『牙狼<GARO>』アニメ新シリーズ始動!ティザ―ビジュアル&第1弾映像公開!

news-1508072100-c001

黄金騎士ガロを中心とする魔戒騎士や魔戒法師と人を食らう魔物・ホラーとの戦いを描くアクションホラードラマ『牙狼<GARO>』シリーズ。2005年にスタートして以降、特撮TVドラマシリーズ5作、TVアニメーションシリーズ1作、劇場版5作のほか、スペシャルドラマやスピンオフ作品などが制作され、多くのファンに支持される人気作品となっているが、この度、TVアニメーション第2弾として、新シリーズ『牙狼 –紅蓮ノ月-』が始動することが分かった。

TVアニメーション新シリーズ『牙狼 –紅蓮ノ月-』のプロジェクト始動にともない、『牙狼<GARO>』実写シリーズでは総監督も務める原作・雨宮慶太とともに、第1弾となるメインスタッフ陣が発表となった。メインキャラクターデザインには、漫画「ZETMAN」ほか数々の話題作を生み出し、アニメ『TIGER&BUNNY』のキャラクター原案も担当する人気漫画家・桂 正和が決定。桂 正和が描く美麗かつ魅力的なキャラクターデザインが作品世界を彩る。また、アニメーション制作は、TVアニメ『うしおととら』、『神撃のバハムートGENESIS』などで圧倒的なクオリティを誇る新鋭のスタジオ・MAPPAと東北新社が前作に引き続き担当。豪華クリエイター陣が集い、新たなキャラクターと世界観によるアニメーションを創り上げる。

新シリーズの始動を記念し、本作のティザ―ビジュアルと第1弾ティザー映像も公開。ティザービジュアルは、火花舞い白煙立ち上る廃墟に、桂正和デザインのメインキャラクター4名のシルエットが佇む印象的なビジュアルが完成。ティザー映像は、ティザービジュアルに登場するメインキャラクターの一人「雷吼(ライコウ)」にフィーチャーした15秒の特別映像が届いた。あわせて、本作の公式サイトもオープン。『牙狼<GARO>』アニメ公式Twitterとともに、今後、様々な新情報が公開されるのでチェックしよう。


●作品情報
TVアニメーション『牙狼 -紅蓮ノ月-』
【STAFF】
原作:雨宮慶太
メインキャラクターデザイン:桂正和
アニメーション制作:MAPPA/東北新社

(C) 2015「紅蓮ノ月」 雨宮慶太 / 東北新社

関連リンク

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人