ガンダムの生みの親・富野由悠季総監督が描く待望の新シリーズ『ガンダム Gのレコンギスタ』の全貌が明らかに!

news-1406231000-c001

ガンダムシリーズの原作者・富野由悠季による待望のTV新シリーズ『ガンダム Gのレコンギスタ』についての情報が一挙公開。イベント上映から始まり、配信、TV放送へとメディアミックスしていくことがわかった。

news-1406231000-c002

1979年に放送された『機動戦士ガンダム』から35年、1999年の『∀ガンダム』から15年の時を経て、『ガンダム』シリーズの原作者・富野由悠季による待望のTV新シリーズがついに登場。それが『ガンダム Gのレコンギスタ』だ。
“レコンギスタ”とは、スペイン語の“レコンキスタ(Reconquista)”が語源。“G”にはガンダム以外の意味も込められており、物語の進行とともに明らかとなっていく。
また、本作はメディアミックスも決定。<劇場でのイベント上映>、<dアニメストアでの配信>、<TV放送>と続いてメディアミックスしていく本作は、ガンダム誕生35周年にふさわしいスケール感で展開されていく。

news-1406231000-c003

本作の舞台は、これまで富野総監督が描いてきた宇宙世紀(ユニバーサル・センチュリー)ののちの時代である“リギルド・センチュリー”。富野総監督の好む“ボーイミーツロボット”の展開をさらに進めた“ボーイミーツガール&ロボット”となる本作は、主人公・ベルリが海賊部隊の少女・アイーダと謎の少女・ラライヤ、そして “G-セルフ”と出会うことで運命が動き始める物語。主人公の愛機となる“G-セルフ”は未知のテクノロジーで作られたガンダムであり、選ばれた者しか起動させることのできないモビルスーツ。軍の作った最新兵器としてではなく、謎めいたその設定はリアルロボットならぬスーパーロボットの香りを漂わせ、熱いロマンすら感じさせる。
誰もが待ち望んでいた富野総監督のチャレンジは、世界、宇宙、そしてガンダムさえもレコンギスタする。

news-1406231000-c004

■『ガンダム Gのレコンギスタ』プロジェクト概要
<第一弾>イベント上映(劇場公開)
タイトル:『ガンダム Gのレコンギスタ 特別先行版』
上映期間:2014年8月23日(土)~9月5日(金)※2週間限定  
内容:TVシリーズ第1話から第3話をまとめた特別先行版のイベント上映
上映館:全国13館
TOHOシネマズ日本橋/新宿ピカデリー/TOHOシネマズ六本木ヒルズ/TOHOシネマズららぽーと横浜/TOHOシネマズ川崎/MOVIXさいたま/TOHOシネマズららぽーと船橋/TOHOシネマズ宇都宮/TOHOシネマズ名古屋ベイシティ/TOHOシネマズ梅田/TOHOシネマズなんば/TOHOシネマズ天神/札幌シネマフロンティア
<第二弾>dアニメストア 配信
配信期間:2014年9月8日(月)~9月30日(火)
内容:劇場公開される『特別先行版』を独占配信
dアニメストアはこちら!
<第三弾>TV放送
放送時期:2014年10月より、MBSほかアニメイズム枠にて放送スタート

news-1406231000-c005news-1406231000-c006

●ストーリー
宇宙移民と宇宙戦争の歴史となった宇宙世紀が終焉し、しばらくの刻が流れた。新たな時代、リギルド・センチュリー(R.C.)を迎えた人類の営みと繁栄は、平和とともにこのまま続いていくものだと思われていた。
R.C.1014年。地上からそびえ立つ地球と宇宙を繋ぐ軌道エレベータ、“キャピタル・タワー”。地球上のエネルギー源であるフォトン・バッテリーを宇宙よりもたらすが故に神聖視された場所。そこを守護するキャピタル・ガード候補生のベルリは、初めての実習の最中、謎のモビルスーツ・G-セルフの襲撃を受ける。作業用モビルスーツのレクテンで交戦したベルリはG-セルフの捕獲に成功する。だが、G-セルフと操縦者アイーダ・レイハントンを名乗る宇宙海賊の少女に何かを感じるベルリ。そして、特定条件を満たさなければ起動しないG-セルフがベルリに反応を示す。
宇宙海賊とアイーダの目的、G-セルフに選ばれたベルリが辿る運命、その果てに待ち受けるリギルド・センチュリー全体を揺るがす真相とは――。すべてはレコンギスタの始まりに過ぎなかったのだ。

news-1406231000-c007news-1406231000-c008

●作品情報
タイトル:『ガンダム Gのレコンギスタ』(※略称:『G-レコ』)
<スタッフ>
総監督:富野由悠季 
キャラクターデザイン:吉田健一
メカニカルデザイン:安田 朗、形部一平、山根公利
デザインワークス:コヤマシゲト、西村キヌ、剛田チーズ、内田パブロ、沙倉拓実、倉島亜由美
色彩設計:水田信子
美術:岡田有章
音楽:菅野祐悟
音響監督:木村絵理子
企画・製作:サンライズ
配給:東宝映像事業部
<キャスト>
ベルリ・ゼナム:石井マーク
アイーダ・レイハントン:嶋村 侑  
ノレド・ナグ:寿 美菜子
クリム・ニック:逢坂良太
ルイン・リー:佐藤拓也
マニィ・アンバサダ:高垣彩陽
ラライヤ・マンディ:福井裕佳梨

(C)創通・サンライズ

関連リンク

この記事を書いた人