4月放送開始の『マンガ家さんとアシスタントさんと』から、キャスト・インタビューが到着!

news-1403312200-c001

4月からTVアニメの放送がスタートする『マンガ家さんとアシスタントさんと』より、キャスト・インタビューが到着した。

マンガ家の愛徒勇気とアシスタントの足須沙穂都を中心に、マンガ家の生活を楽しく描いた人気マンガ『マンガ家さんとアシスタントさんと』。そのアフレコ現場にて、愛徒勇気役・松岡禎丞、足須沙穂都役・早見沙織、音砂みはり役・能登有沙、黒井せな役・釘宮理恵、風羽りんな役・井口裕香の5人のキャストへのインタビューが行われた。

 

【『マンガ家さんとアシスタントさんと』オフィシャルインタビュー】

<テンポが良くて一気に読める原作、
 主人公・愛徒の激しい喜怒哀楽とぶっとんだ展開もアニメで忠実に再現!>

――まず原作を読んだ印象と実際に演じてみての作品の感想は?

愛徒勇気役・松岡禎丞 原作自体をかなり前から読んでいて、題名通り、マンガ家さんとアシスタントさんの日常を描きながら、ぶっとんだ展開やちょっとエッチなところもあったりして、面白い作品だなと思っていました。あと愛徒はいい部分も悪い部分もあるけど、ある意味、純粋なんだろうなと(笑)。アニメも原作に忠実で、この忠実さに僕も負けていられないと気合が入りました。

足須沙穂都役・早見沙織 原作はドタバタしたシーンが多いけど、どこかゆっくりリラックスして読めるまったりした部分もあって。お風呂上がりに好きな飲み物を飲みながら読みたい作品だなと思いました。そして映像化して声や音がつくとよりテンポ感も出て、ノリのいいアニメになったのではないでしょうか。原作と同じようにお風呂上がりに見てもいいし(笑)、深夜に見ても気軽に楽しめると思います

音砂みはり役・能登有沙 原作を読み始めたらテンポがよくて、愛徒の表情がコロコロ変わるのが楽しくて、気が付いたら10巻まで一気に読んでました。アニメで私が演じるみはりはツッコミ役なので、愛徒の暴走を止めつつ、雰囲気を楽しくするような役回りだなと思いながら演じさせていただいています。

黒井せな役・釘宮理恵 愛徒くんはまじめにマンガ家さんとして頑張っている姿と、すごくヘンタイな部分が同居していて、真剣に楽しめばいいのか、「バカだな」とあきれながら読めばいいのか、こちらの気持ちを揺さぶってくれる(笑)、いい意味で面白い作品だなと思いました。せなを演じるとき、「愛徒のことを本当に嫌いなままでいいんですか?」と音響監督さんにご相談したら、「すごく好きの裏返しで大嫌いという拒否感を持って演じてもらって大丈夫です」と言われて(笑)。毎回楽しく演じさせていただいています。

風羽りんな役・井口裕香 原作を読んで最初に思ったことは、キャラの名前がみんな面白いなって。テンポよく、サクサク見られるのはアニメも原作も同じだなと。演じていても毎回あっという間に収録が終わってしまう感じで。りんなは女性キャラの中で唯一、愛徒さんのことを大好きと公言したり、態度で示している子で、例えどんなヘンタイなところがあっても「全部好き!」という。彼女も若干、暴走気味なところがあったり、ズレているところも演じていて楽しいです。

 

<気になる、キャラを演じる時の心構えと自身との相違点>

――自身が演じるキャラの印象と演じる時に心がけたこと、自身と比べて似ている点は?

松岡 はたから見てヘンタイに見えても、愛徒本人にとっては真剣で、どこまでも素直な男なんです。だからこそ喜怒哀楽がはっきりと出るし、僕自身もその緩急のつけ方は意識して演じているので、愛徒の表情や行動のひとつひとつを楽しんでいただけたらいいですね。僕と似てる点は……。

井口 犬っぽいところ?

松岡 そうですね(笑)。あと物事に対して一直線な姿勢は似ていると思います。ただ、僕は一度決めたらやらないと気がすまないけど大雑把なところもあるので、パンツに対しての想いは、形はどうであれ、これだけひとつのことに執着できる愛徒がうらやましいです。

早見 足須さんは愛徒さんの保護者みたいな立ち回りをしていることが多いので、愛徒さんと話しているときは母のような広い心を持ちながら接しているのでは?と想像しながら演じています。ただ足須さんは一人前のマンガ家になるという夢を持ってアシスタントをしているので、夢を追いかける女の子感も垣間見えて、そのギャップが面白いなと思います。また登場人物の中でいちばん常識人かと思いきや、壊れるところは壊れるので、そこも楽しいですね。あと愛徒さんをすぱっと切る時の切れ味も鋭くて剣士みたいだなと(笑)。足須さんは身近にいそうな人なので、親近感は感じてます。

能登 初めて原作を読んだときのみはりの印象はただ怒っている人だったんですけど、アニメになって実際に動いて表情が変わるみはりを見ると、愛徒のことを思ってたしなめていたり、叱ったりつっこんだり……ちょっと行き過ぎてプロレス技みたいになっちゃってますけど(笑)、そういうところにみはりなりの愛徒に対する愛情を感じました。また、乙女なところがちらちら見えて、普段ぷりぷりしている分かわいらしく見えたらいいなと意識して演じています。みはりと似てるところを挙げるとすれば、私は三人姉弟の一番上のお姉ちゃんで、下二人の弟に「宿題やりなさい!」と言ってる感覚に近いかな。

釘宮 せなちゃんは絵が上手で超優秀なアシスタントさんで、すごくプロ意識も高くて仕事に熱心なのが唯一カッコイイところなので(笑)、キリっとやりたいなと。

早見 激似ですよ!

釘宮 そんなことないよ(笑)。でも絵はまったく描けないので、すごいなと演じながら感心してしまいます。あと19歳なのに見た目が子供で、ちょっと弱いところを突かれるとあわあわしたり、反応が初々しくて。若過ぎず、幼過ぎず、そんな19歳らしさを出せたらいいなと思いながら演じてます。

井口 名前通り、彼女の個性である、ふんわりしたところが出せたらいいなと思いながら演じています。りんながアシスタント募集に応募して愛徒の仕事場にやってきたときに「トーンって何ですか?」と聞いたり、ベタと聞いて愛徒にベタ~っと抱きついてみてなど、よくわかってないくせに「気持ちだけは頑張ります」とか「好きだから、やる!」みたいにあまり考えずに一直線に行動してしまうところは似てるかも。逆に、りんなは愛徒が好きだけど、自分以外のみんなにも好きになってほしいと思ってしまうところは絶対似てません。

(一同爆笑)

井口 あとぱっと見、ふんわりなら似てるのかも。私、実はりんなはふんわりしてるけど、心からふんわりしてるのかなと疑問に思っていて。

(一同「おおっ」)

井口 「みんなが先生の事を好きでいい」と言いながらも、心に秘めた思いがあるのではないかなと。あくまで想像ですけど(笑)。

 

<キャスト陣が紹介するアニメの見どころとは?>

――最後に作品の魅力とアニメの見どころをご紹介ください。

井口 個性豊かなキャラたちが画面狭しと表情を変えながら動いているので、ハイテンションで楽しい作品ならではの、勢いのあるアニメを楽しんでいただけたらと思います。足須の妹の沙穂乃や動くブラニャーも注目ですよ! 

釘宮 松岡くんが活き活きと愛徒くんを演じていて、それにかわいくて魅力的な女子陣が引きながらという構図で(笑)。そんななかでものびのび演じている松岡君の背中を見て安心してついていっています。皆様にも是非アニメを観ていただいて、楽しんでいただけたらと思います。

能登 1話約13分という短い時間ですが、その中に200%くらい、愛と勇気と笑いをぎゅっと詰め込んでいる密度の濃さがこのアニメの観どころかなと思います。皆さんに気軽にクスって笑ってもらえる時間をお届けできたらと思って作っていますので、ぜひ観てください!

早見 アニメで演じていると、キャラたちが現実世界にいるんじゃないかと思えるくらい、身近に感じられて。愛徒たちマンガ家さんの生活をのぞき見たり、一緒の世界にいる感覚で観るとより楽しめると思います。お気に入りキャラを見つけたりして、自分と重ねながら観ていただければうれしいです。

松岡 アニメを一度でも観ていただければ、この世界に引き込まれてしまうのは間違いありません!僕も愛徒のように熱く、毎回120%以上でぶつかっています。マンガのコマから飛び出した、愛徒たちが織り成す、楽しくて、かわいくて、面白い『マンアシ』ワールドを存分に楽しんでください。

 

news-1403312200-c002
TVアニメ『マンガ家さんとアシスタントさんと』

2014年4月放送開始

原作第2部の『マンガ家さんとアシスタントさんと2』は、
『ヤングガンガン』(毎月第1・第3金曜日発売)にて好評連載中!

(C)ヒロユキ/スクウェアエニックス・「マンアシ」製作委員会

関連リンク

この記事を書いた人