アニメ『鬼灯の冷徹』新プロジェクト始動!イベント追加情報&新キャスト発表!

シリーズ累計発行部数1,000万部を突破し、『モーニング』(講談社)で大ヒット連載中の「鬼灯の冷徹」。2014年1月にTVアニメの放送がスタートし、その後もさらなる映像化を希望する多くの声に応え、OAD(オリジナルアニメーションDVD)の制作が決定。
地獄を舞台に、閻魔大王第一補佐官である鬼灯を中心とした様々なキャラクターたちのあふれる個性や、彼らの日常をコメディ感たっぷりに描くその内容が大きな反響を呼び、幅広い層のファンを獲得してきた人気作だ。

TVアニメの放送から約3年、昨年アニメ『鬼灯の冷徹』の新プロジェクト始動が発表された。新プロジェクト第1弾として、ファン待望の新作OAD(オリジナルアニメーションDVD)の制作が決定。陣容を新たに実力派スタッフ陣が集結し、再びアニメ『鬼灯の冷徹』の地獄の世界を彩る。

新プロジェクトの第2弾として、2017年3月11日にTOHOシネマズ六本木ヒルズにてアニメ『鬼灯の冷徹』イベント“地獄の大鑑賞会in六本木”の開催が決定。
そしてこの度、本イベントのライブ・ビューイング詳細情報が発表された。全国15劇場にて、イベントの様子を生中継。

さらに、主人公鬼灯役・安元洋貴、閻魔大王役の長嶝高士に加え、小林由美子(シロ役)、遊佐浩二(白澤役)の出演が決定した。豪華キャストによるトークに加え、2017年3月23日(木)発売の単行本24巻限定版に付属予定の新作OADの先行上映を予定している。

さらに、イベント当日には新プロジェクトの第3弾企画の発表も予定している。是非全国の「鬼灯の冷徹」ファンの皆さんと一緒に、楽しい地獄を存分に味わおう。

そして、新作OADの新キャストもあわせて発表。ポチ役に宮田幸季、花咲爺さん役に西村知道、そして金太郎役を羽多野渉が担当する。新キャストも追加となり、さらにパワーアップしたアニメ『鬼灯の冷徹』からますます目が離せない!


●イベント情報
アニメ『鬼灯の冷徹』“地獄の大鑑賞会in六本木”
全国15館にてライブ・ビューイング開催決定!
3月11日(土) 開演 17:00 TOHOシネマズ六本木ヒルズ

出演者:安元洋貴(鬼灯役)、長嶝高士(閻魔大王役)、小林由美子(シロ役)、遊佐浩二(白澤役)
内容(予定):OAD先行上映、キャストトーク他
※出演者は予告なく変更となる場合がございます。

【ライブ・ビューイング会場】
<北海道>ユナイテッド・シネマ札幌
<宮城県>TOHOシネマズ 仙台
<東京都>TOHOシネマズ 日本橋 / TOHOシネマズ 錦糸町 / 新宿バルト9 / 新宿ピカデリー
<神奈川県> 横浜ブルク13 / 川崎チネチッタ
<埼玉県>ユナイテッド・シネマ浦和
<愛知県>ミッドランドスクエア シネマ / TOHOシネマズ 名古屋ベイシティ
<大阪府>大阪ステーションシティシネマ / TOHOシネマズ なんば
<岡山県>TOHOシネマズ 岡南
<福岡県>T・ジョイ博多
※開場時間は映画館によって異なります。

チケット料金:¥3,300(税込/全席指定)
※3歳以上有料/3歳未満で座席が必要な場合は有料となります。

チケットお申込み
【一次プレオーダー】1月25日(水) 18:00~2月7日(火) 12:00
【二次プレオーダー】2月11日(土) 12:00~2月19日(日) 23:59
【一般発売】2月25日(土) 18:00~3月10日(金) 12:00

イープラス (PC、モバイル共通)
・ファミリーマート店内の端末「Famiポート」(一般発売のみ)

詳細は公式HPをご確認ください!

●作品情報
アニメ『鬼灯の冷徹』
news-1701252300-c003

<INTRODUCTION>
これは地獄のお話。戦後の人口爆発、悪霊の凶暴化、地獄に亡者があふれかえった今日、人手不足に喘ぐ地獄は前代未聞の混乱を極めていた。そんな中、あたふたする閻魔大王に代わって、さまざまな問題の後始末をする陰の傑物が。彼の名は閻魔大王の第一補佐官・鬼灯。亡者から仕事をサボる閻魔大王まで容赦なく呵責する鬼灯の、忙しくも案外楽しげな地獄の毎日が今ここに登場!

【STAFF】
原作:江口夏実(講談社「モーニング」連載)
総監督:鏑木ひろ
監督:米田和弘
脚本:後藤みどり
アニメーション制作:スタジオディーン

【キャスト】
鬼灯:安元洋貴
閻魔大王:長嶝高士
桃太郎:平川大輔
シロ:小林由美子
柿助:後藤ヒロキ
ルリオ:松山鷹志
唐瓜:柿原徹也
茄子:青山桐子
お香:喜多村英梨
白澤:遊佐浩二
座敷童子・一子:佐藤聡美
座敷童子・二子:小倉 唯
ポチ:宮田幸季
花咲爺:西村知道
金太郎:羽多野 渉

Ⓒ江口夏実・講談社/鬼灯の冷徹製作委員会
Ⓒ江口夏実・講談社/鬼灯の冷徹OAD製作委員会

関連リンク

この記事を書いた人