TVアニメ『クラシカロイド』クラシック集 第3弾の収録曲とジャケット公開!ボーナスディスクに、フルヴェン・バイロイトの第九名盤まるまる1枚!

いよいよ最終回に向けて佳境!NHK Eテレにて放送中のTVアニメ『クラシカロイド』。
12月の発売以来、クラシック音楽チャートをにぎわし続ける、アニメの劇中曲のオリジナルクラシック楽曲を収録したアルバムも第三弾。

その「“ClassicaLoid” presents ORIGINAL CLASSICAL MUSIC No.3 アニメ『クラシカロイド』で“ムジーク”となった『クラシック音楽』を原曲で聴いてみる 第三集-」のジャケットを公開!!

毎回描き下ろしのキャラクターイラストがジャケットを飾るこのシリーズだが、今回は、『チャイコ』と『パダ』の、『CLASKEY:KLASKY(クラスキークラスキー、略して『クラクラ』)をフィーチャー!かなり象徴的なジャケットになっている。

同時に公開された、収録楽曲も、クラシック音楽といえばこれ!!
アニメ最終回を飾るベートーヴェンの「第九」交響曲第四楽章を、日本を代表する指揮者、佐渡裕指揮、新日本フィルの熱き演奏で収録。

さらには、クラシックファンなら誰もが一度は通る道、フルトヴェングラー指揮、バイロイト祝祭管弦楽団&合唱団の「第九」交響曲全楽章をボーナスディスクとして、完全収録。
1951年のモノラル録音ながら世紀の名演奏と言われるこの演奏を2010年にリマスタリングした名盤である。

「《第九》の終楽章は、それまでの3つの楽章を否定するところから始まり。だからぜひ第1楽章から通して聴いていただきたく、全楽章のCDを付けました。」(ライナーノーツより)と、「クラシカロイド」がクラシック音楽を聴くきっかけとなったファンへの大きな提案となっている。

また、新録音も充実。Vol.2に引き続き、ピアニスト小林愛実による「エリーゼのために」を。さらに、チェリスト横坂源が、バッハの無伴奏チェロ組曲 第1番「プレリュード」をこのCDのために演奏、収録。

レガシーから、フレッシュな現在のアーティストまで、クラシック音楽がまさに生き続けていることをその演奏で証明する。

まだまだクラシック音楽の可能性を広げる本シリーズ、見逃せない。


●リリース情報
“ClassicaLoid” presents ORIGINAL CLASSICAL MUSIC No.3
『-アニメ『クラシカロイド』で“ムジーク”となった『クラシック音楽』を原曲で聴いてみる 第三集-』
4月26日発売

品番:WPCS-13659/60
価格:¥2,750+税

<DISC 1>
1. モーツァルト:交響曲 第25番 ト短調 K.183 第1楽章:アレグロ・コン・ブリオ
MOZART:SYMPHONY NO.25 IN G MINOR K.183 I. ALLEGRO CON BRIO
オットー・クレンペラー(指揮)/フィルハーモニア管弦楽団
OTTO KLEMPERER/PHILHARMONIA ORCHESTRA

2. チャイコフスキー:白鳥の湖 第2幕 第11番 情景
TCHAIKOVSKY:SWAN LAKE, OP.20, ACT II:NO.11 SCENE(ALLEGRO MODERATO – ALLEGRO VIVO)
アンドレ・プレヴィン(指揮)/ロンドン交響楽団
ANDRE PREVIN/LONDON SYMPHONY ORCHESTRA

3. シューベルト:魔王 D.328
SCHUBERT:ERLKONIG, D.328
イアン・ボストリッジ(テノール)/ジュリアス・ドレイク(ピアノ)
IAN BOSTRIDGE(Tenor)/JULIUS DRAKE(Piano)

4. J.S.バッハ:無伴奏チェロ組曲 第1番 BWV1007 「プレリュード」
J.S.BACH:CELLO SUITE NO.1 BWV1007 – PRELUDE
横坂 源(チェロ)
GEN YOKOSAKA(Cello)

5. ベートーヴェン:エリーゼのために
BEETHOVEN:FUR ELISE
小林愛実(ピアノ)
AIMI KOBAYASHI(Piano)

6. J.S.バッハ:ブランデンブルク協奏曲 第2番 ヘ長調 BWV1047 第1楽章:アレグロ
J.S.BACH:BRANDENBURG CONCERTO NO.2 IN F MAJOR BWV1047:I. ALLEGRO
モーリス・アンドレ(トランペット)/ジャン=フランソワ・パイヤール(指揮)/パイヤール室内管弦楽団
MAURICE ANDRE(Trumpet)/JEAN-FRANCOIS PAILLARD/CHAMBRE DE ORCHESTRE JEAN-FRANCOIS PAILLARD

7. モーツァルト:歌劇 「魔笛」 K.620 第2幕 第8場より 「復讐の炎は地獄のように私の心に燃え」
MOZART:DIE ZAUBERFLOTE, K.620, ACT II SCENE 8:NO.14, ARIE, “DER HOLLE RACHE KOCHT IN MEINEM HERZEN”
ルチア・ポップ(ソプラノ)/オットー・クレンペラー(指揮)/フィルハーモニア管弦楽団
LUCIA POPP(Soprano)/OTTO KLEMPERER/PHILHARMONIA ORCHESTRA

8. ベートーヴェン:交響曲 第9番 ニ短調 作品125 「合唱」 第4楽章 フィナーレ(プレスト~アレグロ・アッサイ)
BEETHOVEN:SYMPHONY NO.9 IN D MINOR OP.125 “CHORAL” Ⅳ. FINALE:PRESTO – ALLEGRO ASSAI
佐渡 裕(指揮)/新日本フィルハーモニー交響楽団/リッツィ大岩千穂(ソプラノ)/坂本 朱(メゾ・ソプラノ)/吉田浩之(テノール)/福島明也(バス)/栗友会・その他合唱有志
YUTAKA SADO/NEW JAPAN PHILHARMONIC/CHIHO ‘OIWA’ RIZZI(Soprano)/AKEMI SAKAMOTO(Mezzo Soprano)/HIROYUKI YOSHIDA(Tenor)/AKIYA FUKUSHIMA(Bass)/RITSUYU-KAI CHOIR AND VOLUNTARY CHOIR

<DISC 2(ボーナス・ディスク)>
ベートーヴェン:交響曲 第9番 ニ短調 作品125 「合唱」
BEETHOVEN:SYMPHONY NO.9 IN D MINOR OP.125 “CHORAL”
1. 第1楽章:アレグロ・マ・ノン・トロッポ、ウン・ポコ・マエストーソ
I. ALLEGRO MA NON TROPPO, UN POCO MAESTOSO
2. 第2楽章:モルト・ヴィヴァーチェ
II. MOLTO VIVACE
3. 第3楽章:アダージョ・モルト・エ・カンタービレ
III. ADAGIO MOLTO E CANTABILE
4. 第4楽章:フィナーレ(プレスト~アレグロ・アッサイ)
IV. FINALE:PRESTO – ALLEGRO ASSAI
ヴィルヘルム・フルトヴェングラー(指揮)/バイロイト祝祭管弦楽団&合唱団/エリーザベト・シュヴァルツコップ(ソプラノ)/エリーザベト・ヘンゲン(アルト)/ハンス・ホップ(テノール)/オットー・エーデルマン(バス)
WILHELM FURTWANGLER/CHOR UND ORCHESTER DER BAYREUTHER FESTSPIELE/ELISABETH SCHWARZKOPF(Soprano)/ELISABETH HONGEN(Alto)/HANS HOPF(Tenor)/OTTO EDELMANN(Bass)

<横坂 源 プロフィール>

1986年生まれ。2002年、全日本ビバホール・チェロコンクールでの最年少優勝(15歳)。2005年、第15回出光音楽賞、2008年第7回齋藤秀雄メモリアル基金賞を受賞。2009年には全ドイツ学生音楽コンクール 室内楽部門で第1位を、2010年には第59回ミュンヘン国際音楽コンクール・チェロ部門で第2位を受賞し、国際的なチェリストとしてのキャリアを本格化させる。ドイツ・シュトゥットガルトで、ジャン・ギアン=ケラスに師事。

関連リンク

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人