新レーベル「T’s MUSIC」設立を記念して行われた豊永利行のあらたなスタートを飾るライブをレポート!

2017年12月24日、青山・スパイラルホールにて、聖夜を彩る「豊永利行アコースティックライブ2017★メルマガの皆さまへ。メリクリ★」が開催された。2017年10月からスタートした豊永利行の新レーベル「T’s MUSIC」設立を記念して、メルマガ会員限定で昼夜2公演行われたこのライブには、高倍率のなか抽選で選ばれた各回約350名のファンが集い、豊永の美しい歌声とユーモラスなトークを満喫。そんなレア&スペシャルなステージ、昼の部の模様をお伝えする。

会場に入ると、ステージで真っ先に目を惹くのは、色とりどりのオーナメントが飾られた大きなクリスマスツリーと真っ赤なソファ。ソファにはトナカイやサンタ絵柄のクッションが置かれ、薄暗いステージをフロアスタンドの温かな光が包み込んでいる。豊永のライブはいつも、気さくでハートウォーミングなファミリー感に包まれているのだが、この日はいつも以上に彼との距離が近い。「せっかくのクリスマスだからさ、みんな呼んでパーティやろうよ! 俺、歌うし!」と、あの気さくで明るい声で誘われて来たような感覚になる。

豊永のワンマンは、2016年の同じクリスマスイブ、豊洲PITで行われた2nd LIVE以来、丸1年ぶりだ。客席にはスマートなジャズアレンジのクリスマンソングが流れ、ファンは静かに開演を待っている。BGMが途切れると、ほのかな灯りで照らされたステージに今回のバンドメンバー、アコースティックギターの薮内寛和、 キーボードの河津美奈子が登場。おごそかな雰囲気のなかで、インストゥルメンタルなメドレー演奏が始まった。軽やかな「ジングルベル」のメロディをブリッジに「Reason…」~「Day you laugh」~「MUSIC OF THE ENTERTAINMENT」の印象的なフレーズが紡がれる。続いて「メリー、クリスマ~ス! 豊永の父ですぅ。本日は息子のイベントの来てくれて、誠にありがとう。間もなくうちの息子がね、出ていくらしいから。盛大な拍手でお見送り……いや、お出迎え? してやって ください。それでは息子よ、行ってこい!」と、以前、“豊永屋”としてインディーズ活動を行っていたときのライブ前説として定番だった、豊永父(という設定による本人!)の生ナレーションが流れ、豊永利行が登場。大きな拍手が巻き起こる。

クリスマスイベントにふさわしく、黒のジャケットと白シャツ&ネクタイを決めた豊永が、ピアノの音にのせて歌い出したのは、彼の作詞・作曲による美しいバラード「花」。間奏で贈られた「皆さん、メリークリスマス。最後までごゆっくり、まったり楽しんでください」の言葉に、再び拍手が起こる。豊永は吐息混じりのささやくようなベルベットボイスと、艶のあるブライトなファルセットボイスを巧みに織り交ぜ、ふくよかな響きを聴かせ、オープニングから観客の心を吸い込んでいく。

美しいメロディにうっとりと聴き入っていると、2曲めでは雰囲気が一変する。薮内の力感のあるマイナーコードのストロークに湧き上がる手拍子。力強く、荒々しさが躍動したのは「リフレクション」だ。ソファに座り、身体を揺すりながらリズムを刻む豊永。シンプルなアコースティックアレンジだからこそ映える、熱情を吐き出すようなボーカルが胸を刺した。

最初のMCでは、「個人名義のライブとしては1年ぶり。新体制、新レーベルとしてやるライブは1発目、心機一転ということで、オープニングのメドレーはタイムマシン感覚で」と、今日のステージコンセプトを紹介。さらに豊永父のナレーションを久々に復活させたのも、「メジャーでの活動とインディーズ活動、いいとこ取りして融合して、今後やっていきたい」と思ったからと、「T’s MUSIC」スタートの意気込みを述べた。藪内、河津のメンバー紹介を終えると「(カンペが)早く、次の曲に行けって言ってる!」と笑いながら、次の選曲を紹介する。

セカンドブロックに用意されたのは、2017年3月にリリースされていたアコースティック・カバーアルバム『T’s』からのナンバーだ。「この2曲をチョイスしましたよ、次の曲はですねぇ……」とタイトルを教えるのかと思いきや、「イントロから判断してもらおうか!この曲きた!来なかった……と、一喜一憂していただければ」と笑う豊永。ピアノとギターのユニゾンとスキャットから始まったカバー1曲目は、スキマスイッチの「奏」。同じバラードでも「花」よりもっと芯の強い、明るい歌声は、サビでますます力強さを増して空気を揺らす。歌い終えた豊永は静かなピアノのイントロにのせて、「続いて第2問!さあ何の曲がかかるでしょうか?」と客席に呼びかける。さらに小芝居をしながら「なんだか……頭がクラクラしてきた……なんだろう?風邪かな?……いや違う、眩暈……」と、斬新な曲紹介で会場を笑いに包む。そう、カバーコーナーの2曲目は、鬼束ちひろの「眩暈」。『T’s』でもオクターブを隔てて、男らしい地声と透き通った張りのあるファルセットボイスを切り替えながら一気に録音された難曲を、軽々と生で歌い上げていく豊永の抜群の歌唱力。彼のシンガーソングライターとしての才能もさることながら、歌い手としての技量も十二分に知っていたつもりだったが、地声と裏声を声量をひとつも落とすことなく流麗にレガートさせていく妙技を生で披露されると、改めての感動が襲い来る。

ここで今日のステージセットについて、「あんまり得意じゃない人が、すげー頑張ってリビングをクリスマス色にしました!という感じにしたかったんです」と説明し、「新曲書いてきましたー!」と明るく報告。客席からわっ!と拍手と歓声が湧く。そのタイトルは「With LIFE」。リズミカルなピアノとギターにのせて手拍子をしながら歌われたこの曲には、“明日に向かって一緒に歩んでいこう、一緒に歌おう”という、彼の新しい音楽活動へのポジティブなメッセージがしっかりと込められていた。

新曲披露を終えて「ここでひとつお知らせがあります」と、2018年3月にフルアレンジの「With LIFE」も収録される全8曲入りCDがリリースされることを発表。「ずっとシンガーソングライターとして自分で作詞・作曲をさせていただいてるんですけど、今回は4曲が僕、残り4曲は他のミュージシャンにお願いしています。ゆくゆくは、いろんな人とコラボできたら面白いよね?」とうれしい報告を残してくれた。

気がつけば、セットリストももう後半に。「次もインディーズから。最近あまり歌ってない曲を」と届けられたのは、アルバム『MUSIC OF THE ENTERTAINMENT』収録のドラマティックナンバー「Siren」。情感にあふれたエモーショナルな歌声とミステリアスなムードで酔わせた。その後のMCでは、客席にアンケート。今回、始めて彼のライブに来た人が半数ほどを占めているのを見て、豊永は驚きつつ「うわ、うれしいわ~」と感激しながら、インディーズ時代の最初のライブで緊張しまくっていた思い出を振り返っていた。

そして「あっという間ですね、次でラストです」と言うと、ファンから「ええーっ!」と声が挙がるが……「大丈夫、アンコールあるから!」とまたも進行をぶっちゃける豊永は、「ここから本編最後の2曲を歌って、俺がおじぎしてハケたら、2分間、余韻に浸っててください。そこから、せーの!でアンコールって言ってくれればいいから!」とディレクション。前列のお客さんからアンコール隊長を決め、爆笑のなかで本編ラストの2曲が披露された。1曲は、冬の日のネコとのたわむれを描いたインディーズ時代のレアナンバー「こたつシャーベット」。軽やかな曲中に、「ニャー!」と自分でコミカルな合いの手を入れる豊永が、とても楽しそうだ。そして最後は、前年のクリスマスライブのために書き下ろされたポップナンバー「この雪が解ける前に」。全員の「♪ジングルベル」の合唱に豊永が「いいね!」と笑顔を見せ、「メリークリスマス」とささやいて、客席に投げKISSをプレゼントした。

予定どおり、退場からきっちり2分後に巻き起こったアンコールの声に応えて、豊永が再びステージへ。深くお辞儀をして、「月は知っている」をしっとりと歌い上げる。そしていよいよ、「次が本当に本当に最後の曲です」と豊永。「今日は、僕の生のエネルギーの勢いや熱さが後ろのお客様まで届く距離感でやりたいと思いました。2018年に向けての活力になればいいというエールを込めて、最後の曲を聴いてください、〈メッセージ〉」と彼がラストナンバーを紹介すると、「うわ~!」という歓声が客席から沸き上がる。ワンフレーズごとに表情を変える豊永の伸びやかな歌声が、今を頑張って生きている人すべてに“きっと大丈夫 みんな側にいるよ”と告げる応援歌は、限りない優しさと温かさに満ちていた――。

text by 阿部美香
all photo by 村林 千賀子​

SET LIST
M01. 花
M02.リフレクション
M03.奏(カバー)
M04.眩暈(カバー)
M05. With LIFE
M06. Siren
M07.こたつシャーベット
M08.この雪が解ける前に
ENCORE
EN.01 月は知っている
EN.02 メッセージ


●リリース情報
ALBUM
『タイトル未定』
2018年3月7日発売

【初回限定盤(CD+DVD)】※全8曲収録+ライブ動画
品番:TSM-1002
価格:¥3,500+税

【通常盤(CD)】※全8曲収録
品番:TSM-1001
価格:¥2,800+税

※今作対象の法人別特典の情報は、対象法人、特典内容共に後日発表となります。
※今作対象のインストアイベントは東京、名古屋、大阪にて予定しておりますが、インストアイベントの日時、会場、内容等の詳細や、対象店舗での予約受付開始日、予約方法等は後日発表となります。
※インストアイベントは対象店舗にて対象商品をご予約·ご購入頂いたお客様の中から抽選を行い、当選された方を対象に実施致します。ご予約順、ご購入順でのご案内ではございませんのであらかじめご了承ください。

発売元;T’s MUSIC

●ツアー情報
東名阪ワンマンツアー開催決定!
2018年3月にリリースされるNewアルバムを引っさげ、2018年のGWに豊永利行の東名阪ワンマンツアーの開催が決定!詳細は後日公式サイト&ツイッターなどでお知らせします!

関連リンク

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人