LiSAとAimerが共演した至福の一夜。徳島の夜空のもと開催された“「唄の降る夜」コンサート”をレポート!

徳島市にある徳島県文化の森総合公園内「すだちくん森のシアター(野外劇場)」にて、“マチ★アソビ presents「唄の降る夜」コンサート~第二夜~”が開催された。

“「唄の降る夜」コンサート”は、アニメ制作会社のufotableが音頭をとる徳島市のイベント“マチ★アソビ”のオープニング・セレモニーとして2015年に第1回目を開催。第1回目に出演したのは、ufotableの代表作ともいえる『Fate』シリーズになじみの深いKalafinaとAimerの2組。約3年ぶりとなる今回、ゲストとして発表されたのはAimer、そしてLiSA。前回同様に『Fate』シリーズを彩る音楽を手がけたふたりだ。

夕日が沈み、徳島の空が茜色に染まり始めた頃、野外劇場に鐘の音が鳴り響く。そして、ふたりのボーカリストによる一夜限りのステージが幕を開けた。

Aimerの歌声が会場を包み込み、徳島の夜空を彩る
最初に登場したのは、近年ではジャンルを超え様々なアーティストとコラボレーションし、昨年はベスト・アルバムのリリース、日本武道館ワンマンを経たAimer。聴こえてきたのは1stミニ・アルバム『After Dark』に収録されている「ポラリス」のイントロだ。ピアノ、アコースティック・ギター、そしてパーカッションの音色に呼ばれ、今回の“「唄の降る夜」コンサート”のキービジュアルと同じく真っ白な衣装に身を包み登場した彼女。“君のためだけのポラリスになりたい”という言葉が、1曲目から会場を優しく包み込む。2曲目に披露されたのは、「ポラリス」同様に“星”をモチーフにした「星の消えた夜に」。2ndアルバム『Midnight Sun』に収録されていたナンバー。自己紹介と、2度目の出演となるこのイベントへの想いを語り、『劇場版「Fate/stay night [Heaven’s Feel]」Ⅰ.presage flower』の主題歌として梶浦由記がプロデュースを手がけた「花の唄」、TVアニメ『Fate/stay night [Unlimited Blade Works]』の挿入歌「LAST STARDUST」を続けて披露。『Fate』の世界と楽曲の力強い世界観をブルーとレッドのライトが美しく彩った。

「温かい曲たちをお届けします」という紹介とともに始まったのは、内澤崇仁(androp)が楽曲提供・プロデュースを行った「カタオモイ」。客席からの手拍子に、Aimerも笑顔でオーディエンスに手を振る。続く「蝶々結び」は野田洋次郎(RADWIMPS)が楽曲提供、プロデュースだけでなくギター&コーラスとしても参加したシングル曲。そして、「この声が出る限り歌い続けていきます」という言葉のあと、TVアニメ『恋は雨上がりのように』のEDテーマとして最新シングルに収録されている「Ref:rain」をラスト・ナンバーとしてしっとりと歌い上げた。

ここで、AimerがLiSAをステージに呼び込むというサプライズが起こる。Aimerと同じく真っ白な衣装に身を包んだLiSAが登場し、披露されたのはAimerの曲「Brave Shine」、そしてLiSAの曲「oath sign」。ともにufotableがアニメーションを制作した作品に起用された楽曲だ。『Fate』から生まれたこの貴重なコラボレーション。LiSAとAimer、ふたりの力強い歌声が重なり、何度も何度も野外劇場に響きわたる。観客からは大きな拍手と歓声が沸き起こった。

“今”を生きることの大切さを込めた歌詞とLiSAの歌声が夜空に広がる
Aimerを送り出し、「最高に楽しんでいきましょう! ピース!」という挨拶を挟み、LiSAのステージが幕を開けた。1曲目は、TVアニメ『ソードアート・オンライン《アインクラッド》編』のOPテーマであり彼女の代表曲のひとつでもある「crossing field」。ここでもピアノ、アコースティック・ギター、パーカッションの編成で、彼女の歌声に孕んだ確かなパワーをより強く引き出す。そして、Girls Dead Monster時代の楽曲「一番の宝物」、TVアニメ「ソードアート・オンラインⅡ《マザーズ・ロザリオ》編」EDテーマに起用された初のバラード・シングル「シルシ」を歌い上げる。大サビに向けて力強さを増していく「シルシ」のラストの展開は、シンプルなアコースティック編成だからこそより壮大で美しく、野外劇場に響きわたる。“今”を必死に生きることの大切さが込められたこの2曲の歌詞とLiSAの歌声が、徳島の澄みきった夜空に広がっていった。

続いて歌われたのは、ロック・バンド“シド”のボーカル・マオと、ベース・明希がそれぞれ作詞・作曲を手がけたTVアニメ『Fate/Apocrypha』OPテーマの「ASH」。そして会場の空気をガラッと変えたのが、サビ部分のハートの振付の練習で始まった「say my nameの片想い」。アコースティック・ギターのクラップに合わせて軽快なピアノが鳴り響き、観客も体でリズムを刻み、LiSAもタンバリンを鳴らし会場を盛り上げる。

その後もTVアニメ『ニセコイ:』OPテーマの爽やかなポップ・ナンバー「Rally Go Round」を披露し、ラストの「Catch the Moment」へ。“僕の声が響いた瞬間に始まる”――LiSAの歌声にオーディエンスの声が幾重にも重なり、力強さを増していく。そして彼女は想いを込めていねいに紡ぎ歌いきった。

LiSAの力強い歌声とAimerの美しい歌声が満天の夜空に広がる
LiSAの演奏が終了し、再度Aimerがステージに登場。今回のコンサートの感想や徳島への想いを語ったあと、なんともう1曲、ふたりによるセッションが。選ばれたのは、 PCゲーム「Fate/stay night」やTVアニメ『Fate/stay night [Unlimited Blade Works]』に起用され『Fate』シリーズの音楽を語るうえでは欠かせない楽曲「THIS ILLUSION」。この曲を『Fate』シリーズではもうおなじみの顔となっているLiSAとAimerが歌い、美しい旋律を奏でた。LiSAとAimerが織りなす歌声はその場にいた観客を魅了し、徳島の満天の星空と一体になり、会場全体に優しくやわらかな光が降り注いだ。

そしてメンバー紹介と挨拶を終え、LiSAとAimerは手をつなぎステージをあとに。こうして一夜限りの“「唄の降る夜」コンサート”は幕を閉じた。
LiSAとAimer――夢の競演によって大成功を収めた“「唄の降る夜」コンサート”。ぜひ次回の開催にも期待したい。

TEXT BY リスアニ!編集部

【セットリスト】
<Aimer>

①ポラリス
②星の消えた夜に
③花の唄
④LAST STARDUST
⑤カタオモイ
⑥蝶々結び
⑦Ref:rain

<LiSA×Aimer>
⑧Brave Shine
⑨oath sign

<LiSA>
⑩crossing field
⑪一番の宝物
⑫シルシ
⑬ASH
⑭say my nameの片想い
⑮Rally Go Round
⑯Catch the Moment

<LiSA×Aimer>
⑰THIS ILLUSION

●公演概要
“マチ★アソビ presents「唄の降る夜」コンサート~第二夜~”


[日時]2018年5月3日(木・祝)開場 18:00/開演 18:30
[会場]徳島県文化の森総合公園内「すだちくん森のシアター(野外劇場)」
[出演]LiSA/Aimer

関連リンク

この記事を書いた人