ベストアルバム『LIFE of DASH』リリース記念インタビューPart2 鈴木このみ×白戸佑輔 スペシャル対談

――白戸さんと畑さんのタッグということであれば「DAYS of DASH」もそうですし、このトライアングルは何か特別な曲が生まれる力があるのかもしれませんね。

白戸 畑さんのパワーが大きいので、畑さんさまさまって感じですけどね(笑)。

鈴木 本当にそこは大きいですよね。

――白戸さんとしても、鈴木さんの成長に伴って新たなやりがいが生まれてきてるのでは?

白戸 そうですね。ディレクションありきではなくて、これからはもっと自分で噛み砕いて曲を作っていけるんじゃないかなっていうのは期待してます。今作ってるアニメ『LOST SONG』のOPテーマ「歌えばそこに君がいるから」も歌入れのときに鈴木さんからけっこうアイデアが出てきて。そういう細かい歌い回しが最終的な仕上がりに影響しますからね。

鈴木 たぶん、大先輩の方とコラボで歌わせていただいた経験が大きいんだと思います。例えば奥井雅美さんや田村直美さんとコラボさせていただくときに、実際にレコーディングを見させていただいたんですけど、長く続けてらっしゃる方は自分で考えられる方なんだっていうことをすごく実感したんです。なおかつディレクションで指示されたことをうまく自分の色にして色づけされてるように感じたので、そういうのを間近で見られたことで自分のも取り入れていけたんだろうなって感じてます。

白戸 ベテランの人たちは完全に自分の表現を持ってるから、歌いにきて自分を置いてく感じがあるよね。田村さんのレコーディングのときは本当に鳥肌たったもん。

鈴木 その「真聖輝のメタモルフォシス」も白戸さんが作ってくださった曲でしたもんね。

――鈴木さんのキャリアの重要な曲には、たびたび白戸さんが関わってらっしゃいますね。

白戸 常に僕の影がチラついてるんで(笑)。

――ちなみに、白戸さん的にご自身の提供曲以外で「この曲は自分がやりたかった!」と思う曲はありますか?

白戸 「THERE IS A REASON」はアッ!て思いましたね。これは今までの流れのなかでアウトローじゃないですか。

鈴木 そうですね。だいぶ流れが変わった曲です。

白戸 この感じはやりたかったけどもうできない(笑)。それと「Absolute Soul」はいまだにムカついてますね。

鈴木 「Absolute Soul」はことあるごとに言われるから、何となくそうなのかなって思ってました(笑)。

白戸 僕はこの曲がすごい好きなんですよ。「Absolute Soul」はクリエイターから見てめちゃくちゃカッコイイ曲なんですよね。で、それを歌いこなせる人はなかなかいないんですけど、鈴木さんはそれを歌っちゃってるから〈いいなあ…〉と思ってしまうんです。

――そういう意味では、鈴木さんはクリエイター欲を刺激するシンガーでもあるんですね。

白戸 ホントにそうですね。歌えるから酷使しようっていうわけではないですけど、いろんな表現ができるんだろうなっていう意味で。でもこういうタイプの難曲はやりつくした感があるよね。

鈴木 今は一周回ってシンプルな曲をやってみたい気持ちはあります。例えばライブのセットリストを考えるときに、箸休めじゃないですけど、そういう曲が今後増えると、激しいタイプの曲がより活きていくるんじゃないかと思うので。

――なるほど。白戸さんは今後の鈴木さんの活動に対して、どのようなことを期待してますか?

白戸 今はアニソンを中心に歌ってますけど、「誰かのために歌う」っていう方向に向かってると思うので、今後はアニメと関係なくてもすごいと言われるようなものをバシッて出してもらえるとみんな感動するんじゃないかな。でも、すでにオリジナル曲は自分の言葉を持ってやってるので、たぶん遠からずそうなるんじゃないかなって思います。

――ある種、シンガー・ソングライター的な存在になってほしいと。

白戸 そうですね。今はまだ2、3曲しか世に出てないですけど、やっぱり自分で作ったほうがいいですよ。もちろん曲を提供できるのもうれしいんだけど。ただ、それを自由にコントロールできるかどうかは訓練が必要ですけどね。

鈴木 はい!

――せっかくの機会なので、鈴木さんから白戸さんへ曲作りについて何か聞きたいことはありますか?

鈴木 そうですねえ……どういうときに曲のメロディーが浮かんでくることが多いですか?白戸さんはランニングが趣味なので、やっぱり走ってるときに浮かぶのかなって思うんですけど。

白戸 そうだなあ……逆に鈴木さんはどういうときに浮かぶ?

鈴木 私は大体いつも買い物をしてるときにフッとサビの頭のところが浮かんだりするんですよ。それで恥ずかしいので電話してるふりをしながら鼻歌を録って、急いで家に帰ってギターのコードを付けながら歌って続きを作っていくんです。そのままイントロ部分までバババッて作っちゃってAメロ部分まで繋げるようにしてますね。

白戸 すごいね。僕の場合は作家なんで、とりあえず締め切りかな(笑)。でもこれがけっこう良くて、期限があるとやらなきゃいけないし、いいものを作らなきゃいけないプレッシャーもあるので、いいものが出てくることが多いんですよ。例えば10時までに曲を提出しなきゃいけないときに8時の時点で何もできてなくて、そこからどうするかみたいな感じだったり。

鈴木 ええ~!

白戸 そうするとけっこうそこからは瞬殺なんですよ。そういうときはピアノを弾きながら歌って作るかなあ。走りながらメロディが出るときもあるけど、忘れちゃうんだよね(笑)。

――自分を追い込むことが良い曲を生む秘訣なのかもしれないですね。

白戸 まさにそうかもしれないです(笑)。鈴木さんは締め切りとかもらうの?

鈴木 一応いただきます。『LOST SONG』の曲の作詞のときも、この3日間で仕上げてくださいっていう指定があって。でもアニサマが終わった直後で、それまでギターの練習を煮詰めてやってましたし、もう1曲自分のライブツアー用の曲の歌詞も直前まで考えて作ってたので、「絶対1日で終わらせて残りの2日間を確保してやる!」って思ってやったら1日で書けたのを覚えてます。だから意外とそういうのが大事なのかもしれないですね。

白戸 けっこう大事ですよ。みんなそうじゃないかなと思います。畑さんは別ですけど(笑)。

鈴木 対談のときも「歌詞で悩むときはどうするんですか?」って聞いたら「悩むことが無い」って言われてしまいましたから(笑)

白戸 めちゃくちゃすごいよね。自分もそんなこと言ってみてー(笑)。

――さて、この先も鈴木さんと白戸さんのご縁は続いていくことと思いますが、鈴木さん的には今後どういった曲を白戸さんに書いてもらいたいですか?

鈴木 白戸さんの曲はすごくポップな曲の場合も、ただ明るいだけじゃなくて切ない感じも入ったりしてて、そういう複雑な気持ちも込みでポップになってるのがすごく好きなんです。だからそういう曲をもっと歌いたいですね。やっぱり自分の今までの曲を並べたときに、カッコイイ感じの曲が多いなと思うので。

白戸 そうだね。

鈴木 あとは“白戸さんが考える未来の鈴木このみ像”みたいな曲も聴いてみたいですね。私の内面的なこともわかってくれているので、人生の先輩として“こういう人になってほしい”みたいなことを曲にしてほしいです。

白戸 おもしろいですね。さっと難題を突きつけられましたけど(笑)。

――でも、ずっとお仕事をご一緒されてますし、鈴木さんがこの先にやりたいビジョンを何となくは掴まれてるんじゃないですか?

白戸 疾走感のある曲ももちろんいいんですけど、落ち着いてじっくり聴かせるタイプの曲があまりないんですよね。それが絵として合うかはまだ未開拓な部分だと思うし。

鈴木 意外と未開拓なところがありますよね。

白戸 曲で言えば「Swallowtail Butterfly ~あいのうた~」みたいな、バラードではないけどそういう立ち位置で聴かせるような曲が1曲あったらおもしろいかなと思います。バラードはちゃんとあるので、その中間ぐらいの曲かな。

――また違った歌の表現力が出せそうですしね。

鈴木 ぜひやってみたいです!

白戸 でもけっこう難しいよ。そういう曲は上手く歌いすぎると逆に伝わらなかったりするからね。

鈴木 ハードルが高そうですね。

白戸 鈴木さんに合うかはまだわからないですけど、やってみていい感じになったらいいなと思いますね。まあどのタイミングでそういう曲を提案するかっていうこともあると思うので。「いまはそういうのはやりません」って言われたらそれで終わりですから(笑)。

鈴木 こちらからお願いしといて「ちょっといまの自分の曲ではないかもしれない」ってなったりして(笑)。でも、いつかよろしくお願いします!

Interview&Text By 北野 創
Photography By 山本哲也


●リリース情報
鈴木このみ ベストアルバム
『LIFE of DASH』
12月20日発売

品番:ZMCZ-11835
価格:¥3,000+税

<収録曲>
1. CHOIR JAIL (TVアニメ「黄昏乙女×アムネジア」OPテーマ)
作詞:畑亜貴 作曲:田代智一 編曲:田代智一、浦田尚克
2. DAYS of DASH (TVアニメ「さくら荘のペットな彼女」前期EDテーマ)
作詞:畑亜貴 作・編曲:白戸佑輔
3. 夢の続き(TVアニメ「TVアニメ「さくら荘のペットな彼女」後期OPテーマ)
作詞:Riryka 作曲:白戸佑輔 編曲:中村タイチ
4. 私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い(TVアニメ「私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い!」OPテーマ)/歌:鈴木このみn’ キバオブアキバ
作詞・作・編曲・演奏:キバオブアキバ
5. AVENGE WORLD(TVアニメ「フリージングヴァイブレーション」OPテーマ)
作詞:畑亜貴 作・編曲:囚人
6. 世界は疵を抱きしめる(TVアニメ「フリージングヴァイブレーション」EDテーマ)
作詞:畑亜貴 作・編曲:囚人
7. This game (TVアニメ「ノーゲーム・ノーライフ」OPテーマ)
作詞:深青結希 作曲:若林充 編曲:eba
8. 銀閃の風(TVアニメ「魔弾の王と戦姫」OPテーマ)
作詞:坂井竜二 作・編曲:鈴木ヤスヨシ
9. Absolute Soul(TVアニメ「アブソリュート・デュオ」OPテーマ)
作詞:坂井竜二 作曲:若林充 編曲:村井大
10. Beat your Heart(TVアニメ「ブブキ・ブランキ」OPテーマ)
作詞:松浦勇気、AIJ  作曲:松浦勇気 編曲:宮崎誠
11. Redo(TVアニメ「Re:ゼロから始める異世界生活」OPテーマ)
作詞:ミズノゲンキ 作・編曲:宮崎誠
12. Love is MY RAIL –runnning start– (TVアニメ「アンジュ・ヴィエルジュ」OPテーマ)
作詞:畑亜貴 作・編曲:白戸佑輔
13. カオスシンドローム(TVアニメ「カオスチャイルド」EDテーマ)
作詞・作曲:志倉千代丸 編曲:悠木真一
14. Blow out (TVアニメ「ロクでなし魔術講師と禁忌教典」OPテーマ)
作詞・作曲:ヒゲドライバー 編曲:ゆよゆっぺ
15. THERE IS A REASON(劇場版「ノーゲーム・ノーライフゼロ」主題歌)
作詞:岩里祐穂 作曲:ヒゲドライバー 編曲:宮崎誠
16. 夢へ繋ぐ今(新曲)
作詞・作曲:鈴木このみ 編曲:白戸佑輔

●ライブ情報
“鈴木このみCOUNTDOWN LIVE 2017~2018”
2017年12月31日(日) 開場 22:00/開演 22:30
会場:東京・ディファ有明
チケット:全席指定¥5,400(税込、ドリンク代別)

●イベント情報
鈴木このみベストアルバム「LIFE of DASH」発売記念イベント
①2017年12月16日(土)
開場12:30~ 開演13:00~ 終了14:00(予定)
会場:アニメイト池袋本店
内容:トークショー&ミニライブ&サイン会

②2017年12月23日(土)
開場12:30~ 開演13:00~ 終了14:00(予定)
会場:ゲーマーズなんば店
内容:トークショー&ミニライブ&サイン会

③2017年12月24日(日)
開場12:30~ 開演13:00~ 終了14:00(予定)
会場;アニメイト名古屋店<名古屋>第3太閤ビル
内容:トークショー&ミニライブ&サイン会

④2018年1月13日(土)
開場18:30~ 開演19:00~ 終了20:00(予定)
会場:AKIHABARAゲーマーズ本店
内容:トークショー&ミニライブ&サイン会

関連リンク

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人