『傷物語』3部作ついに完結!阿良々木暦役・神谷浩史&キスショット・アセロラオリオン・ハートアンダーブレード役・坂本真綾スペシャル・インタビュー!

劇場版アニメ3部作として制作された、「〈物語〉シリーズ」の原点ともいえる『傷物語』。その最終章「冷血篇」がついに公開された。阿良々木暦役の神谷浩史とキスショット・アセロラオリオン・ハートアンダーブレード役の坂本真綾に、本作への想いと意気込みを聞いた。

――「冷血篇」のアフレコに臨むにあたってどんなことを考えられましたか?

神谷浩史 取り立てて今までの〈物語〉シリーズと何かが変わるわけではないんですけど、そうはいっても『傷物語』の最後ですからね。『傷物語』の「Ⅰ」が上映されたときには「声優をやってて良かったな」って思えたので、「冷血篇」が完成した暁にはもう一回そういった気持ちになれるように頑張らなきゃ、という気持ちはありました。

坂本真綾 〈物語〉シリーズには今までもいろいろ出演してきましたけど、「傷物語」は何年も前に、この作品の台詞で役のオーディションを受けた作品なんです。つまり、私にとっては役との出会いの話で、遂にそれが完結するというのは、すごく感慨深かったです。いつもとは違う完結に向かうんだな、というような想いがありましたね。

――「冷血篇」について、神谷さんがお薦めするキスショットの見所と、逆に坂本さんがお薦めする暦の見所を教えてください。

神谷 そうですね……「鉄血篇」のときに、キスショットの「本気の命乞い」というのがあって、そこからこの物語は始まりました。それが今回の物語の最後を締めるにあたって、一転して全く違うことを言い始める。そのあたりは、見所のひとつなんじゃないかと思いますね。というか、そこしかない?(笑)

坂本 ええっ、そこだけ?(笑)

神谷 そんなことはないか(笑)。でもひとつ決めろって言われたら、やっぱりそこじゃないかな。『傷物語』として、お話を繋がって観たときに、スタートしたところからここまで気持ちが変わっていくんだな、と。そこを変えた暦という存在の大きさも気になりますし。

坂本 暦の見所は……アフレコのときは、私と神谷さんのシーンは一緒に録ってるんですけど、暦と羽川がふたりで話してるシーンには私は立ち会ってないんです。なので、その辺がどんなふうに声がついて完成していくのかなっていうのは、見所というか、個人的に楽しみです。キスショットと対峙してるときとは全然違う雰囲気にシーン全体がなるので。それと、ラストシーンですかね。

神谷 ラストシーンは〈物語〉シリーズっぽいもんね。

坂本 うん、繋がる感じがありますね。他の〈物語〉シリーズに。

――〈物語〉シリーズをまだ見たことがない人もいると思うのですが、あらためておふたりの考えるシリーズ全体の魅力と、また〈物語〉シリーズの中での『傷物語』という作品の位置をお聞きかせいただけますか。

坂本 『傷物語』はお話としてシリーズの「エピソード0」に当たるので、もし〈物語〉シリーズはどれから見ればいいんだろう? と思っている人がいたら、今がチャンスですよ。『傷物語』から入るというのは、ひとつの良いきっかけになると思います。もちろん楽しみ方として、他のシリーズを観てから最後に『傷物語』に行き着く見方でもいいんですけど。何しろ、特に私は自分の演じている役がフィーチャーされている話だから、特別思い入れもあって。ただ、他のストーリーを観るうえでも、たぶん『傷物語』を知っている方がより楽しめるとは思いますね。

170211-039

――シリーズ全体の魅力というのは?

坂本 実は私も半分くらいはわかってないと思います(笑)。観る人によってぜんぜん違うんですよね。演じる前は「コアな作品なのかな?」と思っていたんですけど、「普段はアニメとか全然見ないのに、〈物語〉シリーズだけは見ちゃうんだよね」なんていう知り合いもいて。間口が広いというか、いろんな年齢層の、いろいろな人のツボに刺さるんだなって。実際、私もアフレコしてるときは、「?」と思うことも多かったんですけど、出来上がった映像を観るとすごくポップなんですよね。概念的なものを映像化していく部分で、実験的なことをされているところを観るのが面白くて。だから、人によって何をこの作品に求めてるのか、実は全然違うんじゃないかな。むしろ、そういう、自分が求める何かを見つけてほしいなと思います。

神谷 僕もこの作品の魅力ってよくわからないんですけど(笑)。

坂本 そうだったんだ!?(笑)

神谷 だけど事実として、非常に多くの人に受け入れられている。原作者の西尾維新先生もそうですよね。とんでもないハイペースで濃密な作品を書き続けていて、それがどれも人気を集めている。西尾先生という才能の塊のような人の生み出した作品を、いちばんいい形で映像化したのが、この〈物語〉シリーズという映像作品なんだと思います。基本的に原作から一語一句変えずに映像化するという、すごいこだわりで作られてるんですね。それは、西尾先生の文字に魅力があるからだと思うんです。そして、それが皆さんに受け入れられてるってことは、方法として正しかったんだって思うんですよね。なので、具体的な魅力は分かりませんけど、売れてる作品であることは間違いないと。で、今回の『傷物語』は、真綾ちゃんもいうように「エピソード0」に当たる部分なので、これを見てから80話を超える話数が作られているシリーズを順番に楽しんでもらえたら、それだけの楽しみの時間を提供できると、自信を持って言えますね。

――最後に、これからご覧になるみなさまへのメッセージを。

坂本 劇場で観るためにつくられたシリーズなので、ぜひ劇場で観てください!

神谷 僕も同じですね。ぜひ劇場に足を運んで観ていただきたい作品です。劇場っていうのはその作品を楽しむためだけに創られた贅沢な空間で、その贅沢な空間で鑑賞するに耐えうる作品になってると思います。僕もこれを観て「声優やっててよかった」と感じたいと思って演じた作品なので、それを確認しに劇場に足を運ぼうと思っています。

Photography By 小賀康子
Interview&Text By 前田 久


●作品情報
『傷物語〈Ⅲ冷血篇〉』
公開中
170121-003

【スタッフ】
原作:西尾維新「傷物語」(講談社BOX)
総監督:新房昭之
監督:尾石達也
キャラクターデザイン:渡辺明夫 守岡英行
音響監督:鶴岡陽太
音楽:神前 暁
アニメーション制作:シャフト
製作:アニプレックス 講談社 シャフト

【キャスト】
阿良々木暦:神谷浩史
キスショット・アセロラオリオン・ハートアンダーブレード:坂本真綾
羽川翼:堀江由衣
忍野メメ:櫻井孝宏

(C)西尾維新/講談社・アニプレックス・シャフト

関連リンク

『傷物語』公式サイト

この記事を書いた人