坂本真綾、新曲「レプリカ」はandropの内澤崇仁とのコラボ!『M3-ソノ黑キ鋼-』新OPテーマへの起用も決定!

news-1406211405-c001

坂本真綾が8月20日にニュー・シングル「レプリカ」を発売することを発表。自らが作詞を担当する一方で、ロックバンド・andropの内澤崇仁が作編曲を手掛けることがわかった。

前作シングル「Be mine!/SAVED.」で、the band apartとの斬新なコラボが音楽ファンの間でも大きな話題となった「Be mine!」と、鈴木祥子の作によるバラード「SAVED.」という、まったくカラーの違う楽曲を発表し、オリコンウィークリーチャートでも初登場7位とスマッシュヒットを記録した坂本真綾。
次々と未知の領域にトライし続ける彼女が打ち出す次なる渾身の1曲が、この「レプリカ」。
作曲・編曲を手がけるのは、今、各界から熱い注目を集める人気ロックバンド・andropのボーカル・ギターを務める内澤崇仁。その才気溢れるサウンド・メイキングと、坂本真綾の個性が絶妙に絡み合い、まさに“攻めに攻め抜いた”攻撃的な一曲となっている。これにはファンならずとも期待大だ。
また、この曲は好評放送中のTVアニメ『M3-ソノ黑キ鋼-』の新OPテーマに起用されることも決定。アニメーションの世界ともどのように結びつくのか、その点にも注目したいところだ。

■ニュー・シングル情報
坂本真綾 New Single「レプリカ」
2014年8月20日発売
(TVアニメ『M3-ソノ黑キ鋼-』新OPテーマ)
限定盤:VTZL-85 ¥1,800+税
通常盤:VTCL-35190 ¥1,100+税
<収録曲>
「レプリカ」
作詞:坂本真綾 作・編曲:内澤崇仁 ストリングス編曲:内澤崇仁・石塚 徹
※その他収録内容は、後報をお楽しみに。

●内澤崇仁(androp)コメント
アニメーション作品の少年少女たちの心の葛藤や、青春の光と影をイメージしながら、透明感のある坂本真綾さん自身の世界観が生きるような楽曲にしようと想いを込め制作させていただきました。
坂本さんの作品の中でも別角度からのアプローチができたらと挑んでいたなかで、歌い回しが複雑な部分もあったのですが、歌の表情や表現の幅の広さに驚きました。
また、メロディに歌詞が乗った瞬間、坂本真綾さんの曲になって音や言葉が鮮やかに聴こえるようになったこともとても印象的でした。
そんな素敵な楽曲ができたことをとてもうれしく思います。早く聴いていただきたいです。

 

■出演ライブイベント情報
・ROCK IN JAPAN FES.2014 出演決定!
出演日:2014年8月3日(日)
会場:国営ひたち海浜公園
公式サイトはこちら!(PC/携帯共通)

・YANO MUSIC FESTIVAL 2014 出演決定!
出演日:2014年9月14日(日)
会場:恵比寿ザ・ガーデンホール
公式サイトはこちら!

関連リンク

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人