『弱虫ペダル』第2クールOP・EDテーマを担当の、DIRTY OLD MEN×AUTRIBEの対談を公開!

news-1402071200-c001

2月19日に同時発売されるTVアニメ『弱虫ペダル』のOPテーマ「弱虫な炎」とEDテーマ「I’m Ready」。その発売を前に、OP・EDテーマを担当するDIRTY OLD MENとAUTRIBEの対談が公開された。

爽やかで疾走感溢れるサウンドと、血も汗も最後の一滴までふりしぼり前へ前へと進む熱い気持ちを歌う両アーティスト。ここではは、ロックバンド・DIRTY OLD MENの高津戸信幸(Vo&Gt)と、エレクトロポップダンスユニットであるAUTRIBEのGO、そしてSHINJIによるお互いの曲やこれまでの歩みについての対談の一部をお届けする。
※対談の全編はTVアニメ『弱虫ペダル』の公式サイトに掲載

 

<高津戸信幸(DIRTY OLD MEN Vo & Gt)& GO、SHINJI(AUTRIBE)対談(一部)>

――それぞれOP&EDに決まった時の感想や、楽曲に込めた想いについて伺いたいと思います。どちらも初のアニメタイアップでありながら、EDテーマの楽曲はDIRTY OLD MENが作詞・作曲、歌をAUTRIBEが担当するという初コラボでもありますよね。

news-1402071200-c002

高津戸 声をかけていただいた時は『弱虫ペダル』について知らなくて、漫画喫茶で「試しに5話目くらいまで読んでみよう」と読み始めたらもう止まらなくなってしまい最新巻まで一気に読んで、すごく感動しました。僕はずっとバンド一本でがむしゃらに走ってきたので、マンガのセリフのひとつひとつに心の底から共感して、『弱虫ペダル』用に何か歌詞を書くというより「弱虫な炎」も「I’m Ready」も自分が生きてきたままの気持ちを書き出した感じです。この2つの候補曲をどちらも選んで頂き、「I’m Ready」をAUTRIBEさんに歌を歌って頂ける事になりました。

――GOさんとSHINJIさんは「I’m Ready」を初めて聴いたとき、いかがでしたか?

GO 初めて聴いたのは赤坂BLITZの楽屋で、マンガやアニメの世界観やシーン、歌詞から情景がリアルに浮かんでくるような曲だと思いました。高津戸さんがデモ用に歌った「I’m Ready」がすでにあったので、世界観を壊さないためになるべく近づけようとか、きちんとロックの歌い方を勉強してから挑もうと思いました。

SHINJI 歌詞も楽曲もすごく良いです。どういう想いで歌詞が作られたのかいま改めて伺って、だからこんなにも前向きで背中を押してくれるような曲だったのか、とすごく納得しました。誰かの人生が詰まっている曲を歌わせていただけてすごくうれしい。もっと前にそんな想いを聞いておきたかったです!(笑) GOも言っていたように、高津戸さんのデモを聴きながら「どういうふうに歌っていこうか」とか、「こういうジャンルだったらこんなふうにしたらいいんじゃないか」とか、色々と勉強しながらやらせていただきました。練習で仮歌を収録する時に高津戸さんが来てくださって、その際「セクシーな歌声ですね」と感想をいただいたので、爽やかさの中でそういった色を出せればな、と。本当に挑戦しながらやってみた感じですね。

――本編でOP&EDが流れているのを観た感想を教えてください。

news-1402071200-c003

GO こんなにドキドキしながらアニメを観たのって久しぶりでした。子どもの頃は1週間に30分しかテレビを見ることを許してもらえず、『ドラゴンボール』を観るのに当てていたんですが、観ながらノートを手元に置いて絵を描くのが楽しくて楽しくて。1週間のうち貴重なテレビの30分をそれに当てるほど大好きで、毎週ドキドキワクワクしていました。『弱虫ペダル』2クール目の最初の放送もそういう気持ちで、EDテーマが流れた瞬間「やった!」と、久々にそういう気持ちを味わいました。子供の頃は漫画家になりたくて、それが途中で絵を描くことにシフトして、かと思ったらダンスに方向転換して……ってメチャクチャですよね(笑)。小学生の頃は『キャプテンGO』というマンガを描いて同級生に売っていました。

高津戸 売ってたんですか!? 悪い小学生だな~(笑)。

GO ホントにしょうもないマンガですよ。博士の失敗作であるロボットが主人公で、音楽を聴いたら強くなれるんです。それでかめはめ波みたいに「ボン!」って手から出すんですよ。

SHINJI それ面白そう。『キャプテンGO』って言葉が頭を離れない!(笑)

GO 絵を描くのはずっと好きで、実は日本初のマンガ学部がある京都精華大学出身なんです。そこでイラストレーターを目指して、いろんなマンガやディズニーみたいなカートゥーンみたいなものを描いていました。卒業後は浜松町にあるデザイン事務所で働いていたこともあり、グッズデザインや今日着ているSHINJIと僕の服もデザインしています。

news-1402071200-c004

SHINJI 僕らの曲がオンエアになる今年に入ってからもうずっと緊張しっぱなしでしたね。だんだん放送日が近づいてくるうちに緊張も高まって、放送当日「いよいよ今日なんだ」と思うと信じられない気持ちで。いざ放送がスタートして、まずはOPテーマに感激して、次は僕らが歌うEDテーマが流れるんだと思うと緊張もクライマックスで、こんなにも緊張するのかと自分でびっくりしました。アニメとタイアップするのも初めてで、エンディングのアニメーションに乗って歌が流れてくるのも初めて。「AUTRIBEの曲が」というより、まるで遠い夢みたいな気分でしたね。放送後は録画を何度も再生して、「もう一回!もう一回!」みたいな。単純な言葉になっちゃいますが、夢が叶ったなという気持ちです。

高津戸 僕も放送をめちゃくちゃ楽しみにしてて、深夜まで頑張って起きていたんですが、布団の中で待っていたせいか気がついたら寝ちゃってました(笑)。目を覚ました時には放送が始まっててショックだったんですが、EDテーマを先に聴いてすごく感動して。本編終了後に録画を再生したら、OPアニメで道路標識に僕らの名前が書いてあるのにもうびっくりでした。何度も巻き戻しては、「ここもう少しこうすればよかったな~」なんて楽曲に関しての反省点も目についたり……でも何よりも喜びがいっぱいで、たくさんの人に届きますように、って思います。

news-1402071200-c005

――『弱虫ペダル』で好きなキャラクターは誰ですか?

SHINJI いつも小野田坂道くんの気持ちに共感しながら読んでいますね。アニメが好きで、それがだんだん自転車競技の話になっていく展開が面白い。人ってこういうふうに、身近なところから広がってそこから人生が変わっていくこともあるんだなと思います。

GO この作品は小野田くんが勝利・友情・勝利と、努力を努力と思わずひたすら楽しんで勝っていくのが新しいなと思います、ずっと勝利し続けていきますよね、彼。ライバルにしても、最初は嫌なヤツに見えても色々な背景があってそう見せているだけとか、悪人がいないのも作品を楽しめるところです。キャラクターの中では巻島裕介くんが好きですね。彼の変わった漕ぎ方、というのはダンスの世界にも共通するものがあって、「この踊り方だと絶対上手くならない」「自分のダンスのここが嫌」と思っていても続けていくうちにそれが武器になったりもする。自分も同じことがあって、彼にすごく感情移入してしまうんです。

高津戸 悪人がいない、というのすごくわかります。僕はそれで御堂筋翔くんにグッときてしまって……彼のお母さんとのエピソードは感動して、うるっときてしまいました。そのギャップにやられてしまいました。

――2月19日のリリースに向けて、予定していることややってみたいことは何ですか?

GO ライブはもちろん、アニメフェスやアニメイベントにも出たいです。ずっと応援してくださっているファンの方には、「I’m Ready」は僕らの新しい面を知ってもらえる曲だと思うし、アニメファンの方には、エレクトロなダンスミュージックの「MY TURN」を楽しんで頂けるはずです! そういうのをお届けするためにも『弱虫ペダル』のイベントがたくさんあればいいな……!

高津戸 イベントいいですよね、開催されないかな。僕、AUTRIBEさんのライブにも行ってみたいです。

GO 僕もDIRTY OLD MENさんのライブ、行ってみたいです! カップリング曲のことも伺ってますます聴きたくなりました。

高津戸 この後すぐにお渡しします!(笑) ライブもこれまではライブハウスでやることが多かったですが、アニメフェスにも是非出たいですね……ってそこにいるマネージャーにアピールしてみたり(笑)。多くの方にDIRTY OLD MENの曲を聴いてもらえる機会なので「俺らってこうだから」みたいなものはナシにして、いろいろなことにチャレンジしたいですね。

 

……ミュージシャン同士尽きることのない音楽話は時間を大幅にオーバー!
内容盛り沢山この対談の全編は、アニメ「弱虫ペダル」公式ページNEWSコーナーの「REPORT」に掲載しています。
ぜひこの対談の続きは公式ページよりお楽しみください!
NEWSコーナーへはこちらから!

■2014年2月19日(水)発売 CD商品情報
●TVアニメ『弱虫ペダル』第2クールOPテーマ
「弱虫な炎」/DIRTY OLD MEN
news-1402071200-c006

【収録内容】
1.弱虫な炎(TVアニメ『弱虫ペダル』第2クールOPテーマ) 2.心の見え方
3.弱虫な炎(Off Vocal) 4.心の見え方(Off Vocal)
レーベル:TOHO animation RECORDS 品番:THCS-60023
価格:¥1,260(税込)
発売元:東宝  販売元:東宝

 

●TVアニメ『弱虫ペダル』第2クールEDテーマ
「I’m Ready」/AUTRIBE
news-1402071200-c007

【収録内容】
1.I’m Ready / AUTRIBE feat. DIRTY OLD MEN (TVアニメ『弱虫ペダル』第2クールEDテーマ)
2.MY TURN / AUTRIBE 3.I’m Ready(Off Vocal) 4.MY TURN(Off Vocal)
レーベル:TOHO animation RECORDS 品番:THCS-60024
価格:¥1,260 (税込)
発売元:東宝  販売元:東宝

 

■DIRTY OLD MEN:プロフィール

news-1402071200-c008

高津戸信幸(Vo&Gt)、山下拓実(Gt)、渡辺雄司(Ba)、岡田翔太朗(Dr) の4人からなるバンド。高津戸信幸(Vo&Gt)の優しくも力強い唯一無二の歌声、独特な歌詞の世界観が魅力。

2003年夏:高津戸信幸が高校の同級生と共に3 人で『Dirty Old Men』結成。
2006年11月:元々のバンド仲間であった山下拓実がギターとして加入する。インディーズ時代にSingle3作品、Mini Album3作品、Full Album1作品をリリース。
2010年5月19日:Mini Album『Time Machine』でメジャーデビュー。
Single1作品、Mini Album2作品、Full Album1作品のリリース、リリースに伴う全国ツアーを実施。
その他ROCK IN JAPAN FES等のイベントに多数出演。
2011年4月には恵比寿LIQUIDROOMをSOLD OUT。
2012年3月に当時のドラム、ベースが脱退。
2012年4月には岡田翔太朗(Dr)、渡辺雄司(Ba)がメンバーとして加入し、新生「DIRTY OLD MEN」始動。
2012年5月:Full Album『doors』を発売し、レコ発全国ツアー(全9公演)実施。ファイナルは赤坂BLITZ。
2012年12月:インディーズベスト盤『prologue』発売。
2013年3月26日に現在のメンバーで1から創り上げたFull Album『I and I』を発売。
レコ発全国ツアー(全19公演)実施。ファイナルの代官山UNITワンマンはチケット即完売。
「I and I」収録曲の「呼吸」がJリーグ栃木SCの公式応援ソングに選ばれ、栃木グリーンスタジアムにてライブを実施。
2013年6月29日の代官山UNITワンマン公演の模様を収録した、初の映像作品を会場限定販売の形でリリースし、10 月より自主企画「Donʼ t Stop Music」を全国7ヵ所にて実施。
12月20日には赤坂BLITZでのワンマンライブが決定している。

美しいメロディーを色鮮やかなアンサンブルで包み込む音源。
時には優しく、時には力強く、会場を包み込む表情豊かなライブ。
一瞬の出来事を壮大な物語に、美しく力強い音で表現。

 

■AUTRIBE:プロフィール

news-1402071200-c009

良知真次とPaniCrewの植木豪でユニット結成。数度の共演を経た後、元RSPのHILOMUと名古屋のダンスシーンを盛り上げてきたTAKAHIRO、DAISUKEを加え5人編成としてAUTRIBEとして始動。新しい形のエレクトリックポップサウンドと卓越したダンススキルによるパフォーマンスで今注目のユニット!!

2011年3月:FIRST LIVE「HISTORYCONECTION」開催(新宿BLAZE)
10月:2nd LIVE「TRIP TRAP TRIBE」開催(渋谷WWW)
2012年9月:3rd LIVE「anthird」開催(新宿BLAZE)
2013年4月:デビューアルバム「AUTRIBE」をリリース。東名阪ワンマンTOURを開催し大盛況。
FIRST LIVE TOUR「STARTRIBE」開催(渋谷WWW/名古屋HeartLand STUDIO/大阪Music Club JANUS)
11月:4th LIVE「EVOLUTRIBE」開催(新宿BLAZE)

(C)渡辺航(週刊少年チャンピオン)/弱虫ペダル製作委員会

関連リンク

この記事を書いた人