『ひるね姫 ~知らないワタシの物語~』新キャストに釘宮理恵が出演決定!

『東のエデン』『精霊の守り人』『攻殻機動隊S.A.C.』など、重厚な世界設定を駆使して人間ドラマを描いてきた神山健治監督が描く感動アニメーション映画『ひるね姫 ~知らないワタシの物語~』。

神山監督が本作で描く主人公は、東京オリンピックが迫る2020年の夏、岡山県倉敷市で父親と二人暮らしの女子高生・森川ココネ。進路のこと、友達のこと、そして家族のこと・・・考えなければいけないことはたくさんあるのについ居眠りしてしまう彼女は、なぜかいつも同じ夢を見始める。
夢と現実がリンクするスリリングな展開とそこで明かされる知られざる家族の秘話、神山健治らしいギミックたっぷりの演出で、普遍的な家族の絆と、夢を通して自分を見つけ出すひとりの少女の物語を描いていく。

高畑充希、満島真之介、古田新太、前野朋哉、高橋英樹、江口洋介ら豪華キャストが発表された本作に、このたび新たなキャストとして、声優の釘宮理恵の参加が決定!
高畑充希演じる女子高生・森川ココネの相棒で犬のぬいぐるみ・ジョイを演じる。

news-1611111900-c003

柴犬をモチーフにデザインされたジョイは、ポスターではココネの胸に抱かれるぬいぐるみだが、特報映像では意思を持って動いているカットも描かれている。物語では非常に重要なキャラクターである彼は、どんな活躍を見せるのか?是非チェックしてみて欲しい。

また、ジョイ役・釘宮理恵よりコメントが到着したのでご紹介しよう。

<釘宮理恵 コメント>
―初の神山健治監督作品の参加かと思いますが、オファーを受けての感想を教えてください。
「とても嬉しかったです。どんな作品になるのか、わくわくしました。」

―釘宮さんが思う、ジョイの魅力を教えてください。
「一つ一つのアクションが大変可愛らしいのに、ハートはしっかり男の子っぽくナイト然としていて、そのギャップにキュンとします。」

―これから映画を観る方へ、メッセージをお願いします。
「作品を楽しんで観ていただければ何より嬉しいです。どうぞよろしくお願いします。」


●作品情報
『ひるね姫 ~知らないワタシの物語~』
2017年3月18日(土)全国ロードショー

<ストーリー>
「最近、同じ夢ばっかり見る」
一日中、眠くて眠くて、家でも学校でもつい居眠りしてしまう女子高生の森川ココネ。2020年、東京オリンピックを3日後に控えた夏の日、彼女の家族に事件が起きる。父親のモモタローが、逮捕されてしまったのだ。その謎を解くカギは、彼女が眠るたびにみる、妙にリアルでとても温かい、不思議な夢の中にあるようで・・・

【キャスト】
高畑充希
満島真之介
古田新太
釘宮理恵
前野朋哉
高橋英樹
江口洋介 ほか

【スタッフ】
監督・脚本:神山健治(『東のエデン』『精霊の守り人』『攻殻機動隊S.A.C.』)
音楽:下村陽子「キングダム ハーツ」
キャラクター原案:森川聡子『猫の恩返し』
作画監督:佐々木敦子『東のエデン』
演出:堀元宣、河野利幸、黄瀬和哉
ハーツデザイン:コヤマシゲト『ベイマックス』
クリーチャーデザイン:クリストフ・フェレラ
色彩設計:片山由美子
美術監督:鮫島潔、日野香諸里
3D監督:塚本倫基
撮影監督:田中宏侍
音響監督:はたしょう二
制作:シグナル・エムディ
配給:ワーナー・ブラザース映画

©2017 ひるね姫製作委員会

関連リンク

この記事を書いた人