妄想キャリブレーションの妄想アニメ部 ~部員募集中っ♪~【第3回:星野にぁ編】

連載第3回に登場するのは、星野にぁ。先日最終回を迎えた『冴えない彼女の育てかた♭(以下:冴えカノ)』への愛をアツく語ってくれた。また、アニメが大好きなうえにアイドルにも憧れ続けた彼女は、実はデザイナーを志して美大に入学した過去も。そんな彼女が胸に抱く、これからの仕事でやっていきたいことと、密かな野望とは……?

大好きな『冴えカノ』で改めて感じた、アニソンのすごさ

――そもそもアニメを好きになったのは、いつ頃ですか?

星野にぁ 小学校高学年の頃ですかね? 2歳上のいとこのお姉ちゃんがいるんですけど、そのいとこの家族もみんなオタクで、洗礼を受けまして(笑)。『NARUTO-ナルト-』を「面白いよ」って教えてもらったところからハマっていきました。今は日常系とかラブコメのほうが好きなんですけどね。ただ、(出身の)宮崎には民放が2局しかないのでアニメをほとんどやってなくて、地元にいた頃はほとんどレンタルDVDでアニメを観ていたんです。なのでほかの地域よりも観れるのが何ヵ月も遅くて! 当時チャットとかで話についていけないのがホントに悔しくて、いつも新作で借りて観てました。

――上京してから観た作品も結構あります?

星野 あります。今も動画配信サービスで昔の作品をたくさん観ていて、配信サービスには3~4つ入ってますね。だから最近は、リアタイで全部観れたアニメは『冴えカノ』ぐらいで、ほかは配信で観てるほうが多いと思います。10秒巻き戻せたりする機能とかも、すごくいいですし(笑)。

――その『冴えカノ』ですが、先日無事最終回も放送されました。

星野 いやぁ……神でしたね。ひいき目なしに今期いちばんだなってずっと思ってて。2期ということもあって、1話からキャラ一人ひとりの深い部分にスポットを当ててくれたおかげでそれぞれのキャラをすごく好きになれて。元々私は(澤村・スペンサー・)英梨々推しだったんですけど、(霧ヶ丘)詩羽先輩に押し増ししたんです。ライバルでありパートナーであり、いちファンでもあるふたりの関係性がすごくいいなって思って……特に10話でふたりが成長していくシーンなんて、めっちゃ泣きましたもん! 英梨々が(波島)伊織にすごいボロクソ言われて「ムカツク!」ってちゃんと成長したのもすごく感動したし、詩羽先輩の、いちファンとしてスランプを抜け出してほしいっていう気持ちもすごく伝わってきたし……ふたりが抱き合ったシーンなんて、そのふたりを「よく頑張ったね!」って抱きしめたくなりました(笑)。

――その最終話では、EDテーマの最終候補まで残った「青春プロローグ」も流れましたね。

星野 あれズルいですよね!? 事前に映像をいただいてはいたんですけど、絶対リアタイでみんなと同じ気持ちで観たいじゃないですか? ちゃんとテレビから流れてる感覚は大切にしたいなと思って、リアタイで観たら……もう、バーッて泣いて。

――2曲とも、ストーリーが進むにつれてさらに作品にマッチしていきましたね。

星野 そうですね。自画自賛になってしまうんですけど……10話は(加藤)恵が坂道で「デート、してみよ?」っていうシーンで終わるじゃないですか? 「桜色ダイアリー」のDメロに“この先 立ち止まったら 始まりのあのシーンを”っていう歌詞があるんですけど、そこで「“『冴えカノ』の歌”になったんだなぁ」って思えたのがすごくうれしかったです。もちろん『冴えカノ』のために沢井(美空)さんと一緒に書いた曲ではあるんですけど、こんなにピッタリくるとは思ってなくて……「アニソンってすごいな」って感動しました。自分の歌なのに(笑)。

――ちなみに、そのほかの作品で印象深かったものを挙げるなら?

星野 そうですね……さっき言ったふたつ上のお姉ちゃんが、『NARUTO』と同時にBLとか二次創作も教えてくれたことですかね(笑)。すごく衝撃的で、中学生の頃には自分でもよく描いてました。

――百合モノもお好きとお聞きしたのですが。

星野 大好きです! 私『ゆるゆり』が好きなんですけど、最初は『らき☆すた』と同じような普通の日常系だと思ってたんですよ。でも百合を知ってからそのフィルターを通して観ると……いいですよね(笑)。あとは『青い花』みたいに奥ゆかしかったり、“好きすぎて監禁しちゃう”みたいなドロドロのやつが(笑)。『ストロベリー・パニック』みたいなお嬢様学園モノもいいですね。ああいうところに透明人間になって入り込みたいって、ずっと昔から思ってるんですよ。

――技術が進んでいったら、VRとかで再現できそうですね。

星野 えー、最高!(笑)。自分が『冴えカノ』カフェのときに撮られる側になったことはあるんですけど、観る側になったらどうなっちゃうんだろう……?

アニメもアイドルも好きだからこそ、両方の良さを伝えたい

――ところで、星野さんはアニメのほかにアイドルもお好きだとのことで。

星野 大好きです。それこそ物心ついたときから本当に大好きで、モーニング娘。さんとかだったら、1999年ぐらいからずっと見てます。なので小さい頃は曲をカセットテープに録音して、ドライブに行くときにかけてもらってずっと歌ってました。中学校の頃にアニメにハマってから高校ぐらいまでは一時期離れていたんですけど、でもずっと好きですね。

――それで、まず地元でアイドル活動をされて。

星野 そうなんです。高1のときに、当時高校生の間で流行ってたブログの宮崎県のランキングをたまたま見て、上位に「2日後ぐらいに、ローカル・アイドルとして私ステージに立ちます」みたいなブログを偶然見つけて、観に行ったんです。それが、私が初めて生で観るアイドルだったんです。そのとき観た子たちはまだ振付もバラバラだったんですけど、私には一人ひとりの頑張りが輝いて見えて、すごく心を動かされたんです。それで家に帰ってそのグループの2期メンバーに応募して、次のステージには一緒に立っていました。

――やっぱり生で観るのって、頑張ってる温度感が伝わってくるから違いますよね。

星野 全然違います。熱とか愛を持ってやってることってこんなに人の心を動かせるんだなっていうのを初めて感じて、漠然とじゃなく「ああいうふうになりたいな」って思ったんですよ。

――そんなアイドルも好きな星野さんからすると、アイドル・アニメってどんなふうに見えるんでしょうか?

星野 やっぱり、すごく感情移入しちゃいます。私『アイドルマスター シンデレラガールズ』の2クール目の中盤で(島村)卯月がだんだん落ちていくところから、つらすぎて観れなくなったんですよ。その苦悩とかつらさも普通の人よりわかるから、キャラが好きだからこそ感情移入しすぎちゃって。特に『アイマス』は765プロのほうも結構リアルな部分が多いので、つらいです(笑)。ここ最近になってようやく終盤を観れるようになったんですけど、そういうふうに感情移入しちゃう作品はいくつもありますね。

――ほかの作品よりも、深く感情移入してしまう。

星野 そうなんですよ。わかっちゃうし、助けてあげたい(笑)。

――そんなアニメには、やっぱりもっと関わっていきたいですか?

星野 はい。関わりたいです!

――妄キャリとしてアニソンを歌うのはもちろん、美大に通われていた経験を活かして、キャラクター・デザインとかもできるんじゃないかな? なんて思ったのですが。

星野 うれしい! 私最近、ファッションも好きでSNSで「#にぁコレ」っていうタグでコーデをUPしてるんですけど、いちいちそのコーデのキャラを考えてるんですよ。そういうキャラを自分の中で作るのは好きだし、今までずっと観てきたアニメの知識があるのでそういうのを自然と考えられるというか……だから、キャラとかを自分で作ってみたいです。

――なんだか、デザインだけじゃなくてコンセプトから入れそうですね。

星野 そうですかね(笑)。昔“なりきりチャット”でオリキャラ同士で会話をするとかずっとやってたので……いつか世に出してあげたいです。それで妄キャリでオープニングを歌えたら、万々歳ですね(笑)。

――夢が広がりますね(笑)。

星野 でも、そうじゃなくても今、(桜野)羽咲と一緒にやってる「#コレしご」っていう配信番組で、アニメについて話をしたりアニソン・シンガーの方をゲストに呼んでトークをしてる瞬間もすごく幸せで。「こういう仕事を、ずっとしたかったんだろうな」って自分でも思うんですよ。ただそれを「楽しい」とか「幸せだな」って思うだけじゃなくて、自分はアニメもアイドルも好きだからこそ、その両方の良さをちゃんと伝えられるようになりたいなぁって最近思ってます。

――両方の良さを知っているからこそ、伝えられるものは絶対にあると思います。

星野 そういう“私にしかできないこと”をしなきゃな、ってすごく思うんですよね。この間の“冴えない歌姫のスペシャルライブ♭”で、恵役の安野(希世乃)さんがアイドル用語の“レス”っていうのを覚えてくださったのがすごくうれしかったんですよ。逆に、星野を推してくれるファンの方ってアニメを観ない方のほうが多いんですけど、そういう人が「妄キャリがエンディングを歌ってくれることで、『冴えカノ』っていう素敵なアニメに出会えた」みたいに言ってくれると……もうたまらんうれしくて! 改めてアニメのすごさを知ることもできましたし、言葉じゃなくても伝えられるんだなって思いましたね。

――では最後に改めて、ここまでお伺いしたからこそ伝えられるような、ご自身のアピールポイントを教えてください!

星野 好きだからこそ、人の心を動かせるっていうところですね。ファンの方から「ライブの姿から、“アイドル”が本当に好きでやってるのがすごく伝わってくるよ」って言ってもらえることがすごく多くて、最近は私推しじゃない方もそう言ってくれるんですよ。それってアイドルが好きでアイドルになりたくて、この仕事が本当に何よりも好きだからこそ自然に出ちゃうものだと思うので……そこがいちばんの、私の強みだと思います。

――それに、アイドルもアニメも両方好きだからこそ、受け手側と同じ目線で発信できるものがあると思いますし。

星野 そうですね。それに、最近アイドルが好きでアイドルになってる女の子って結構多いとは思うんですけど、そことは違う“星野にぁ”っていうジャンルというかキャラクターみたいなものを確実に作れたらな、って思います。好きでいれば人の心を動かすことができると思うので、それを私は、アイドルが好きだからこそ体現していきたいですね。

Inteview&Text By 須永兼次
Phtography By 山本哲也

【第4回:桜野羽咲編】は8月20日(日)公開予定!次回もお楽しみに!!


●リリース情報
5thシングル
「桜色ダイアリー」
発売中

【初回生産限定盤(CD+DVD)】

品番:SRCL-9414~9415
価格:¥1,574+税
<CD>
M1. 桜色ダイアリー
M2. 青春プロローグ
M3. PINKY☆STAR
ニァピン<藤咲彩音(でんぱ組.inc)×星野にぁ(妄想キャリブレーション)>
M4. 桜色ダイアリー -Instrumental-
M5. 青春プロローグ -Instrumental-
M6. PINKY☆STAR -Instrumental-
<DVD>
「桜色ダイアリー」-Music Video-
「桜色ダイアリー」-Music Video Making-

【通常盤(CD Only)】

品番:SRCL-9416
価格:¥1,204+税
<CD>
M1. 桜色ダイアリー
M2. 青春プロローグ
M3. 桜色ダイアリー -Instrumental-
M4. 青春プロローグ -Instrumental-

【アニメ盤<期間生産限定盤>(CD+DVD)】

品番:SRCL-9417~9418
価格:¥1,574+税
※CDジャケット:「冴えない彼女の育てかた♭」アニメ絵柄描き下ろしイラスト
<CD>
M1. 桜色ダイアリー
M2. 青春プロローグ
M3. スバラシキセカイ
LAVILITH<相沢梨紗(でんぱ組.inc)×桜野羽咲(妄想キャリブレーション)>
M4. 桜色ダイアリー -Instrumental-
M5. 青春プロローグ -Instrumental-
M6. スバラシキセカイ -Instrumental-
<DVD>
「桜色ダイアリー」-Music Video-
「冴えない彼女の育てかた♭」ED映像(ノンクレジットver.)

(C) 2017 丸戸史明・深崎暮人・KADOKAWA ファンタジア文庫刊/冴えない♭な製作委員会

●ライブ情報
“47都道府県ツアー ~大声出そうぜ。MOSO MAX~”
※スケジュール等の詳細は公式サイトにて随時更新中!

8/12 Sat 大分Drum Be-0  open 15:30 / start 16:00 ¥4,860(D代別)
8/13 Sun 宮崎SR BOX  open 15:30 / start 16:00 ¥4,860(D代別)
8/14 Mon 鹿児島SR HALL  open 18:30 / start 19:00 ¥4,860(D代別)
8/15 Tue熊本DRUM Be-9 V2  open 18:30 / start 19:00 ¥4,860(D代別)
8/19 Sat前橋DYVER  open 15:30 / start 16:00  ¥4,860(D代別)
8/20 Sun Live House 柳都SHOW! CASE!!  open 15:30 / start 16:00 ¥4,860(D代別)
9/8 Fri 高知Bay 5 square box  open 18:30 / start 19:00 ¥4,860(D代別)
9/9 Sat 松山KITTY HALL ※全自由席  open 15:30 / start 16:00 ¥4,860(D代別)
9/29 Fri 奈良NEVER LAND  open 18:30 / start 19:00 ¥4,860(D代別)
9/30 Sat 和歌山SHELTER  open 15:30 / start 16:00 ¥4,860(D代別)
10/6 Fri 千葉STARNITE  open 18:30 / start 19:00 ¥4,860(D代別)
10/7 Sat つくばBAR PARKDINER  open 15:30 / start 16:00 ¥4,860(D代別)
10/21 Sat SUSUKINO810  open 15:30 / start 16:00 ¥4,860(D代別)
10/27 Fri 青森QUARTER  open 18:30 / start 19:00 ¥4,860(D代別)
10/28 Sat 酒田HOPE  open 15:30 / start 16:00 ¥4,860(D代別)
10/29 Sun 盛岡Club Change  open 15:30 / start 16:00 ¥4,860(D代別

関連リンク

この記事を書いた人