2018年秋アニメ『SSSS.GRIDMAN』オープニング主題歌を担当するOxTの新アーティストビジュアル解禁&TVサイズ配信決定!

2018年10月から放送中のTVアニメ『SSSS.GRIDMAN』のオープニング主題歌を担当する「OxT」の新アーティスト写真が解禁された。

主題歌を担当する『SSSS.GRIDMAN』は第1話が放送、配信され、TVオンエアー時にはTwitterトレンドランキングを1位2位を独占するなど、大いに盛り上がりを見せた。

第1話では挿入歌として使用された「UNION」だが、グリッドマンが「グールギアス(怪獣イラスト・デザイン:西川伸司氏)」と戦うシーンにピッタリと嵌っており、オーイシマサヨシ本人も「エモすぎて泣いた」という感想をTwitterで発信。更に円谷プロダクション公式YouTubeチャンネルでは、『SSSS.GRIDMAN』ボイスドラマ第1.1回「教室じゃ話しにくい」も期間限定で配信となり、第1話とリンクした内容となっており、更に作品を深掘りできるような内容となっているので、こちらのストーリーも今後楽しみだ。

また、11月7日に発売になるOP主題歌「UNION」が収録されているCDのカップリングには、25年前の特撮ドラマ「電光超人グリッドマン」の当時の主題歌「夢のヒーロー」のOxTカバーが収録されているので、こちらも合わせて注目だ。

CDに先駆けて、「UNION」のTVサイズが、10月14日から各種配信サイトにて配信されるので、是非楽しみにしていて欲しい。

TVアニメ「SSSS.GRIDMAN」の第2話「修・復」は、10月13日25時00分~TOKYO MX、BS11にて、26時13分~MBSにて放送となる。


●作品情報
『SSSS.GRIDMAN』
TOKYO MX 毎週土曜日 深夜1:00~1:30予定
MBS 毎週土曜日 深夜2:08~2:38予定 ※10月13日は26:13〜(5分繰り下げ)
BS11 毎週土曜日 深夜1:00~1:30予定
WOWOW 毎週土曜日 深夜0:00~0:30予定

ボイスドラマ『SSSS.GRIDMAN』
第1.1回「教室じゃ話しにくい」
10月13日25時30分まで限定配信
視聴はこちら

<ストーリー>
独りじゃない。いつの日も、どこまでも。
ツツジ台に住む高校1年生の響裕太は、ある日目覚めると記憶喪失になっていた。
そして裕太は古いパソコンに映る『ハイパーエージェント・グリッドマン』と出会う。
グリッドマンは使命を果たせと語りかけ、裕太はその言葉の意味と記憶を探し始める。
突然の事に戸惑いつつも、クラスメイトの内海将や宝多六花、新条アカネたちに助けられながら毎日を送る裕太だった。が、その平穏な日々は、突然現れた怪獣によって容易く踏みつぶされた――

【スタッフ】
原作:グリッドマン
監督:雨宮 哲
脚本:長谷川圭一
キャラクターデザイン:坂本 勝
グリッドマンデザイン:後藤正行(円谷プロ)
アレクシスデザイン:コヤマシゲト
怪獣デザイン:西川伸司 /丸山 浩 / 板野一郎 / 山口 修 / 前田真宏
アシストウェポンデザイン:野中 剛
ジャンクデザイン:三宮昌太
ヒロイック作画チーフ:牟田口裕基
3DCG監督:宮風慎一
3DCG制作:グラフィニカ
美術監督:渡辺幸浩(アトリエPlatz)
色彩設計:武田仁基
撮影監督:山本弥芳(グラフィニカ)
編集:吉武将人(グラフィニカ)
音楽:鷺巣詩郎
音楽制作:ポニーキャニオン
音響監督:亀山俊樹
音響効果:森川永子
ラインプロデューサー:竹内雅人
アニメーションプロデューサー:舛本和也
アニメーション制作:TRIGGER

【キャスト】
響 裕太:広瀬裕也
グリッドマン:緑川 光
内海 将:斉藤壮馬
宝多六花:宮本侑芽
新条アカネ:上田麗奈
サムライ・キャリバー:高橋良輔
マックス:小西克幸
ボラ―::悠木 碧
ヴィット:松風雅也
謎の少年:鈴村健一
アレクシス・ケリヴ:稲田 徹
六花ママ:新谷真弓
なみこ:三森すずこ
はっす:鬼頭明里

OP主題歌 : OxT「UNION」
ED主題歌 : 内田真礼「youthful beautiful」

●リリース情報
『SSSS.GRIDMAN』OP主題歌
「UNION」OxT
11月7日発売
品番:PCCG-70434
価格:¥1,250+税

<CD>
M1:UNION
作詞・作曲:大石昌良 編曲:Tom-H@ck
M2:夢のヒーロー OxT ver
作詞:大津あきら 作曲:鈴木キザブロー 編曲:Tom-H@ck
M3:UNION Instrumental
M4:夢のヒーロー OxT ver Instrumental

©円谷プロ ©2018 TRIGGER・雨宮哲/「GRIDMAN」製作委員会

関連リンク

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人