【北川勝利・藤村鼓乃美 ボーダーズの“音の場” season2】~#19 西日暮里編~

ボーダー柄の服のコンビが、サイコロ片手に“ノー・ボーダー”の精神でナイスな音楽を聴き歩く――。
「ボーダーズの“音の場”season2」第19回となる今回ふたりが降り立ったのは西日暮里。隣の日暮里駅との駅間距離が、山手線の中で最も短いという特徴を持つ駅です。ボーダーズは前回まったく情報がないと言っていましたが、この土地でいったいどんな音楽を聴くのでしょうか?

――さて、西日暮里です。おふたりとも前回まったく馴染みがないとおっしゃってましたが……。

北川勝利 西日暮里に来たこと自体が初めてかもしれない。

藤村鼓乃美 私もです……。やばいぞこりゃあ(笑)。

北川 だいたい各駅で降りて最初に駅の看板を撮るじゃないですか。今日もそこでNの字ポーズで写真を撮ったじゃないですか。もしかしたら今回の全体の中で、あそこがいちばんの盛り上がりだったかもしれない。

藤村 知らない観光地に来たのかなって感じのテンションでしたね。最初はすごい楽しかった。

北川 だってホームに着いてすぐ、ここ本当に山手線?って感じになって……。

藤村 ちょっと東京かどうかも疑わしい景色で。いかんまた文句になりそうだ(笑)。駅にウサちゃんのパン屋さんがありましたね。

北川 あーそうだ。パン屋さんとカフェがくっついたようなお店があって、ウサギパンが一押しって感じになってて、入り口のガラス越しに見えてたから「これウサギかな……?」って笑ってたら中の店員さんから睨まれて(笑)。

藤村 さすがにゲラゲラ笑いながら見てるのもどうかと思いましたよ(笑)。

北川 さすがに反省しました(笑)。そこからどこに行きましたっけ?

――滝沢馬琴の筆塚に行きましたね。ほんとに石碑があるだけでしたが。

北川 そうだ。じゃあ馬琴の解説をお願いします。


――『南総里見八犬伝』で有名な戯曲家ですね。

北川 知ってはいるけど読んだことはないんだよね。

――そうですね。馬琴の八犬伝を今全部読むのはなかなか難しいと思います。

北川 長いんですか?

――ものすごく長いです。『ドン・キホーテ』みたいなものですね。原書を読破した人はあんまりいなくて、ある程度短く編集されたものを読んだ人のほうが多いと思います。

北川 僕にしてみれば『里見八犬伝』って角川映画のイメージだな。

――薬師丸ひろ子と真田広之ですね。あと志穂美悦子。

北川 他にどなたが出てましたっけ?

――夏木マリとかも出てましたね。流れでジュリー(沢田研二)の名前が浮かぶけど『魔界転生』だから違う!ってなる(笑)。

北川 まさに今ジュリーって言われて「あー!」ってなったけど、それ違うわって(笑)。そもそも八犬伝はお姫様がいて、何人か仲間がいるやつですよね?

藤村 8人ですよ(笑)。八犬伝なんですから。

北川 真田広之を含めて8人か。

藤村 なんか文字が書かれた玉みたいなの持ってますよね。

――「仁・義・礼・智・忠・信・孝・悌」の数珠ですね。

北川 なんかこういう動きするやつでしょ。

――それは九字護身法ですね。どっちかというと仏教の方なのでちょっと違います(笑)。こっちは儒教なので。

北川 どんどん間違え倒していくゲームになってる。

藤村 『里見八犬伝』は乙女ゲームのシリーズがあるんですけど、私、伏姫役をやってるんですよ。

北川 あ、お姫様なんだ。犬じゃなくて。

藤村 犬じゃないです(笑)。他にも『里見八犬伝』を題材にした作品ってたくさんありますよね。

北川 角川映画以外にもあるんだ。

藤村 アニメとかも結構ありますよ。八犬伝そのものからモチーフにしたものまでいろいろ。

北川 角川版の8人って誰がやってたんだっけ。

――ちょっと調べてみましょうか。

藤村 映画っていつやってたんですか?

北川 80年代前半だったはず。夏休み冬休みっていったら角川映画しかないような時期で。

――出てきましたね。京本政樹、松坂慶子、千葉真一……。

北川 千葉ちゃんも出てたんだ。完全にJACだったんだ。

――1983年公開ですね。

藤村 私生まれてないですよ(笑)。北川さんはいくつのときだったんですか?

北川 83年だと12歳かな。小6だ。

藤村 よく覚えてますね。

北川 いや、もしかすると劇場では観てないかもしれない。

――テレビでCMをバンバンやってましたからね。

北川 その後のテレビ放映で観たのかな……。同時上映ってなんでしたっけ?

藤村 あ、1本じゃなかったんですか。

――これは1本だったと思いますよ。『セーラー服と機関銃』も1本でしたし。

北川 そっか、地方だったからか。アニメとかは2本立てでしたよね?

――でも『幻魔大戦』は1本でしたね。

北川 うわ『幻魔大戦』あったなぁ。

――『カムイの剣』と『ボビーに首ったけ』は同時上映でした。

北川 そうだ!思い出した!

藤村 なんか意外な盛り上がりを見せてますね(笑)。

北川 83年って他の角川映画って何がありました?

――それこそ『幻魔大戦』とかがそうだったと思いますよ。

北川 そうだ、だとすると『超時空要塞マクロス 愛・おぼえていますか』とか『風の谷のナウシカ』もそのあたり?

――その2本は84年ですね。83年だと『宇宙戦艦ヤマト 完結編』と『幻魔大戦』あたりが夏休みアニメ映画だったはずです。

北川 新宿篇でも話ましたけど、『マクロスΔ』の映画を新宿で観たときに、「うわ、マクロスを映画館で観たのって『愛・おぼえていますか』以来だ……」って思ってた。

藤村 『愛・おぼえていますか』って「天使の絵の具」ですよね?

北川 そうそう。EDテーマだった。

――あれは公開当時に絵が間に合わなくてブラックバックになったんですよ。

藤村 え、そうなんですか?

――制作時にはみんな力尽きていてエンディングに絵がつけられなかったんです。後に『Flash Back 2012』っていうミュージッククリップ集みたいなOVAが作られたんですが、そこで「天使の絵の具」についた絵が本来やりたかったことなんだそうです。

北川 あー、そういうことありますよね。

――映画のエンドロールが黒バックなの自体は何も問題がないんですけどね。83年の映画だとあとは『探偵物語』ですね。『時をかける少女』と同時上映で。

北川 じゃあそのへんから薬師丸ひろ子と原田知世の同時上映が始まるんだ。

――あと渡辺典子を入れて角川三人娘でしたね。

北川 『晴れときどき殺人』の!

――藤村さん完全に置いてかれてますね。

藤村 いやーなんかすごいなぁって(笑)。

北川 『早春物語』とか知らない?

藤村 知らないです……。

北川 『時かけ』はわかるよね?

藤村 わかります。ラベンダーの香りの……。

北川 そうそう。え、じゃあ薬師丸ひろ子の角川映画とかほとんど知らないんだ。『セーラー服と機関銃』とか、『ねらわれた学園』とか。

藤村 観たことはないですけど題名は知ってるぐらいですね。

北川 『メイン・テーマ』とか『Wの悲劇』とかもあったな。

藤村 あ、聞いたことある。

北川 なにその歴史の授業みたいな感じ(笑)。

藤村 だから完全に生まれる前の出来事なんですって(笑)。

北川 ユーミンの書いた歌も知らない?

藤村 ちょっと歌ってみてくださいよ。

(歌う北川さん)

藤村 聴いたことないですね……。でもユーミンっぽいとは思いました。

北川 前情報から得たイメージでしょ(笑)。じゃあ野村宏伸も知らないのか。

藤村 歌手の人ですか?

――俳優です。『教師びんびん物語』でトシちゃんの後輩役でした。

北川 あの役なんていったっけ……。

――この時期はJACからの出演も多いですね。『戦国自衛隊』もそうですもんね。

北川 角川とJACが密接だったんですね。『戦国自衛隊』って薬師丸ひろ子のデビュー作でしたっけ?

――いや、『野性の証明』がデビューですね。

北川 あーそうか。うわぁこの話めっちゃ楽しい。

――なんで西日暮里で角川映画の話になってるんでしたっけ……?

藤村 『里見八犬伝』からですよ!なんで脱線させた本人たちが忘れてるんですか(笑)。

北川 もう一回『里見八犬伝』を観るところからやらなきゃいけない。

――あ、『教師びんびん』の野村宏伸は榎本でした。

北川 そうだ!榎本!超楽しい話になってきた!

藤村 よかったなぁ(笑)。

北川 『ねらわれた学園』をすっごい後になってちゃんと観たんですよ。そしたら変な映画でびっくりした。

――映像もCGじゃなくてビデオ合成でしたからね。

北川 そうそう!ウルトラマンの光線みたいな感じの手書きっぽい線でビビビーってなるやつ!あれいいですよね……。藤村も観た方がいいって。

藤村 じゃあ観てみます。『里見八犬伝』からがいいですか?

北川 わからん。『里見~』は俺も観たことないかもしれない。

藤村 DVDとかになってます?

――角川映画は結構微妙ですよね。大半は出てると思いますが。

北川 なんか問題があって出てないやつもありそうですよね。

――『戦国自衛隊』なんて自衛隊の協力を断られてますからね。劇中の描写で自衛隊の隊規的に許せない箇所があって協力できないという話で、そうしたら当時の角川映画はお金があったから、自衛隊の装備を全部自前で作ってしまったという。

北川 ヘリとか戦車まで全部作ったんでしたっけ?

――ハリボテですけどね。協力してくれないなら自分でやっちゃたという。

藤村 それはすごいですね……。

北川 西日暮里と1ミリも関係ないけど角川映画の話はずっとしていたいな。今日帰りに探しにDVD探しに行こうかな……。

――配信でありそうじゃないですか?

北川 ああー、そうですね。

藤村 どこの配信サービスであるかな。

――あ、Amazonビデオにありますね。

藤村 お!私、明後日ぐらいまでギリギリプライムの無料期間なんですよ。

北川 じゃあ今日からノンストップで全部観て、感想文送って(笑)。

――『幻魔大戦』からの劇場版アニメもいいですよ。

藤村 じゃあまず何から観ればいいですか?

北川 ええー角川だと何だろう……。『里見八犬伝』から始めて、薬師丸ひろ子は観てほしいから『Wの悲劇』、『セーラー服と機関銃』あたりかなぁ。

藤村 いっぱいあるなぁ(笑)。

北川 いやでも観たら絶対セリフ真似したくなるよ。「私、女優よ」って。

藤村 え、それ最近のドラマで誰か言ってましたよ、工藤勘九郎さんのドラマで。

――ああ、『監獄のお姫さま』じゃないですか?

藤村 そうですそうです!

北川 それの元ネタだよ。ただのセリフとして聞いても「なんのこっちゃ?」でしょ。

藤村 なるほど……勉強になります。じゃあ『Wの悲劇』は観ますね。

北川 たぶん観たらセリフを覚えたり語りたくなるから。『キャバレー』も観てほしいけど、角川映画の中ではちょっと上級者向けかもしれないな。僕ももう一回観てみよう。

――あと『時をかける少女』もいいですよ。

藤村 『時かけ』はどこかで観たことあると思うんですよね……。

北川 それって有名なシーンだけをテレビとかで観たんじゃない?

――『時かけ』の共演は尾美としのりでしたっけ?

北川 そうそう、まだ高校生役の。藤村『あまちゃん』観てたでしょ?

藤村 観てました。

北川 あれのお父さん役が『時かけ』の知世ちゃんの相手役なんだよ。

藤村 へぇー!工藤勘九郎さん、角川映画好きすぎじゃないですか?

北川 そうなんだよ。だから同世代が知ってるようなオマージュを入れてきて笑えるんだけど、元を知らないと「あ、女優なんだ……」で終わっちゃう。

藤村 ただでさえ面白いのに、そういうバックボーンもわかったら面白すぎじゃないですか。

北川 だから角川映画を観てください(笑)。基礎知識みたいに出てくるから。

藤村 わかりました。工藤さんの作品を楽しむためにも、すごく興味が出てきました。

北川 じゃあ2日間で頑張って。

藤村 なんで締切が設けられてるんですか(笑)。

北川 それは藤村のAmazonプライムの無料期間があるからだよ!自分で設けた枷じゃないか(笑)。

藤村 完全に自分のせいだった(笑)。

――そろそろ次に進みましょうか。馬琴の筆塚の次に(笑)。

北川 馬琴が『里見八犬伝』を書いてて良かったー!今日のネタの8割ぐらいは語ったんじゃない?

藤村 しかもあそこにいたの正味3分ぐらいじゃないですか。何なのかもよくわからずに。

――使えなくなった筆を納めてた場所ですからね。

北川 あそこで生まれたわけでもあく、亡くなったわけでもないっていう。そこだけでこんなに話せるもんだね。



――それから布袋様ですね。なぜかピンクの壁の布袋様っていう。

北川 あそこも写真撮ったねぇ、ぐらいしか申し上げることがない。

――なぜ壁がピンクだったのか……。布袋様とピンク色に何の関連性もないらしいという。

北川 なんかポップで良いんじゃない?

――幼稚園バスが来たから関係あるのかと思ったんですが、あんまり関係なさそうでしたね。

北川 「ピンクの布袋前」みたいな降り場があるのかと思ったら(笑)。

藤村 あの壁結構長かったですよね。

――しかも一回途切れてまたピンクの壁が始まるっていう。

北川 たぶん昔はもっと広かったけど、いろんな事情で分断されたときに「うちはピンクで囲む!」って取り決めになったんじゃないですかね(笑)。あそこって何か有名な神社があるわけじゃないですよね?

――一応日暮里付近の七福神のひとつではあるらしいですよ。七福神も結構適当で、同じ神様がふたつあったりすることもあるんですよ。大黒様がふたりいるとか。

北川 その1、その2みたいに。七福神ってそもそも7種類いるんですか?

――いますよ。八犬伝と同じですよ(笑)。

北川 そうか、そうですよね(笑)。

藤村 同じことの繰り返しじゃないですか(笑)。

――日本オリジナルの神様は恵比寿様ひとりしかいなんですけどね。大黒様はヒンドゥー教のシヴァ神ですし。

藤村 あ、シヴァ!FF(ファイナルファンタジー)の氷のやつ。

北川 なに?なにそれ?

――FFの召喚獣にシヴァっていうのがいるんですよ。

北川 「FFの氷のやつ」ってさっきの角川映画話のくだりが逆転したみたいな言葉だなって(笑)。

藤村 逆襲してやりましたよ(笑)。

北川 そのあとって、富士見坂か。あそこ良かったよね。富士山は見えなかったけど。



――あそこはかなり気象状況良くないと見えないっぽいですね。

北川 地面に靴のマークが書いてあったから一応立ったけど、見えませんでした。でも見えてる時の写真が貼ってあったので大丈夫です(笑)。でもどっちにしても建物があったからフルでは見られないよね。

――右側だけが見える感じなんですかね。

北川 あそこに住んでる人はきっとドカンと見えるんだろうな。

――でもいろんな建物が建って、昔よりだんだん見えなくなってると思いますよ。

北川 うちから見えるって言っても目の前に別の建物ができちゃうかもしれないからなぁ。でも富士山が見えるって聞いたからもっと急な坂かと思ってたけど、そんなでもなかったな。

藤村 結構長くなかったですか?上から自転車で下りてきてる人いたけど、怖くないのかなって思いましたよ。

北川 ブレーキ握りっぱなしだよ。あの坂をノンストップで下りたら絶対死んじゃうって。

――車が登ってきましたけど、すごい音してたじゃないですか。あれ絶対アクセルベタ踏みですよ。

北川 そう、なんかもう「気を付けて徐行とかじゃ登れないっす!」って感じの音だった(笑)。

――そして次が諏訪神社。

北川 あの公園のとこですか?

――そうです。一応あのあたりの総鎮守らしいですよ。

北川 あの辺りの高低差って、思ってたよりなくないですか?

――それほど大変ではないみたいですね。ただ結構切り立っていて、駅の方に下りようとしたら階段で下りざるをえないぐらい崖になってるんですよ。

北川 元々こういう地形なんですかね?

――あれは元々だと思います。

北川 駅前のところの道ってすごい谷になってたけど、あれは掘ったんじゃないんだ。

――そういう地形らしいですね。

北川 駅の向かい側の小高くなってる斜面が、普通の山みたいにコンクリで固めてあったじゃないですか。都内の街中であの景色を見ることってそんなにないですよね。

――そういえばそうですね。

北川 もっと大きく緩やかなアップダウンは他所でもあるのかもしれないけど、結構急な感じでしたよね。

――日暮里の「ぽり」は「掘」が由来らしいので、たぶん川に削られたんだと思います。台地と台地の間に川があったのを暗渠(あんきょ)にして道にしてるんじゃないかと。

北川 そうですよね。そんな感じの削れ方だった。しかし諏訪神社の公園も特にトピックはなく……。

藤村 でもきれいな公園でしたよ。

――諏訪神社はあの上から素焼きの皿を投げる「かわらけ割り」という遊びがあったそうです。

藤村 ストレス発散になりそう。

北川 危なくない?

――他の神社とかでもあるそうですよ。石に当てて割れると願いがかなう、みたいな行事が。

北川 そういうアトラクション欲しかったな……。

藤村 晴れてて散歩日和で良かったじゃないですか。

――これで雨だったら恨み言しかないですからね(笑)。

北川 舗装されてない道もあったから大変だろうなぁ。

――ぬかるみになるだろうし、泥だらけになってあの階段を下りるのは最悪ですね(笑)。

藤村 富士見坂も川みたいになってそう。良かった晴れてて(笑)。

北川 そうだよね。雨で登ったら山なんか見えるわけもないし。特に何かイベントがあったわけじゃないけど晴れてて良かった(笑)。

――高村光太郎のふくろう像も撮りましたね。「正直親切」の。

藤村 そうだ、かわいいやつ。小学校の前にあった。

北川 あぁー、あったね。あれは何なんですか?

――高村光太郎があの小学校出身らしくて、後年岩手の学校に「正直親切」という書を贈り、それをあの小学校が何周年かのときに譲り受けたそうです。

北川 さっきの筆塚もそうですけど、西日暮里は何かについて濃い関係があるわけじゃなくて、ちょっと縁があるようなエピソードが多いですね。

――谷根千もそうですけど、静かだし家賃も安いしで作家がたくさん住んでたんですよ。もっと日暮里側に行くと夏目漱石の家なんかもありますし。ちなみに最後に行った公園は、元々は加賀の前田家のお墓だったそうです。それが廃藩置県のときにお墓を石川県に移したので公園になったと。しかもどこにあったかは不明なんですが、あの台地にお城があったと言われています。

北川 あの山はなんて名前でしたっけ?

――道灌山ですね。道灌というのが太田道灌のことだという説と、鎌倉時代にも関道閑という豪族がいたらしく、どっちかがあそこに住んでいたのが由来といわれているそうです。

北川 はっきりしてないんだ。

――ちなみに太田道灌は江戸城を作った人です。

藤村 江戸城っていうと……。

――今の皇居です。このあたりの有力豪族だったそうですね。

藤村 思ったよりも偉い人だった。

――今の江戸城は江戸時代に拡張された結果で、元々はそんなに大きな城ではなかったみたいですけどね。では選曲を聴いていきましょうか。

藤村 じゃあ私から。いろいろ考えてきたんですけど、当初これかなって思ってた曲から変わりまして、もうこれしか思い浮かばなかったです。

★藤村’s Select
「さんぽ」井上あずみ

藤村 なんか平和すぎて、天気もよかったし公園にも行ったし(笑)。

北川 それだと今後何回もこの曲が選ばれる可能性ない?(笑)。

――3回ぐらいはありそうですね(笑)。

北川 当初のやつじゃなくていいの?

藤村 じゃあ当初のやつも流していいですか?

★藤村’s Select
「ピーポくんとしまじろうの交通安全」YouTube警視庁公式チャンネルより

――これはいったい……?

藤村 わたしピーポくんをやってまして(笑)。

――あ、そうなんですか!

北川 ついに宣伝がきた!(笑)。これって長い歌なの?

藤村 いや、これで全部です。しかも正確には私は歌ってないという。

北川 相槌だよねこれ(笑)。ピーポくんって全国的なキャラでしたっけ?

――警視庁のマスコットなので正確には東京のキャラということになりますね。

北川 他の県の警察にもこういうキャラっているのかな?

――あるんでしょうかね?そういえばあまり知らないです。

北川 じゃあ東京以外の人は知らない可能性があるのか……。

藤村 知らなくてもみんな交通ルールを守ってください!

北川 守って散歩してください。じゃあ僕はこれにします。

★北川’s Select
「ロケットビート」安野希世乃

北川 安野希世乃さんの新曲で、4月から『カードキャプターさくら』の主題歌になってます。

藤村 ああ~いいですね……。

北川 すごいうれしそうだな。

藤村 さくらちゃん大好きなんです。もう直撃世代なので。

――もうちょっと早いタイミングで紹介できればタイムリーでしたね。

藤村 この歌にさくらちゃんの絵がつくわけですね……やばい。

北川 いろいろとギリギリだった……。

藤村 去年から今のさくらちゃんが始まったじゃないですか。第一期オープニングが坂本真綾さんで、観た瞬間に涙出てきちゃって。

北川 どしたの?

藤村 だから好きなんですって!オープニングからしばらく先に進めなかったですもん。

北川 一回止めてひと息ついたってこと?もう一回観た?

藤村 もう一回観ました。それからやっと本編を観るぐらい衝撃的で感動的でした。

北川 そんなに好きなんだ。

藤村 昔のVHSは全部集めてて、フィギュアとかも持ってましたよ。

――旧シリーズは2000年ぐらいでしたっけ?

藤村 98年とかですね。VHSは初回版で買ってました。好きなんですよ、さくらちゃん……。1曲で終わりですか?

北川 え?藤村のさくら話を待ってたんですよ。

藤村 あ、ほんとですか?いやもうこの曲作ってくれてありがとうございます。

北川 自分で言うのもなんですが、この曲は完成度も含めてすごく良い感じに出来たので、ぜひフルで聴いてもらいたいです。

藤村 ありがとうございます。ありがとうございます。

北川 それしか言ってないじゃん(笑)。僕のアニメ音楽ってCLAMP先生の『ちょびっツ』が始まりだから感慨深いね。

藤村 私あの曲(「Let Me Be With You」)って福岡の情報番組のBGMだと思ってて(笑)。

北川 そうなんですよ。夕方の番組で使われてたらしくて。

藤村 CMに入る前のアイキャッチとかで使われてて、あれが『ちょびっツ』の主題歌だって知ったときの衝撃たるや(笑)。

北川 だから藤村ぐらいの年代で九州出身の人から「あの情報番組のあの曲書いてたんですね!」ってよく言われて(笑)。あとはCLAMP先生作品だと『こばと』の「マジックナンバー」とかね。じゃあ次の曲を……。

★北川’s Select
「Crosswalk」鈴木みのり

北川 これは『あまんちゅ』の第二期オープニングで、鈴木みのりちゃんのセカンドシングルになるのかな?作詞を真綾ちゃんにやってもらってて、真綾ちゃん自身は『あまんちゅ』第二期のエンディングを作詞作曲まで含めて担当してるそうです。といった感じで、ラストの曲を。

★北川’s Select
「菜の花」Nao☆(Negicco)

藤村 ……あれ?

北川 知ってる?

藤村 知ってるっていうか最初のコーラス私じゃないですか(笑)。

北川 これはNegiccoのNaoちゃんの30歳記念ソロ・シングルの表題曲で、作曲と編曲をやらせてもらいました。

藤村 今またアハ体験みたいなことになりましたよ。「あれこの曲知ってるぞ……?」って(笑)。

北川 そんな最近の3曲を紹介させてもらいました。

藤村 全部春っぽい曲ですね。

北川 そうだね。

藤村 いや~西日暮里、どうなることかと思ったんですが、角川さんのおかげで乗り切れましたね(笑)。

――元をたどると滝沢馬琴先生のおかげで(笑)。馬琴先生が筆を使いつぶすぐらいたくさん書いたから何とかなりましたって感じでしたね。

藤村 本当にありがとうございました。

北川 さっき『里見八犬伝』って聞いたときに「もう今日はそこを広げるしかない!」ってなったからね。

藤村 予想を超えて広がりましたね。

――次はどこの駅になるんでしょうか。じゃあ北川さん決めてください。

北川 どこになるかな。

――サイコロは「6」なので次は高田馬場駅ですね。

北川 高田馬場って角川映画と関係ありますかね?

藤村 また思い出に頼る気ですか(笑)。

――調べてみないことには分かりませんが、さすがにないんじゃないでしょうか……?高田馬場は手塚治虫の事務所があったので、『鉄腕アトム』の作中なんかで科学省が高田馬場にあるんですよ。

北川 そうか、手塚治虫の街か。

――あと昔は楳図かずおの家とかもありましたね。だから『まことちゃん』には高田馬場が多く出てきます。あのあたりから江古田にかけてが漫画家が多く住んでいたんですよね。トキワ荘とかもありましたし。

北川 藤村は手塚作品とか知ってる?

藤村 知ってますよ。『W3(ワンダースリー)』とかめっちゃ好きです。

北川 へえー、『W3』知ってるんだ。とりあえず帰りに角川映画のDVD探してみるか……。

藤村 私もさっき教えてもらったやつメモしておかないと……。

(高田馬場編へ続く!)

Interview By 田中尚道(クリエンタ)
Text By 市川太一(クリエンタ/学園祭学園)
Photography By 山本哲也

●今回のSelect Song
★藤村’s Select
「ピーポくんとしまじろうの交通安全」YouTube警視庁公式チャンネルより

★北川’s Select
「ロケットビート」安野希世乃

★北川’s Select
「Crosswalk」鈴木みのり

★北川’s Select
「菜の花」Nao☆(Negicco)


●リリース情報
TVアニメ『カードキャプターさくら クリアカード編』新OPテーマ
「ロケットビート」
発売中

品番:VTCL-35274
価格:¥1,200+税

<CD>
01. ロケットビート
作詞:岩里祐穂 作曲・編曲:北川勝利 ストリングス編曲:宮川弾
02.逢いたくて
作詞・作曲・編曲:石倉誉之
※各楽曲のインストも含む、全4トラックを収録

TVアニメ『あまんちゅ!~あどばんす~』OP/
TVアニメ『カードキャプターさくら クリアカード編』新ED
「Crosswalk/リワインド」
発売中

【あまんちゅ!盤】

品番:VTCL-35271
価格:¥1,300+税

<CD>
1.Crosswalk (TVアニメ「あまんちゅ!~あどばんす~」OPテーマ)
作詞 : 坂本真綾  作曲・編曲 : 北川勝利  ストリングス編曲 : 河野 伸
2.リワインド (TVアニメ「カードキャプターさくら クリアカード編」新EDテーマ)
作詞・作曲・編曲 : 白戸佑輔
3.ちいさなみのり
作詞・作曲・編曲 : 堂島孝平
他、各曲instrumentalも収録

【さくら盤】

品番:VTCL-35272
価格:¥1,300+税

<CD>
1.リワインド (TVアニメ「カードキャプターさくら クリアカード編」新EDテーマ)
2.Crosswalk (TVアニメ「あまんちゅ!~あどばんす~」OPテーマ)
3.大好きになってよかった
作詞 : 鈴木みのり  作曲 : 加藤冴人  編曲 : 鈴木智文
他、各曲instrumentalも収録

●作品情報
『リズと青い鳥』

公開中

【スタッフ】
原作:武田綾乃(宝島社文庫『響け!ユーフォニアム 北宇治高校吹奏楽部、波乱の第二楽章』)
監督:山田尚子
脚本:吉田玲子
キャラクターデザイン:西屋太志
美術監督:篠原睦雄
色彩設計:石田奈央美
楽器設定:髙橋博行
撮影監督:髙尾一也
3D監督:梅津哲郎
音響監督:鶴岡陽太
音楽:牛尾憲輔
音楽制作:ランティス
音楽制作協力:洗足学園音楽大学
吹奏楽監修:大和田雅洋
アニメーション制作:京都アニメーション
製作:『響け!』製作委員会
配給:松竹

【キャスト】
鎧塚みぞれ:種﨑敦美
傘木希美:東山奈央
リズ/少女:本田望結
中川夏紀:藤村鼓乃美
吉川優子:山岡ゆり
剣崎梨々花:杉浦しおり
黄前久美子:黒沢ともよ
加藤葉月:朝井彩加
川島緑輝:豊田萌絵
高坂麗奈:安済知佳
新山聡美:桑島法子
橋本真博:中村悠一
滝 昇:櫻井孝宏

©武田綾乃・宝島社/『響け!』製作委員会

関連リンク

この記事を書いた人