『美少女戦士セーラームーン』サントラ、外部太陽系戦士大集合のジャケット写真解禁!

news-1607071930-c001

3期のアニメが大好評で最終回を迎えたTVアニメ『美少女戦士セーラームーンCrystal』。
7月27日に発売される「美少女戦士セーラームーンCrystal オリジナル・サウンドトラックⅡ」のジャケット写真が解禁となった。

ジャケット写真は、セーラーウラヌス、セーラーネプチューン、セーラープルート、セーラーサターンがステンドグラス調に描かれた描き下ろしのイラストとなっている。

オリジナル・サウンドトラックには、OP主題歌「ニュームーンに恋して」3種類+ED主題歌「etrenal eternity」、「乙女のススメ」、「永遠だけが二人を架ける」のTVサイズや、キャラクターごとのテーマ曲、戦闘シーンの楽曲など全52曲がストーリー仕立てで収録。

また、法人別オリジナル特典も発表!
アニメイト全店(オンライン含む)では場面写真ブロマイド、ネオウィングではジャケット絵柄のポストカードがプレゼントとなるのでチェックしておこう。


●リリース情報
「美少女戦士セーラームーンCrystal」オリジナル・サウンドトラックⅡ
7月27日発売

【CD2枚組】
品番:KICA-3265~6
価格:3,000円+税

<DISC 1>
序章:スーパーセーラームーン Prelude: Super Sailor Moon
1.スーパーセーラームーンのテーマ
 オープニングテーマⅠ Opening ThemeⅠ
2.ニュームーンに恋して(TVサイズ)/やくしまるえつこ

第Ⅰ章:天王はるかと海王みちる Uranus and Neptune
3.海のセレナーデ
4.ミステリアスな出逢い
5.はるかとみちる

第Ⅱ章:無限 Infinity
6.師・ファラオ90
7.カオリナイト

第Ⅲ章:神秘の少女ほたる Mysterious Girl
8.不安な夢
9.ほたる

第Ⅳ章:波紋 Ripples
10.謎の戦士
11.心の波紋
12.男とか女とか、そんなに大切なこと?
 エンディングテーマⅠ Ending ThemeⅠ
13.eternal eternity(TVサイズ)
 セーラーウラヌス×セーラーネプチューン第Ⅴ章:新たな戦士 New Soldiers
14.ウラヌス×ネプチューン・メイクアップ!
15.セーラーウラヌス
16.セーラーネプチューン

第Ⅵ章:野望 Ambition
17.魅入られたる魂
18.ダイモーン

第Ⅶ章:愛と正義のセーラー戦士 Guardians of Love and Justice
19.ムーン・コズミックパワー・メイクアップ!
20.プラネット・パワー・メイクアップ!
21.セーラー戦士参上
22.華麗なる反撃
23.ムーン・スパイラル・ハート・アタック!

第Ⅷ章:ちびうさとほたる Bosom Friend
24.ちびうさとほたる – Flute version –
25.ちびうさとほたる
26.ちびうさメイクアップ!
エンディングテーマⅡ Ending ThemeⅡ
27.乙女のススメ(TVサイズ)/ちびうさ

間奏曲:美々の歌 Interlude: Mimi’s Song
28.羽生美々
29.魔女の歌

<DISC 2>
第Ⅸ章:外部太陽系3戦士 Three Soldiers
1.外部太陽系3戦士
2.3戦士の使命
 オープニングテーマⅡ Opening ThemeⅡ
3.ニュームーンに恋して(TVサイズ)
 堀江美都子

第Ⅹ章:ミストレス9 Mistress 9
4.ミストレス9
5.魔女は目覚める

第Ⅺ章:死闘 Death Battle
6.冷酷な挑戦者
7.魔女との激闘

第Ⅻ章:心をひとつに One Heart
8.沈痛
9. セーラー戦士の絆

第ⅩⅢ章:クライシス・メイクアップ! Crisis Make Up!
10.聖杯の輝き
11.クライシス・メイクアップ!
12.レインボー・ムーン・ハートエイク!
 エンディングテーマⅢ Ending ThemeⅢ
13.永遠だけが二人を架ける(TVサイズ)
 タキシード仮面

第ⅩⅣ章:破滅 Catastrophe
14.恐怖の影
15.星を呑む悪魔
16.破滅をもたらすもの

第ⅩⅤ章:献身 Sacrifice
17.ほたるの想い
18.哀しき決意

第ⅩⅥ章:最終決戦 Armageddon
19.無限大戦
20.消えゆく星

終章:終焉と再生 Finale: The End, and Rebirth
21.サイレンス・グレイヴ
22.再生の光

オープニングテーマⅢ Opening Theme Ⅲ
23.ニュームーンに恋して(TV サイズ)
ももいろクローバーZ

©武内直子・PNP・講談社・東映アニメーション

関連リンク

この記事を書いた人