fhána、貴重な自主制作盤に追加音源を収録した『View from New World Line』を配信スタート!

news-1405271830-c001

fhánaが、デビュー前に発表した自主制作盤に追加音源を収録した『View from New World Line』を配信開始した。

昨年2013年夏に、TVアニメ『有頂天家族』のEDテーマ「ケセラセラ」でメジャー・デビュー以降、4クール連続でアニメタイアップを獲得し、iTunes Storeが“今年ブレイクが期待できる新人アーティスト”を選出する「ニューアーティスト 2014」にピックアップするなど、注目を集めている音楽ユニット・fhána(ファナ)。現在放送中のTVアニメ『僕らはみんな河合荘』でもOPテーマを担当している。
3rdシングルであるTVアニメ『ウィッチクラフトワークス』のOPテーマ「divine intervention」が、iTunesアニメチャートでシングル・アルバムともに1位を獲得したことも記憶に新しい。
彼らがデビュー前に発表し、現在ではほぼ入手不可能となっている貴重な自主制作盤『New World Line』に、今年3月11日にネット上で新たに発表された「kotonoha breakdown」のtowanaボーカル版を追加収録した『View from New World Line』が、明日・5月28日(水)よりiTunes限定で配信開始となる。

『View from New World Line』iTunes配信ページ

女性ボーカリストであるtowanaが正式加入前に制作された『New World Line』は、佐藤純一による涙腺直撃のメロディと楽曲構成、kevin mitsunagaによるエレクトリックなサウンドコラージュ、yuxuki wagaによる浮遊感漂うギターサウンドが、まるで名作ビジュアル・ノベルのように奇跡的なバランスで調和し号泣必至の世界観を作り出している作品。
ゲームなどで複数のヒロインが登場する”マルチエンディング”がコンセプトとなっている本作のゲストボーカルには、のちに正式メンバーとなるtowanaのほか、TVアニメ『Angel Beats!』のEDテーマなどで知られる多田 葵、名嘉真祈子(ex. トルネード竜巻)、ボーカロイドのIAといった多彩な面々をゲストに迎えている。なお、これらの楽曲は現在のfhánaのライブでもお馴染みのレパートリーだ。

fhána_View_of_New_World_Line_ComicBooklet2

また、アルバムのダウンロード限定特典として、メンバーの制作過程における裏話をイラストレーター・ゆずさが巧みに描き上げたノンフィクション日常系ゆるふわ漫画『ファナ☆メンたちの日常』を収録したデジタル・ブックレットが手に入るので、ファンの方はぜひ手に入れていただきたい。

 

■リリース情報
fhána『View from New World Line』
2014年5月28日(水) iTunes配信スタート
news-1405271830-c003

<収録曲>
1.kotonoha breakdown feat. towana
2.街は奏でる feat. towana
3.未来 feat. towana
4.光舞う冬の日に feat. IA
5.True End feat. 多田 葵
6.kotonoha breakdown feat. 名嘉真祈子
アルバムDL限定PDF特典『Digital book』漫画『ファナ☆メンたちの日常』などを収録
『View from New World Line』iTunes配信ページはこちら!

 

■ライヴ情報
6月8日(日)『Mixed Up』
会場:代官山LOOP
OPEN 16:30 / START 17:00
前売:¥3,100 / 当日:¥3,600
w/ YMCK, サカモト教授
イベント情報ページはこちら!

関連リンク

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人