春奈るな、海外での初ワンマンライブ大成功!ニューシングルの発売日も決定!

news-1608031800-c001

多くのヒットアニメ作品のテーマソングなどで人気のアニソンアーティスト春奈るなが、自身初となる海外でのワンマンライブを香港の「Music Zone @ E-MAX」で開催、満員の550人を動員し大成功を収めた。

春奈るなはワンマンライブに先駆けて7月29日(金)、昨年約75万人を動員したアジア有数のアニメ・漫画・ゲームの大コンベンションイベント「ACG香港」に出演。メインステージに春奈るなが登場すると通路まで溢れるほどのオーディエンス約4,000人から大きな歓声が沸き起こり、ヒット曲「Overfly」(TVアニメ『ソードアート・オンライン』フェアリィ・ダンス編EDテーマ)など全5曲のミニライブを披露。

news-1608031800-c003

MCでは、「大家好(ダイガーホー)/香港に来るのは3回目、毎回暖かく迎えてもらえて嬉しいです!/Please come see me tomorrow at Music Zone!」と3カ国語を交えアピール、観客を沸かせた。

そして翌30日(土)、「KITEC Kowloonbay International Trade & Exhibition Centre」内の「Music Zone @ E-MAX」は開演前から満員の観客の熱気に包まれた。

news-1608031800-c005

「Music Zone @ E-MAX」は数々の日本人アーティストがコンサートを開催しているライブハウス。

春奈の代表曲の一つ、軽快なロックチューン「アイヲウタエ」(TVアニメ『<物語>シリーズセカンドシーズン』EDテーマ)でライブがスタートすると客席は一気にヒートアップ。最新シングル「Ripple Effect」(TVアニメ『ハイスクール・フリート』EDテーマ)、「君色シグナル」(TVアニメ『冴えない彼女の育てかた』OPテーマ)などヒット曲満載のステージで現地ファンを熱狂させた。

news-1608031800-c004

冒頭セーラー服デザインをアレンジしたブルーのヘソ出しツーピースの衣装でスタートし、中盤では香港のロードムービー(?)風映像を流し、後半は白のミニドレスで登場。キュートなルックスも存分にアピール、全16曲+アンコール2曲とコンパクトながら凝縮された内容で魅了した。

news-1608031800-c006

また現地入りした28日(木)には香港の夜景を見渡す公園からサプライズでツイキャス配信。
この番組内では次作シングル、「Windia」(PS4/PSVita用ソフト「ソードアート・オンライン ―ホロウ・リアリゼーション―」OPテーマ)の発売日を発表、このシングルを引っ提げてのツアーもすでに発表されており、秋に向け春奈るなのさらなる飛躍が期待される。


●ライブ情報
春奈るな LIVE 2016 “Windia”
【福岡公演】11月 5日(土) 福岡 DRUM Be-1 開場 17:30/開演 18:00
【東京公演】11月12日(土) 東京 ラフォーレミュージアム原宿 開場 16:30/開演 17:00
【大阪公演】11月27日(日) 大阪 THE LIVE HOUSE soma 開場 15:30/開演 16:00

●リリース情報
New Single
「Windia」(PS4/PSVita用「ソードアート・オンライン ―ホロウ・リアリゼーション―」OPテーマ)
10月12日発売

【完全生産限定盤(CD+Blu-ray)】
品番:SECL1991-2
価格:¥2,500(税込)

【初回生産限定盤(CD+DVD)】
品番:SECL1993-4
価格:¥1,600(税込)

【通常盤(CD only)】
品番:SECL1995
価格:¥1,300(税込)

【期間生産限定盤(CD+DVD)】
品番:SECL1996-7
価格:¥1,500(税込)

<春奈るな プロフィール>
10月11日生まれ。アニソンアーティストとして活躍中。
2012年5月、梶浦由記が作詞作曲を手掛けた「空は高く風は歌う」(TVアニメ「Fate/Zero」2ndシーズンEDテーマ)でデビュー。
代表曲は「Overfly」(TVアニメ「ソードアート・オンライン」フェアリィ・ダンス編EDテーマ)、「アイヲウタエ」(TVアニメ「<物語>シリーズセカンドシーズン」EDテーマ)、「snowdrop」(TVアニメ「<物語>シリーズセカンドシーズン“恋物語”」EDテーマ)、「Startear」(TVアニメ「ソードアート・オンラインⅡ」EDテーマ)、「君色シグナル」(TVアニメ「冴えない彼女の育てかた」OPテーマ)など多数。
アジア諸国や欧米諸国でのライブイベントにも数多く招聘され、その人気は日本国内に止まらず、見た目のキュートさと、深く芯のある歌声で多くの人を魅了している。現役「KERA」モデルとしても活躍中。

関連リンク

この記事を書いた人