渡辺信一郎×菅野よう子が再タッグ!オリジナルTVアニメ『残響のテロル』、2014年7月より放送開始!

テロルB2

3月21日に開催された「ノイタミナラインナップ発表会2014」にて、オリジナルアニメ『残響のテロル』のTVアニメ化が情報解禁となった。

本作は、2014年7月よりフジテレビ“ノイタミナ”ほかにて放送開始される。
本作を手掛けるのは『カウボーイビバップ』や『サムライチャンプルー』などスタイリッシュな映像でアニメ史に残る名作を生み出してきた渡辺信一郎監督。音楽にはCM音楽や実写作品での活躍もめざましく、『カウボーイビバップ』や『マクロスF』など名だたるアニメの音楽を務めてきた菅野よう子。2012年にふたりがタッグを組み手掛けた『坂道のアポロン』では、迫力のあるジャズ演奏シーンが話題になった。
キャラクターデザインには『サムライチャンプルー』などで活躍し、映画『キル・ビル』のアニメパートの監督も務めた中澤一登。豪華クリエイターが織りなす共演、そしてまだまだ謎を秘めたストーリーにもぜひご期待いただきたい。

【『残響のテロル』第一弾PV】

 

なお、今後の情報は公式twitterでも発信される予定なのでこちらもぜひチェックしていただきたい。

 

■イントロダクション
ある夏の日──突然、東京を襲った大規模な爆弾テロ。平穏なこの国を眠りから覚ました事件の犯人は、たったふたりの少年だった──。
“スピンクス”と名乗る犯人たちの、日本中を巻き込んだ壮大なゲームがいま、始まる。

■スタッフ
監督:渡辺信一郎
キャラクターデザイン:中澤一登
音楽:菅野よう子
制作:MAPPA

オリジナルTVアニメ:残響のテロル
2014年7月よりフジテレビ“ノイタミナ”ほかにて放送開始

(C)残響のテロル製作委員会

関連リンク

この記事を書いた人