講談社「ヤングマガジン」連載、TVアニメ『監獄学園(プリズンスクール)』キャスト・スタッフ・主題歌など最新情報が解禁!

news-1505282330-c001

2011年より「ヤングマガジン」にて連載を開始、第37回講談社漫画賞を受賞、発行部数555万部を突破する平本アキラによる日本一面白い学園脱獄コメディ!?『監獄学園(プリズンスクール)』がアニメ化、7月から放送が開始される。それにともない、ニコ生配信も行われた27日の制作発表会でキャスト・スタッフ・主題歌情報などが解禁、発表会にはメインキャストの5人が囚人服姿で登場した。

また最新PV映像も公式サイトにて公開された。


●作品情報
TVアニメ『監獄学園』
news-1505282330-c002

2015年7月より、TOKYO MX、KBS京都、サンテレビ、テレビ愛知、BS11、ほかにて放送開始予定!!
【STAFF】
原作:平本アキラ(講談社「ヤングマガジン」連載)
監督:水島 努
シリーズ構成:横手美智子
キャラクターデザイン・総作画監督:谷口淳一郎
美術監督:森尾麻紀
色彩設計:日野亜朱佳
撮影監督:大河内喜夫
編集:後藤正浩(REAL-T)
音響監督:水島 努
音楽:中川幸太郎
プロデュース:ジェンコ
アニメーション制作:J.C.STAFF
【キャスト】
キヨシ:神谷浩史
ガクト:小西克幸
シンゴ:鈴村健一
ジョー:浪川大輔
アンドレ:興津和幸
万里(会長):大原さやか
芽衣子(副会長):伊藤静
花(書記):花澤香菜
ほか

元女子校であり女子生徒1016人を抱える私立八光(はちみつ)学園に入学した、たった5人の男子生徒、キヨシ、ガクト、シンゴ、ジョー、アンドレ。入学早々、男子なら誰しも芽生えるであろう出来心で女子風呂を覗こうとしてしまい、その罰として、学園の規律を取り締まる「裏生徒会」の美女3人によって懲罰棟(=通称:プリズン)へ投獄されてしまう。彼らに明日という名の希望はあるのか!?

<キャラクター紹介>
キヨシ(藤野清志) CV:神谷浩史
news-1505282330-c003

八光学園の新入生で本作品の主人公。入学して初めてまともに会話したクラスメートの美少女・千代との相撲デートの約束のため、脱獄を決意する。

ガクト(諸葛岳人) CV:小西克幸
news-1505282330-c004

極度の三国志オタクにして、口ぐせは「ゴザル」。男子達の参謀。緻密な作戦によって裏生徒会との戦いを指揮するが、一方で作戦遂行のためには手段を選ばない傾向がある。

シンゴ(若本真吾) CV:鈴村健一
news-1505282330-c005

金髪・オールバックと一見不良っぽいが、実のところ天然かつ純情な面のほうが目立つ。一度スネると結構尾を引くほう。キヨシとは中学からの友達。

ジョー(根津譲二) CV:浪川大輔
news-1505282330-c007

常にフードを被っている謎めいた男。病弱そうに見えるが、口内炎がひどいくらいで特に体調に問題はない。アリを飼うのが趣味。

アンドレ(安堂麗治) CV:興津和幸
news-1505282330-c006

巨漢の善人かつドMで、性に対する好奇心は5人の中でも1、2を争うほど。だが、普段はわりと常識人なので、まともな意見を述べたりもする。

万里 (会長) CV:大原さやか
news-1505282330-c008

学園を裏から支配する謎の組織、「裏生徒会」の美しき会長。とある事情で「男」という存在そのものを憎んでいる。

芽衣子 (副会長) CV:伊藤静
news-1505282330-c009

裏生徒会副会長。会長の忠実なる側近。全てにおいて最強の美女看守。その豊満かつ強力すぎる肉体を駆使し、男子達を徹底して監視する。

花(書記) CV:花澤香菜
news-1505282330-c010

裏生徒会書記。一見ゆるふわ系美少女のようだが、実は空手の有段者。スカート下のジャージは欠かさない。美味しいお茶を淹れて飲むのが趣味。

<主題歌情報>
TVアニメ『監獄学園』OPテーマ
「愛のプリズン」
歌:監獄男子(CV.神谷浩史、小西克幸、鈴村健一、浪川大輔、興津和幸)
8月5日発売
価格:¥1,000+税
<CD>
M1.愛のプリズン
作詞:大槻ケンヂ 作曲:NARASAKI 編曲:河田貴央
M2.愛のプリズン(INSTRUMENTAL)

TVアニメ『監獄学園』EDテーマ
「罪深き俺たちの賛歌」
歌:監獄男子(CV.神谷浩史、小西克幸、鈴村健一、浪川大輔、興津和幸)
8月5日発売
価格:¥1,000+税
<CD>
M1.罪深き俺たちの賛歌
作詞:くまのきよみ 作曲:木隆次 編曲:倉内達矢
M2.罪深き俺たちの賛歌(INSTRUMENTAL)

(C)平本アキラ・講談社/八光学園裏生徒会

関連リンク

この記事を書いた人