ニコ生『池田彩のアニソン・グランプリ』にサイキックラバーと五條真由美がゲスト出演!公式レポート到着!

news-1407021340-c001

毎月第3木曜日にニコニコ生放送にて放送中の『池田彩のアニソン・グランプリ』。6月19日の放送のゲストに、サイキックラバーと五條真由美が出演。オフィシャル・レポートが到着した。

「声優グランプリ公式ニコニコチャンネル」として開設中の「声優グランプリチャンネル」。その枠内で、毎月第3木曜日の21時より生放送を行っているのが『池田彩のアニソン・グランプリ』だ。この番組は、アニソン・シンガーの池田 彩がさまざまなゲストを交え、月ごとのテーマに沿ってアニソンの魅力を伝えてゆく内容。
第3回目となった6月19日(木)の放送では、「夏に聞きたいアニソン」をテーマに、五條真由美とサイキックラバーをゲストに迎えて生放送。五條真由美は同じプリキュア・シンガー繋がりであり、サイキックラバーともアニソン系イベントにてよく共演している関係。こういった経緯もあって、普段よりもゲストとのトーク枠を広げる形での放送となった。
以下、オフィシャル・レポートが到着しているので、ご紹介していく。

【6月19日『池田彩のアニソン・グランプリ』オフィシャル・レポート】

最初のブロックでは、五條真由美さんが『ケロロ☆ポップスター』を、サイキックラバーが最新アルバム『RAISE YOUR HANDS!!』をプロモーション。
五條真由美さんやサイキックラバーとの出会いにまつわる話では、みんな「最初から池田 彩はどっしりしていた」と発言。今のどっしり感は、もともと備わっていたものと、ここで判明。池田 彩さんは、五條真由美さんに対して「オーラがありすぎて怖かった」と告白。五條真由美さん曰く、「プリキュア・シンガーの中では私がいちばん活動歴が長いことから、わたしが引っ張らなきゃという使命感ゆえに気(オーラ)を発していた」とのこと。
今回プロモーションされた、五條真由美さんの歌う『ケロロ☆ポップスター』は早口ナンバー。そこから、歌詞をモチーフにした早口大会へ。この曲の振付は五條真由美さん自身が考案しており、自ら歌った『プリキュア』ナンバーも、自分で振付を行っているとのこと。ちなみに、サイキックラバーの「侍戦隊シンケンジャー」の「アッパレ!!」の振りは、振付師が付けたそう。池田さんと五條さんは、8月にアニサマへ『プリキュア』枠で出演することが楽しみと語っており、その日はステージ上を走りまわってくれるとのことだ。
続いて、サイキックラバーのアルバムの話では、『超爆裂異次元メンコバトル ギガントシューター つかさ』のOPテーマ「ギガントシューターだっちゅーの!」の中で「目からビーム」と歌っていながら、アニメでは目からビームが出ずに空振った話など、意外な裏話もいろいろと語っていた。

「夏に聞きたいアニソン」のコーナーでは、「女の子の服が薄くなっていくのが好き。そこに夏の訪れを感じる」と語ったのが五條真由美さん。YOFFYさんは「蚊とり線香の匂いを嗅ぐと夏を感じる」と答えていた。IMAJOさんは、海にいくたびに遠泳。「ブイのところまでメッチャ泳ぐ」とのこと。ここでIMAJOさんが、女性陣を海へ遊びに行こうと誘っていたが、ふたりともまったくその気がなかったところもご愛嬌。

「池田彩のじつは…」と題したコーナーでは、池田 彩さんのことをよく知る3人が、彼女の素顔を暴露!?「池田 彩と初めて会ったとき、こんなふうに思っていた」という質問に対し、五條真由美さんは「顔が小さかった」。IMAJOさんは「目の奥に何かを秘めてる芯の強い人」と発言。YOFFYさんは、いつも大阪弁で話しかけてくることから、「標準語にトライしたことはないの?」と逆質問。と言うのも、初対面のときの池田 彩は、とても物静かだったそうだ。理由は、「当時は大阪弁を封印。しゃべると大阪弁になるから静かにしていた」から。そこから、各自の方言話に話は発展。「もし池田 彩がシンガーでなかったら、どんな職業が似合う?」の質問に、YOFFYさんが「クリーニング屋さん」、IMAJOさんが「エレベーターガール」と発言。「思いきり笑顔を振りまく仕事をしてほしい」とYOFFYさんが言ったとたん、池田さんが笑顔で挨拶してくれたのも、視聴者にうれしいポイント!?だった。

ほかにも「最新アニソンニュース」のコーナーでは、谷本貴義「空・前・絶・後 Kuu-Zen-Zetsu-Go」や事務員G「人生のメリーゴーランド」などの楽曲も放送しつつ、気になるアニソン・声優ニュースを紹介。なじみ深いゲストとの共演ということもありトークが中心になりつつも、しっかり最新情報もフォローしていたところが、この番組の持ち味。

この日の番組出演に際し、登場した4人が以下のような感想を届けてくれた。
      
池田 皆さん自由すぎてまとめられなかったんですけど、すごく楽しかったです。すごく楽しくおしゃべりできた時間でした。

五條 頑張ってしゃべってる彩ちゃんに対して、こっちはチャチャを入れやすかったから楽しかったんだけど。話がどんどん脱線していくのに、まったく軌道修正していかないから、むしろこちら側が「進行、進行……」みたいな感じだったけどね(笑)。そんなところが、池田 彩のカラーみたいな感じで面白かったです。

IMAJO そう!!かぶせボケって言うの?。脱線した話に司会進行なのにノッてくれちゃうんで。だから、話の軌道を外した奴がみずから修正しなきゃいけないという(笑)。けど、それが楽しかった。

YOFFY 彩ちゃん的には先輩がスタジオに来ると多少やりづらいと思うんですけど。そんななか、きちんとやり遂げた。その姿に「池田 彩ただもんじゃねぇな」と思い、僕は感動しましたね。だから、次も呼んでね(笑)。

池田 先輩たちのお言葉を胸に、話が脱線したら、今度は軌道修正するようにがんばります。

次回の放送は7月17日(木)の21時からで、テーマは「夏休み」。ぜひ「夏休みに聴きたい歌」「夏休みによく聴いていた歌」を、anisongp@seigura.comまでお送りいただきたい。

Text by 長澤智典

関連リンク

この記事を書いた人