『有頂天家族』の関東での初のイベント!「有頂天祭’14」オフィシャル・レポートが到着!

news-1402171720-c001

昨年放送されたTVアニメ『有頂天家族』の関東初となるイベント「有頂天祭’14」が、2月9日に松戸・森のホール21にて昼と夜の2回にわたり開催された。

第17回文化庁メディア芸術祭アニメーション部門優秀賞を受賞した『有頂天家族』。このイベントには原作者・森見登美彦や、監督の吉原正行、P.A.WORKSのラインプロデューサー相馬紹二が登場。さらにキャスト陣では櫻井孝宏、諏訪部順一、吉野裕行、中原麻衣、能登麻美子、佐倉綾音、西地修哉、畠山航輔が登場し、ライブではOPテーマを担当するmilktub、EDテーマを担当するfhánaも出演。前日の大雪にもかかわらず多くのファンが集まり、キャスト&スタッフトークや生朗読劇、公開オーディオコメンタリーやライブなどが行われた。

 

【オフィシャルイベントレポート】
『有頂天家族』の本放送が終了してから4か月。2014年2月9日にスタッフ、キャストが久しぶりに集結してのイベント「有頂天祭’14」が開催された。
関東地方では前日に記録的な降雪があり、当日も交通機関の遅れなど影響が残るなかだったが、開演時間前からグッズ販売を楽しみにしていたお客さんも集まり、会場内の雰囲気は徐々に温まっていく。

そして13時、いよいよ昼の部が開演。金閣と銀閣のナレーションが終わると、下鴨家の家紋が入ったセットの中央から下鴨家の四兄弟を演じたキャストの4人(櫻井孝宏、諏訪部順一、吉野裕行、中原麻衣)が次々に登場。その後、吉原正行監督、ラインプロデューサーの相馬紹二に続き、奈良から駆けつけていただいた原作者・森見登美彦も加わりひとつめのコーナーが始まる。その名も「偽金曜倶楽部」。森見先生からは初めて見学したアフレコ現場で緊張したお話、吉原監督からは森見先生の人柄をキャラクターに反映できるよう「人の良さ」を意識したという話を伺ったあとは、スタッフやキャストが選んだ「心に残った名シーン」を映像とコメントで振り返る。そのなかには、夷川早雲役の飛田展男、赤玉先生役の梅津秀行が選んだ名シーンも。

ふたつめのコーナーはオリジナル朗読劇「夷川の純喫茶」。シリーズ構成・脚本の菅正太郎が書き下ろした脚本はこのイベントのためだけのもの。第一幕では、金閣と銀閣が新しく作ろうとしている喫茶店について、下鴨四兄弟の矢三郎(櫻井孝宏)、矢一郎(諏訪部順一)、矢二郎(吉野裕行)、矢四郎(中原麻衣)が話しているところから始まる。その店の名前が「面白き事は良きことなの!」と知った矢一郎が激憤し、どうしてくれようかと思案していると、そこに弁天(能登麻美子)が登場。「私に本命チョコを贈りなさい」と言われた矢三郎は一計を講じます。一方その頃……というわけで、第二幕では、夷川家の金閣(西地修哉)、銀閣(畠山航輔)、海星(佐倉綾音)が登場。しかしここにも弁天が現れ、金閣銀閣も本命チョコを弁天に贈ることになるのだった。第三幕は完結編。キャスト全員が舞台に登場し、その顛末を演じた。実は、リハーサル時点から夷川家の3人(西地、畠山、佐倉)は綿密な打ち合わせを実施。朗読劇とはいえイベントとして見せる演出を考え、昼の部と夜の部では幾つかのシーンで違ったアドリブが入った。下鴨家が主役のはずなのだが、印象としては夷川家が前に前に出てくる、とても楽しい朗読劇となりました。

news-1402171720-c002
▲キャスト全員出演となった生朗読劇第三幕の様子

 

昼の部3つ目のコーナーは「行列のできる矢二郎兄さんお悩み相談室」。櫻井、諏訪部、吉野が箱に入ったカードを引き、そこに書かれた「イベントスタッフの悩みや愚痴」に解決策を与えようという企画だ。選ばれた悩みは「冬は寒くてお風呂になかなか行きたくない」「よく携帯電話をなくします」「彼氏との初デート。男性はどんな服装が好き?」「美容院で切ってほしい髪型のイメージを伝える良い方法は?」の4つ。3人で楽しく相談し、矢二郎役の吉野さんが次々に解決策を出していく。最後は「まあ、蛙の言うことですからね」と矢二郎らしいコメントでオチをつけてくれました。
4つ目のコーナーは、OPテーマ「有頂天人生」を歌っているmilktubと、EDテーマ「ケセラセラ」を歌っているfhánaによるライブ。それぞれカップリングを含め2曲ずつ披露し、イベントの最後を締める盛り上がりを作ってくれた。

news-1402171720-c003 news-1402171720-c004
▲milktub(左写真)と、fhána (右写真)のライブ

 

また、夜の部では「オリジナル朗読劇」「ライブコーナー」は同じ様に披露されたが、「偽金曜倶楽部」では西地と畠山、そして下鴨四兄弟の母役の井上喜久子が選んだ名シーンなどを紹介。3つめのコーナーでは、最終話の「公開オーディオコメンタリー」が行われた。

news-1402171720-c005 news-1402171720-c006

▲公開オーディオコメンタリーの収録の様子。このパートのMC は櫻井孝宏。
 夜の部では諏訪部は狸スーツで出演し、会場を沸かせていた。

 

昼と夜の部、それぞれ約2時間。ご来場の皆さんからの温かい声援と眼差しもあり、舞台上と観客席がひとつになり楽しい時間を共有できた……みんなで有頂天になれたイベントだった。

news-1402171720-c007
▲挨拶をする森見先生(中央)。
 左は銀閣役の畠山。

news-1402171720-c008
▲挨拶をする吉原監督(中央)。
 右はラインプロデューサーの相馬。

news-1402171720-c009 news-1402171720-c010

▲最後は全員集合での挨拶。締めは櫻井の掛け声に、
 会場全体で応える「面白きことは良きことなり」という恒例のコールアンドレスポンスで、
 イベントは無事終了した。

 

なお、昼の部で披露された「行列のできる矢二郎兄さんお悩み相談室」は『有頂天家族』Blu-ray&DVDをアニメイトで全巻購入された方の購入特典「座談会CD」に収録される。また、夜の部の「オーディオコメンタリー」は『有頂天家族』Blu-ray&DVD 第七巻(最終巻)に収録されるので、詳細は公式サイトでぜひご確認いただきたい。

 

■イベント概要
イベントタイトル:有頂天祭’14
開催日時:2014年2月9日(日)
昼の部:開場 13:00 / 開演 14:00 / 終演予定 16:00 頃
夜の部:開場 17:00 / 開演 18:00 / 終演予定 20:00 頃
会場 松戸市 森のホール21(大ホール)
<出演者(敬称略)>
櫻井孝宏、諏訪部順一、吉野裕行、中原麻衣、能登麻美子、佐倉綾音、西地修哉、畠山航輔、milktub、fhána、監督・吉原正行、P.A.WORKS ラインプロデューサー・相馬紹二
スペシャルゲスト:原作者・森見登美彦
入場者プレゼント:イベントキービジュアルを使用した「クリアファイル」

 

■Blu-ray&DVD 情報
シリーズ好評発売中! 【発売・販売元:バンダイビジュアル】
第一巻 【Blu-ray】4,800円(税抜)/【DVD】 3,800円(税抜)
第二巻~第七巻 【Blu-ray】6,800 円(税抜)/【DVD】 5,800 円(税抜)

【第六巻】 2月21日(金)発売!
news-1402171720-c011

<収録話数>
第十話「夷川早雲の暗躍」、第十一話「捲土重来」
<封入特典>
ブックレット8P
<映像特典>
■最終話配信特番
■「第六巻予告PV」(文:森見登美彦/ナレーション:櫻井孝宏)
■デジタルギャラリー(第十話・第十一話絵コンテ 他) ※Blu-rayのみ
<音声特典>
■キャストコメンタリー<出演:中原麻衣、佐倉綾音>
■スタッフコメンタリー
<出演:森見登美彦(原作者)、吉原正行(監督)、堀川憲司(P.A.WORKSプロデューサー)、
    武井 潤(バンダイビジュアルプロデューサー)
<仕様>
■キャラクター原案:久米田康治描き下ろしイラストによる特製スリーブ付き
■ジャケットはキャラクターデザイン:川面恒介描き下ろしイラストを使用

 

【第七巻・最終巻】 3月26日(水)発売!
news-1402171720-c012

<収録話数>
第十二話「偽叡山電車」、第十三話(最終話)「有頂天家族」
<封入特典>
ブックレット8P
<映像特典>
■最終話先行&全話オールナイト上映イベント(トークパート)
(出演:中原麻衣、佐倉綾音、森見登美彦、吉原正行、菅 正太郎、堀川憲司)
■「下鴨神社を参拝する」(出演:森見登美彦(原作者)、櫻井孝宏、諏訪部順一、能登麻美子)
■「第七巻予告PV」 (文:森見登美彦/ナレーション:櫻井孝宏)
■デジタルギャラリー(第十二話・第十三話絵コンテ、美術ボード&背景集) ※Blu-rayのみ
■第十三話ノンテロップエンディング
<音声特典>
■キャストコメンタリー
<出演:櫻井孝宏、諏訪部順一、吉野裕行、中原麻衣、能登麻美子、佐倉綾音、西地修哉、畠山航輔>
■スタッフコメンタリー
<出演:森見登美彦(原作者)、吉原正行(監督)、堀川憲司(P.A.WORKSプロデューサー)、
    武井 潤(バンダイビジュアルプロデューサー)
<仕様>
■キャラクター原案:久米田康治描き下ろしイラストによる特製スリーブ付き

(C)森見登美彦・幻冬舎/「有頂天家族」製作委員会

関連リンク

この記事を書いた人