映画『新劇場版「頭文字 D」Legend3 -夢現 -』最終章のアフレコ・ レポートが完成。キャスト陣の熱いコメントが到着!真子&沙雪役新キャスト発表!

news-1512192100-01

若者たちに空前のクルマブームを巻き起こした伝説のマンガ「頭文字D」が、今新たな装いを得てスクリーンを 駆け抜ける!『新劇場版「頭文字D」Legend1-覚醒-』『新劇場版「頭文字D」Legend2-闘走-』と鮮烈なバトル シーンを見せつけた本シリーズは、『新劇場版「頭文字D」Legend3-夢現-』でついに完結を迎える。誰が、最速か!?スクリーンで繰り広げられる限界バトルは、この3部作の中で最も激しく、最もエキサイティングに加速する!それを成し得たのは、最新のコンピュータグラフィックスと18年に及ぶ「頭文字D」の歴史。新劇場版3 部作の第3弾『新劇場版「頭文字D」Legend3-夢現-』が、ついに2月6日に公開となる。

新劇場版がついにフィナーレ!キャスト陣の、興奮冷めやらぬ熱気とメッセージ! この度、『新劇場版「頭文字D」Legend3-夢現-』のアフレコ・レポートが到着した。新劇場版の最終章となる本作の最大の見どころは、主人公・藤原拓海と高橋涼介の極限バトル!最強の2人が究極の限界に挑む!極限のバトルの先にあるものとはー。主人公・藤原拓海役の 宮野真守、拓海のライバルとなる高橋兄弟の兄の高橋涼介役の小野大輔をはじめ、彼らの運命の闘い目撃してきたキャスト陣の興奮冷めやらぬ熱気とメッセージが届いた。

また、新キャストとして佐藤真子役に原由実、沙雪役に奥野香耶が決定したことも発表された。
news-1512192100-03

<アフレコ後コメント>
――「Lgend3-夢現-」のアフレコを終えての感想をお願いします。

宮野真守(藤原拓海役) 新しく走り出した「頭文字 D」がこの第3弾で、一つの終わりを迎え、達成感もあり、寂しさもあり、とても感慨深いです。チーム力、団結力も、ものすごく高まっていて、僕らにしかない空気感、僕らだからこその「頭文字D」を、走り切ることが出来たと思います。本当に本当に、楽しかったです。

小野大輔(高橋涼介役) これまで自分の中にあった涼介は情熱を内に秘めた男でした。今回の「legend3」で、その情熱が一気に具現化した感覚があります。夢を現実に。まさに「夢現」を追い求める男たち。とにかく熱かったです。

中村悠一(高橋啓介役) 今回は小野大輔さんとともに収録でした。実は他の役者さんと掛け合うのが初めてだったので、特にその相手が涼介役小野さんというところで嬉しかったです。時間をかけじっくりアフレコでき、今回も素敵な収録になりました。

内田真礼(茂木なつき役) 2の時にはなかなか会えなかった2人が、今回、デートをするたびに、2人なりに楽しそうでわたしも嬉しく思いました。もう3回目のアフレコになりますが、たくみくんのぼーっとした感じがだんだんクセになってきました。笑

白石稔(武内樹役) 今回でまずは最後という事で、辿り着けた事への喜び半分、もうこれで終わってしまうのか、という悲しみ半分です。相変わらず収録は漢祭りかと言わんばかりの男性ばかりで、色々な意味で熱い現場なのですが、この熱さが味わえなくなるのかと思うと、感慨もひとしおです。

諏訪部順一(中里毅役) 熱い戦いが終わった後の心地良い疲労感を味わっております。火を落とし、冷えていくエンジンが時折チンチンと鳴くような・・・そんなクールダウン感です。

阪口周平(庄司慎吾役) 大好きなタイトル!楽しかったー!スポーツカー最高!MTのFRスポーツ乗りてぇー!いっそ乗り換え・・・いやいやいや、そうもいかない事情もあるだろ!いっか!いつかは!…こんな感じです(笑)

土田大(池谷浩一郎役) 大きな節目を迎えた今作、収録を終えて深い達成感を感じています。この作品に情熱を注いで挑んだ全てのキャスト、スタッフの方々に感謝です。ありがとうございました!

志村知幸(立花祐一役) いや~男だらけ…いや、男だけの現場で、しかもからみは文太のみ(笑)熱い現場でした!ボク的には。

勝杏里(健二役) 前回の収録からはそんなに経っていませんでしたが、またまたこのメンバーで収録出来て嬉しかったです。と同時に3部作としては最後なので、最終回の様な寂しさもありました。3回だけの収録でしたが、とてもチームワークのよい、和気藹々とした現場でした。

原由実(佐藤 真子役) アフレコは、沙雪役の奥野香那ちゃんと一緒だったのですが、音響監督の清水さんが、とても丁寧にディレクションをして下さいました。真子と沙雪の絶妙なコンビバランスを意識して演じさせていただきました。

奥野香耶(沙雪役) 現場に入ったら、アフレコよりも先に「藤原豆腐店のプリン食べる?」と言われて驚きました(笑)。真子役の原由実さんと「美味しいねー」と話しながら和やかな雰囲気でプリンをいただきました。アフレコに入ると、空気は引き締まり、台詞の一つひとつのニュアンスを細くご指導していただき、とても勉強になりました。「妥協が一切ない現場」というイメージを受けたので、何度も何度も台詞を言った後、音響監督さんから出る OK はとても嬉しかったです。

――演じられるキャラクターについての感想・印象をお聞かせください。

宮野 「Legend1」「Legend2」を経て、拓海の中で、走ることへの、「走り屋」としての大きな変化がありました。そして、この「Legend3」で新たな「変化」へ想いを馳せることになります。そして、ついに強敵・高橋涼介とぶつかることによって、その想いは確かなものになっていくのですが…ネタバレになってしまうので、詳しく話すことができず、いろいろ抽象的な言い方になってしまってすみません…(苦笑)。しかし、この3部作を通して、拓実は確実に成長していきます。

小野 先に述べたように、情熱を秘めるタイプだと思っていた涼介ですが、彼は最初から車にかける情熱をこれでもかと燃やし続けていた人です。その熱量は変わることはない。ずっとMAXです。それが遂に表に出る瞬間。思いを大事に、そして大胆に。理知的に、激しく。とにかく燃えました。

中村 敗北から成長していく、拓海とはまた違った、原作ではある種「主人公」な一面ももつ啓介ですが、その片鱗が少しでも自分に表現できれば…と精いっぱいやらせていただきました。

内田 たくみくんよりも、少し大人な様子で翻弄していく女の子ですが、今回はまた一段と距離が縮まって、2人の話している雰囲気が、ぐっと近くなったのが印象的でした。

白石 樹は、明るく元気、喜怒哀楽の起伏の激しいキャラで、収録中はよく「うるさい」と言われるのですが(笑)、拓海のドライバー以外の普通の部分の対比となる、良心みたいな所を意識してきました。本当に拓海の事が大好きなんだなあと思うのですが、その部分を今回丁寧にやりすぎて、「それじゃ恋人みたいだから」と音響監督からダメ出しが出てしまいました(笑)

諏訪部 敗れたあとはその強さを心から認める。まさしく本3部作における中里は、武士のような漢だったように思います。

阪口 前作で拓海に敗れ、SSのメンバーに助けられ、すっかり拓海ファンになってしまった(笑)とはいえ、アクの強さは健在・・・しっかり毒づいてました(笑)。

土田 約三年に渡り3本収録しましたが、作中ではあまり時間経過がなく、相変わらずGSのアルバイトをしながら、車を愛しチームを愛している訳なんですけれども、いずれ立花さんの後を継いであのGSの店長になって、原油高騰の危機に立ち向かいながらセルフスタンドにせず頑張っていきたいなと思っているのは秘密です。

志村 立花や文太も拓海たちを見て、自分の若い時を思い出す。なんか地元いいな~と思ました。

 健二は、ただの地元の後輩だった拓海が、走る事に目覚め、その走りに強く感化されたと思います。結果、チームとしても、個人としても、走る事への向上心が上がっていき、スピードスターズの結束力も上がっていったと思います。

 真子は、清楚でとても素直な女の子です。沙雪との性格のバランスが絶妙で、とてもいいコンビだと思います!原作では普段の真子とバトル中の真子とのギャップもさらに魅力だと思います!

奥野 沙雪の台詞や絵を最初に見た時は、強めで大人な女性という印象を受けました。でもアフレコ現場で、「もっと男勝りで雑なかんじで」というディレクションを受け、声と演技でその“雑”さを表現をするのに時間がかかってしまいました。女の子らしい真子とキャラクターの差があって、いいペアだなと思いました。

――今回の劇場版第3弾〝Legend3“の注目してほしいポイント(見どころ)をお聞かせください。

宮野 絶対的な強さを持つ涼介と戦うことによって、拓海の中で今までにないほどの、熱さが爆発します!その限界ギリギリのバトルシーンは、もちろん見どころです!そして、もう一つ注目ポイントをあげるとすれば…今回はなんと!なつきとのデートシーンもたっぷりです!(笑)

小野 それを一点に絞るのは野暮ってもんじゃあないですかね(笑)。見ればわかるさ!

中村 登場時から存在感の強い涼介がついにバトル…拓海と涼介、どちらが勝つにせよ間違いなくこれまでで最大のバトルになります。映像音響含め、今回の新劇場版集大成になると思われますので注目してもらいたいです。

内田 男の子たちのバトルを、競争?と聞くところが 2人の距離感を表している気がしてすごく好きです。分からないなりに、会話をしているのはとてもリアルだなぁと思いました。

白石 待ちに待った、高橋涼介とのバトルは当然見どころなのですが、これまでの中で描かれてきた人間関係が、より丁寧に出てきます。改めて、頭文字Dのキャラクターたちの魅力に触れてほしいと思います。

諏訪部 やはり、クルマの描写が一番の注目ポイントかと。

阪口 やはり高橋涼介とのバトル!・・・というか、僕らも完成された絵で収録しているわ けではないので、僕が見たい!

志村 やはり拓海の意識の変化ですかね。

土田 今作もバトルシーンは当然あるんですが、それに至るまでの人々の葛藤が描かれているシーンが割と多く、今までとはまたちょっと違う流れの雰囲気にご注目下さい。

 今回は、もちろん涼介とのレースがクライマックスですが、3部作の中で一番会話も多いので、各々の心情やバックボーンなども、じっくり見ていただければと思います。

 注目ポイントはやはり拓海と涼介の最後のバトルだと思います!この作品を観ていると、車の免許を取って車に乗りたい!!という気持ちが大きくなるくらい熱いバトルです!

奥野 せっかく真子・沙雪ペアが登場したので、そこのシーンも注目して見ていただきたいなと思います!あとは、やっぱり車の対決シーンがカッコいいので私も劇場に観に行き、あの臨場感を味わいたいです!

――2月6日の劇場での公開を楽しみにしている皆様へのメッセージをお願いします。

宮野 新劇場版「頭文字D」の3部作がついに終結します。最新の技術を駆使した大迫力のエンターテイメント、そして、その中に流れる“人間物語”。スタッフ、キャストが魂を込めて作った「Legend3- 夢現-」になっています。是非、僕らの熱い想いを、劇場で感じて下さい!僕らの走った軌跡を目の当たりにして下さい!よろしくお願いします。

小野 期待は絶対に裏切りません。車に全てを捧げた男たちの夢を、是非その目で見届けて下さい。よろしくお願いいたします。

中村 涼介戦を迎え、新劇場版最終作になります。ですが何度も立ち上がった『イニD』シリーズ。皆様のこれからも変わらぬ応援でまだまだ続いていくと思っています。是非とも今作を劇場で楽しんでいただき、次作へのパワーを下さい!宜しくお願い致します!

内田 三部作、ラストになります。皆様に愛される頭文字D、最後までじっくり見ていただけたら嬉しいです。よろしくお願いします。

白石 とうとうここまできました!驚異の限界最速バトル!最後まで見届けて下さいませ!

諏訪部 迫力のバトルをぜひ劇場の大画面&大音響でお楽しみ下さい。そして、御鑑賞後すぐの運転は十分お気をつけ下さい!

阪口 車は実用的な道具である以上に、とても魅力的なほホビーであることを感じてもらいたいなぁと(特に男にとっては!)車に限らず乗り物大好きな僕にとって、車離れが進む今の日本はちょっとちょっと寂しかったりするのですよ。頭文字D見て「俺もいつかスポーツカーに乗りたい!買いたい!」って人が増えたら最高ですね!

志村 今回も、前回・前々回以上に熱く燃える作品になっていると思います。とことん楽しんでください。

土田 みんな車が大好きで走る事が大好きで・・・そんな情熱を皆様にお届けできたらと思っております。それでは「Legend3 夢現」、お楽しみに!

 ついに新劇場版三部作が完結!三作目に相応しい内容になっておりますので、どうぞお楽しみに!そして、皆様で応援して頂いて、是非次のシリーズへ繋げていけたら、なんて思います!よろしくです!!

 三部作の最終章ということで、バトルもすごい盛り上がり&迫力を見せています。ぜひその迫力を劇場の大きなスクリーンで体感していただきたいと思います。

奥野 「頭文字D」の出演が決まった時は本当に信じられなくて「こんな有名な作品に私が…?!」と、喜びや緊張で胸がドキドキしっぱなしでした。アフレコでは緊張で手が少し震えたりしましたが、一生懸命演じました。第3弾の公開を待ち望んでいる皆様、物語を楽しむのはもちろん、是非、キャラクターの台詞一つひとつに耳を傾けてじっくり頭文字Dの世界観を楽しんでいただけると嬉しいです!よろしくお願い致します!


●作品情報
新劇場版「頭文字D」Legend3-夢現-
2016年2月6日(土)公開
news-1512192100-04

【スタッフ】
原作:しげの秀一(講談社)
総監督:日高政光
監督:中 智仁
脚本:関島眞頼
キャラクターデザイン:羽田浩二
音楽:土橋安騎夫
製作:新劇場版「頭文字D」Legend3-夢現-製作委員会
(講談社/エイベックス・ピクチャーズ/松竹/Sammy/制作プロダクション:サンジゲン×ライデンフィルム 配給:松竹)

【キャスト】
藤原拓海:宮野真守
高橋涼介:小野大輔
高橋啓介:中村悠一
茂木なつき:内田真礼
武内樹:白石稔
中里毅:諏訪部順一
藤原文太:平田広明

<イントロダクション> 
そして、バトルの先にあるものは・・・? 秋名山の藤原拓海とハチロクは今やもっとも注目される走り屋となった。FDを駆る高橋啓介は、野性的な鋭い走りで拓海に挑んだ。怪物マシン・GT-Rを操る中里毅は圧倒的なパワーで拓海に迫り、EG6の庄司慎吾はガムテープデスマッチというデンジャラスな戦いを仕掛けハチロクをクラッシュ寸前まで追い込んだ。拓海は強敵との戦いを乗り越え、走り屋として覚醒し、自分の中に闘争心が芽生えるのを感じた。『頭文字D』は平凡な高校生がひとりの男として成長する物語でもある。
キャストはシリーズを通して、主人公藤原拓海を宮野真守。高橋涼介を小野大輔、高橋啓介を中村悠一、茂木なつきを内田真礼が演じ切る。
拓海とハチロクのバトルは佳境を迎え、対するはFC3Sの高橋涼介。「赤城の白い彗星」と呼ばれる赤城最速の男だ。冷静沈着な理論派で、ハチロクの弱点を鋭く見抜く。ハチロク・拓海×涼介・FC3S。夢現の世界で、運命を決めるバトルの行方はいかに!?

<ストーリー> 
「逃げる気はない」 拓海は、赤城最速の男・高橋涼介とのバトルを前にして、そう呟く。拓海の脳裏には高橋涼介の姿が広がっていた。自分は走り屋ではないといい、家業の豆腐屋の手伝いで乗っていたハチロクには興味がなく、峠のバトルに熱意を示さなかった青年は自分のなかの変化に気付いていた。
一方、高橋涼介はFC3Sの仕上げにかかっていた。彼の最終判断はマシンのスペックを下げること。340馬力から260馬力に下げ、パワーよりもトータルバランスを重視する。「屈辱だ」という涼介の口元からは笑みが消える。
秋名の峠を舞台に、ふたりの運命を決定づける伝説のバトルが始まろうとしていた。ひとりが勝ち、ひとりが負ける。どちらが勝つのも負けるのも見たくない。その場の誰もが不思議な気持ちを抱えていた。
公道に並んだハチロク、FC3Sの間に涼介の弟、啓介が立つ。運命のカウントダウンが刻まれる。勝負の時は拓海の未来とともに、今、走りだす!!

(C)しげの秀一/講談社・2016 新劇場版「頭文字 D」L3 製作委員会

関連リンク

この記事を書いた人