花澤香菜 4thアルバム『Opportunity』2017年2月22日発売決定!なんとシンプリー・レッドのミック・ハックネルが楽曲提供!豪華アーティストが多数参加した新たなる<名盤>の誕生!

当代随一の人気声優として多くの作品に出演、その数は約200作に及ぶ花澤香菜。音楽活動では2012年のデビュー以来ヒットを連発、これまでリリースした11枚のシングル、3枚のアルバムはすべて上位にランクイン、昨年5月には日本武道館公演も成功させるなど、シンガーとしても高い人気を誇っている。

そんな花澤香菜が、2017年2月22日(水)に4枚目となるアルバム『Opportunity』(オポチュニティ)』をリリースすることが決定した。

この度、このリリース決定の情報と共に、楽曲提供アーティストも発表された。

まず、何とあの世界的グループ=シンプリー・レッドのミック・ハックネルが楽曲提供!1985年にデビュー、「Stars」など数多くのヒット曲を持つ彼らは、日本でも当時から大人気だが、最近でもCMソングに楽曲が使用されるなど、依然としてその評価は高いグループ。そのフロントマンであるミックが、花澤サイドからの楽曲提供のオファーに対し快諾。作詞は NONA REEVESの西寺郷太が手がけた、シンプリー・レッドらしいブルーアイド・ソウルテイストが散りばめられたサウンドに、花澤のスィートな歌声が絶妙にマッチした名曲に仕上がっている。

また、秦 基博作曲、コラボのきっかけが新海誠監督作品『言の葉の庭』(’13年)で秦が同作のテーマ曲を、花澤がヒロインを演じたことだったというエピソードが話題となった11thシングル「ざらざら」ももちろん収録。

9thシングル「透明な女の子」(空気公団・山崎ゆかりプロデュース)、10thシングル「あたらしいうた」(花澤香菜作詞)といった先行シングルも収録される。

他、楽曲提供作家陣は、花澤のアーティストデビュー以来 “花澤香菜サウンド”を創り出してきた北川勝利(ROUND TABLE)が、今作も、トータルサウンドプロデューサーを務めている。デビュー以来の“花澤香菜の唯一無二の<声>を活かすヘッドホン推奨音楽“というコンセプトを継承。作曲でも4曲提供している。

また、他の楽曲提供のクレジットには、花澤作品ではおなじみのミト(クラムボン)、沖井礼二(TWEEDEES)、宮川弾、矢野博康らに加えて、初参加となるkz、片寄明人、Spangle call Lilli lineらが名を連ねています。

作詞は、80年代より活躍する女性作詞家の第一人者である岩里祐穂が数多く手がけています。5thシングル「恋する惑星」以来、花澤作品の多くの作詞を担当してきたが、花澤香菜の歌声と岩里が紡ぎ出す詞の世界と多様なクリエイターが生み出すサウンドの結晶が、今作の大きな魅力となっている。

前作3rdアルバムでは“New York”をテーマにJazzyなテイストがメインカラーとなっていたが、今作では“UK サウンド”をベースにした音づくりがされている。

ジャケット撮影もロンドンで行われ、どこか懐かしさや温かみのあるサウンドと花澤香菜の唯一無二の癒しヴォイスが、この上ない邂逅を果たしている全15曲となっている。

アルバムタイトルである『Opportunity』とは、訳すると「機会」という意味。日本人における「機会」の英訳として“chance”という単語が思い浮かぶが、”chance”に含まれるニュアンスは「偶然の好機」という偶然性であることに対して、”Opportunity”は「自分で引き寄せた好機」という必然性のニュアンスを含んでいる。アーティストデビュー以来、多忙を極める声優業のかたわら、シンガーとしての表現力を格段に高めてきた花澤香菜。そんな現在の花澤香菜の魅力が詰まったこの『Opportunity』-また多くの人が引き寄せられる<名盤>誕生の予感だ。

2017年2月5日(日)には「isai Beat presents 花澤香菜スペシャルライヴ」が Billboard Live TOKYO にて開催されることが発表されている。

声優としても、話題作への出演が続いている花澤香菜。声優業での活躍と共に、音楽活動も大きな話題となりそうだ。


●リリース情報
花澤香菜 4thアルバム
『Opportunity』
2月22日発売

【初回生産限定盤(CD+Blu-ray)】
161223-c002

品番:SVWC-70251~52
価格:¥3,800+税

ロンドン撮りおろし 48P フォトブック月

<Blu-ray>
特典映像収録

【通常盤(CD)】
161223-c003

品番:SVWC-70253
価格:¥3,000+税

関連リンク

花澤香菜オフィシャルサイト

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人