「京まふ2014」、京都を舞台にした『宇宙戦艦ヤマト2199』『有頂天家族』の新規描き下ろしイラストを発表!

news-1409101530-c001

「京都国際マンガ・アニメフェア2014(略称:京まふ2014)」の開催を記念し、京都を背景とした『宇宙戦艦ヤマト2199』『有頂天家族』の新規描き下ろしイラストが発表された。

なお、今後これらのイラストを活用した商品化も進められるとのことなので、続報にも期待したいところだ。

■新規描き下ろしイラスト

news-1409101530-c002
●『宇宙戦艦ヤマト2199』

<作品紹介>
1974年からTVアニメが放送され、日本全国にブームを巻き起こした『宇宙戦艦ヤマト』。この“ヤマト40周年”を記念して制作された完全新作劇場映画『宇宙戦艦ヤマト2199 星巡る方舟』は、2014年12月6日から劇場公開予定。前売券絶賛発売中!

news-1409101530-c003
●『有頂天家族』
<作品紹介>
森見登美彦のベストセラー小説が原作のTVアニメ。
京都を舞台に狸と天狗と人間が繰り広げる奇想天外な物語。狸界の頭領だった父を狸鍋にされた下鴨家の、父の死の真相を巡るコミカルで感動的な「家族愛」のドラマは、アニメファンのみならず海外でも広く共感を呼んだ。
第17回文化庁メディア芸術祭アニメーション部門優秀賞作品。Blu-ray&DVD全7巻が好評発売中。

©西﨑義展/2014 宇宙戦艦ヤマト2199 製作委員会
©森見登美彦・幻冬舎/「有頂天家族」製作委員会

関連リンク

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人