由佳)、万座千斗星(CV:井澤美香子)、定山渓泉美(CV:小野早稀)による「昭和」をテーマに結成された新グループ・OH YOU LADY?が登場。いたずらっ子でスカートめくりが特技の定山渓が、実際に草津のスカートをめくったりと、自由奔放な振る舞いでSPRiNGSを困惑させる。そしてステージを任されたOH YOU LADY?の3人は、「お前たち、スカートめくりたいかー!」(小野)、「5億円欲しいかー!」(大坪)、「温泉旅行に行きたいか―!」(井澤)と盛り上げて、昭和アイドル風のナンバー「レイニーボーイフレンド」のぶりっこ歌唱とキュートなステップでぽか旦那たちを魅了する。さらに温むす初の音頭ソング「ぽかぽか音頭」では先ほどのゆもみちゃんも登場し、会場はすっかりお祭りムードに。

次いでステージに立ったのは、ゆのはな選抜。伊香保葉凪(CV:茜屋日海夏)、阿蘇ほむら(CV:髙橋麻里)、下田莉華(CV:南早紀)、奥津かがみ(CV:久保田未夢)、南房総日由美(CV:徳井青空)の5名からなる、この日限定のグループだ。いつもはpetit corollaというグループで活動している伊香保だが、今回はこのメンバーが助っ人という設定でpetit corollaの「Petit Etoile」を披露。スピーディーかつアッパーな曲調と、元Dorothy Little Happyの髙橋ら実際にアイドル活動の経験を持つ彼女たちの華やかなパフォーマンス力もあって、会場は熱狂状態に陥る。そして本邦初披露の新曲「追伸、ありがとう」でいつも応援してくれるぽか旦那&ぽか女将への感謝の気持ちをしっとりと届けると、MCを挿んで最後は温泉むすめの全体曲「咲かせよ 沸かせよ バンバンBURN!」でワッショイワッショイと盛り上げて出番を終えた。

そして鬼怒川日向(CV:富田美憂)、玉造彗(CV:田澤茉純)、別府環綺(CV:岩橋由佳)の3人からなるAKATSUKIが、ゆっくりと舞台に現れる。SPRiNGSのライバルグループとして、彼女たちとは対照的な世界観を特色に持つAKATSUKI。1曲目の静かに燃え上がるような「Never ending dream」から厳かな雰囲気を作り出すと、富田の「いくよ!」というクールな呼びかけを合図に鋭角的なダンスチューン「Hang out!!!」へと繋げ、複雑な3声のハーモニーを聴かせる。MCで「私たちの絶対的な光、その目に焼き付けて帰ってね」(富田)と自信たっぷりに語ると、ダンサブルな新曲「情熱のパラディソ」で文字通り情熱的なパフォーマンスを披露してオーディエンスを魅了した。

ここで白をベースにした衣装に着替えたSPRiNGSが再び登場し、ライブはラストスパートへ。9人の絆を描いたウィンターソング「粉雪フレンズ」では最後に全員が手を繋いでポーズを決めて心温まる風景を生み出し、最後に「この会場にいるみんなで歌えたらと思います」(篠田)という言葉に続けて歌われたのは人気のシングル曲「HOP STEP JUMP!」。ステージ上を自由に動き回ったり、みんなで一斉にジャンプしたりと元気いっぱいな姿を見せつつ、途中の語りパートではひとりずつ優しく言葉を届け、ラストはメンバー全員が人差し指を掲げるのに合わせて多くのお客さんも同じポーズをとり、心をひとつにしてライブを締め括った。

アンコールでは、開催日がクリスマスシーズンということもあって、まずSPRiNGSが持ち歌のクリスマスソング「おんくり」を披露。ミラーボールが煌めくなか、お客さんもペンライトを緑と赤に変えて、みんな幸せいっぱいの表情で聖夜の雰囲気を楽しむ。そして最後はこの日の出演者全員がステージに集結し、温むすライブ屈指の人気曲「青春サイダー」をタオルを回しながら賑やかに歌唱。途中でゲストのゆもみちゃんとあきうはなちゃんも参加して、「ソレ!ソレ!ソレ!ソレ!」と会場が揺れるほどの大合唱が巻き起こるなか大団円を迎えた。

楽曲のクオリティーは言わずもがな、SPRiNGSやAKATSUKIら人気グループによる華やかかつ練度の高いパフォーマンス、大手町梨稟やOH YOU LADY?といった新しいアクトの参加、キャラクター自体の魅力を伝える芝居風のMC、さらには衣装から舞台美術に至るまでの細かなこだわりによって、2.5次元アイドルコンテンツの魅力をギュッと凝縮してみせた今回の温むすライブ。当日にはゴシカルな魅力を持った7人組グループ・Adharaのワンマンライブが5月26日(日)に開催されることも告知され、他にもまだまだ新展開が控えていそう。今後も「温泉むすめ」からは目が離せない。

Text By 北野 創(リスアニ!)

“温泉むすめ 4th LIVE“ NOW ON☆SENSATION!! ”~聖夜にワッチョイナ Vol.2~”
2018年12月22日(土)神奈川・カルッツかわさき大ホール

<セットリスト>
01.70億分の9の奇跡/SPRiNGS
02.未来の彼方/SPRiNGS
03.Passionate Journey/大手町梨稟
04.願いキラキラきらり/大手町梨稟
05.うぇるかむ to ONSEN!/道後泉海
06.未来イマジネーション!/SPRiNGS
07.純情-SAKURA-/SPRiNGS
08.レイニーボーイフレンド/OH YOU LADY?
09.ぽかぽか音頭/OH YOU LADY?
10.ハミングDays(昼)Petit Etoile(夜)/ゆのはな選抜
11.追伸、ありがとう/ゆのはな選抜
12.咲かせよ 沸かせよ バンバンBURN!/ゆのはな選抜
13.Never ending dream/AKATSUKI
14.Hang out!!! /AKATSUKI
15.情熱のパラディソ/AKATSUKI
16.粉雪フレンズ/SPRiNGS
17.青春サイダー(昼)Hop Step Jump!(夜)/SPRiNGS
18.おんくり/SPRiNGS
19.おはようジャポニカ(昼)青春サイダー(夜)/ALL

©温泉むすめ/Enbound, Inc.

関連リンク

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人