2年半ぶりの噴水広場で、新しい思い出がまたひとつ。i☆Ris 15thシングル「Memorial」発売記念リリースイベントレポート!

1月21日、サンシャインシティ アルパB1噴水広場にて、声優アイドルユニット・i☆Risが15thシングル「Memorial」の発売を記念したリリースイベントを開催。TVアニメ『アイドルタイムプリパラ』第4クールのOPテーマに起用された約10ヵ月ぶりのシングルの表題曲をはじめ全3曲を披露し、自身のライブ初めをエネルギッシュなステージで華々しく飾った。本稿では、第2部の模様をお伝えする。

自身初のオリコンTOP10入りを果たした「ドリームパレード」のイベント以来、約2年半ぶりの噴水広場への登場となるi☆Ris。そんな彼女たちを待つのは、1,500人もの大観衆。しかもその2年半前は、開演直前に広場から上の階層までの4フロアがすべて埋まったのだが、今回は開演20分前には人がぎっしり。彼女たちが走り続けて広げた輪の大きさが、またひとつ明確に現れた光景だったように思う。

イベントの冒頭、まずはリーダー・山北早紀から「最初から最後までクライマックスのように盛り上がっていきたいです!」と意気込みが語られると、茜屋日海夏の「盛り上がる曲といえばこの曲でしょう!」との言葉に続けて歌われたのは、キラー・チューン「Make it!」。タイトルコールと同時に、観客からは大きな歓声が沸き上がる。6人ともそのパフォーマンスはのっけからトップギアで、2-Aメロでは自身のパートで若井友希と澁谷梓希がハグを交わすなど、全員が久々の噴水広場を存分に楽しんでいるように見えた。そしてやはりこの曲、サビでの盛り上がり方が尋常ではない。ステージ上の6人が歌唱しながら「Make it!」のフレーズとともにきれいに高く飛び上がれば、観客もコールと同時に手を掲げ、早くも会場は一体となっていた。

曲明けのMCでは、「Memorial」の衣装デザインを担当した澁谷から、「ちょっとオトナを出したくてレースをふんだんに使ってシースルーな感じにしました。結構攻めてる出来になってるんじゃないかな?」とそのポイントについて解説が。加えて、髪のアクセサリの数字にはメンバーの誕生月を織り込んだことも語られていた。また、ライブ中には衣装の背中にメンバーカラーの紐が織り込まれていたりとそのほかにも注目ポイントは満載。ぜひ生で目にし、衣装の面も楽しんでもらいたい。

そしてこの日初披露のニュー・シングル、「Memorial」へ。イントロでは時計の針のような動きに続いて、掲げた右手でカウントダウンをするフリから歌唱パートに突入するなど、ダンスの面からも『アイドルタイムプリパラ』へも接近。加えてこれまでの『プリパラ』シリーズの集大成とも言える楽曲らしく、6人がサークルを作り拳を挙げながら周回する部分は「ミラクル☆パラダイス」と、その直後に全員が一旦手を下ろし再度ゆっくり掲げる部分は「Realize!」とそれぞれリンクするかのよう。さらに落ちサビで茜屋がセンターを取り、円状に座った5人が外を向いて指差しているパートは「Make it!」の落ちサビに近く、歌詞も茜屋が披露前に語ったように、「Make it!」との繋がりを感じられるものになっていた。
また、『プリパラ』で全員が演じるキャラクターの決めポーズが次々と披露されていく間奏では、今回はさらにSoLaMi♡SMILE・DressingPaféに分かれてチーム結成の誓いの儀式まで再現。そのパートでの各メンバーのキャラクターへの切り替えぶりも素晴らしかったが、特にそれまで笑顔全開だった久保田未夢が“そふぃ様”として麗しくキメる姿、実にクールだったように思う。
『プリパラ』要素を抜きにしても、そのクオリティの高さとパワフルさは、例によって初披露とは思えないもの。そんななか、とりわけ感情を爆発させていたように見えたのが芹澤 優。大きなダンスに加え、幾度となくくしゃっとした笑顔を振りまいていた。もちろん、個人が立つだけではない。全員が横一線となり、隣のメンバーの背中に手を乗せ寄りかかるようになる部分では、抜群のチームワークが炸裂する。
そしてこの曲のキーポイントとなるのが、小指。曲の途中では小指を立てた手を観客のほうへ掲げてその絆を描けば、ラストにはまたも円状になった6人が、内側を向いて同じように手を突き出して締めくくる。グループ内外ともに強い絆を結んだ、今のi☆Risが踊るにふさわしい振り付けといえるだろう。

そしてラストナンバーも『プリパラ』シリーズを総まとめするかのような「Memorial」にちなんで、『プリパラ』の3rdOPテーマである「Realize!」を披露。とんでもなく運動量の多いこの曲を、6人は最後まで一切手を抜くことなく全力でパフォーマンスしていく。そのなかにおいて、キャラを強く意識するパートではないものの、1-Bメロのソロでの山北がスパッと飛び出てかっこよくソロを執る姿は『プリパラ』で自身演じる東堂シオンをほうふつとさせるかっこよさを持っていた。
こうしてあっという間のミニライブは無事終了。続けて行われたファンへの特典会もあわせて、様々な形で6人全員でファンとのコミュニケーションをとったのだった。

2月21日このシングルをリリースするi☆Risは、その後4月からは自身4度目となる全国ツアーに出発。「Memorial」のさらなるブラッシュアップ、そしてツアータイトルにも冠した昨年発売のアルバム曲の披露によって、さらにパワーアップするであろう6人のステージを目にできる日が待ち遠しい。

Text&Photography  by 須永兼次

i☆Ris 15thシングル「Memorial」発売記念リリースイベント
2018.01.21@サンシャインシティ アルパB1噴水広場
【SET LIST】
M1 Make it!
M2 Memorial(新曲)
M3.Realize!


●リリース情報
TVアニメ『アイドルタイムプリパラ』第4クールOPテーマ
「Memorial」
2月21日発売

【TYPE-A(CD+DVD)】
品番:EYCA-11850/B
価格:¥1,800+税

<CD>
01 Memorial
02 未定
03 Memorial(instrumental)
04 未定(instrumental)

<DVD>
01 Memorial-Music Video-
02 Memorial-Off Shot Movie-

【TYPE-B(CD)】
品番:EYCA-11851
価格:¥1,200+税

<CD>
01 Memorial
02 未定
03 未定
04 Memorial(instrumental)
05 未定(instrumental)
06 未定(instrumental)

●ツアー情報
i☆Ris 4th Live Tour 2018 ~WONDERFUL PALETTE~

4月19日(木)開場/開演:18:15/19:00
【東京】かつしかシンフォニーヒルズ モーツァルトホール
4月30日(月・祝)開場/開演:14:00/15:00
【大阪】NHK大阪ホール
4月30日(月・祝)開場/開演:18:00/19:00
【大阪】NHK大阪ホール
5月6日(日)開場/開演:18:30/19:00
【宮城】仙台市民会館 小ホール
5月12日(土)開場/開演:14:15/15:00
【埼玉】和光市民文化センターサンアゼリア 大ホール
5月12日(土)開場/開演:18:15/19:00
【埼玉】和光市民文化センターサンアゼリア 大ホール
5月19日(土)開場/開演:13:30/14:00
【福岡】都久志会館(福岡県)
5月26日(土)開場/開演:18:30/19:00
【北海道】Zepp Sapporo
6月10日(日)開場/開演:14:00/15:00
【東京】中野サンプラザ
6月10日(日)開場/開演:18:00/19:00
【東京】中野サンプラザ
6月16日(土)開場/開演:14:00/15:00
【愛知】日本特殊陶業市民会館 ビレッジホール
6月16日(土)開場/開演:14:00/15:00
【愛知】日本特殊陶業市民会館 ビレッジホール

チケット代金
全席指定 6,800円(税込)
お申込み・イベントに関する詳細は、i☆Ris公式サイトまで★

関連リンク

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人