LiSA初の日本武道館ライブは、超満員の大成功! そして、今夏ライブイベント・ツアー開催と『魔法科高校の劣等生』OPテーマ担当決定!

news-1401032200-c001

LiSAの初の日本武道館ワンマン・ライブが1月3日に開催。大成功のうちに幕を下ろしたライブにて、新たな情報も続々と発表。LiSAの活動は、またこのライブを機に次なるステージへと向かい始める。

 

news-1401032201-c001 news-1401032201-c002
news-1401032201-c003 news-1401032201-c004

昨年2枚のシングル『best day, best way』『träumerei』、2ndフルアルバム『LANDSPACE』をリリースし、すべてをオリコン上位にランクインさせたLiSA。そんな彼女がおくるライブ『LiVE is Smile Always~今日もいい日だっ~』は、昨年8月31日にチケットが一般発売されるやいなや即時完売となった超プレミアムライブだ。

 

news-1401032201-c005 news-1401032201-c007 news-1401032201-c009
news-1401032201-c006 news-1401032201-c008

そのライブのなかで、今夏に開催されるライブイベントとツアーの開催が発表となった。
6/21(土)赤坂BLITZを皮切りに、仙台・札幌・福岡・大阪・名古屋を回る全国6か所のライブツアー『LiVE is Smile Always~LANDSPACE~』、そして7/20(日)には自身2度目の野外ワンマンライブとなる『LiVE is Smile Always~LiSAMMERLAND~』を富士急ハイランドコニファーフォレストにて開催することが超満員の日本武道館のステージにてLiSAから直接ファンに告げられ、会場を大きく沸かせた。

 

news-1401032201-c010 news-1401032201-c011 news-1401032201-c012

また、日本武道館ワンマンライブ終演後に来場者にサプライズ発表が。4月から放送開始となるTVアニメ『魔法科高校の劣等生』のOPテーマをLiSAが担当するという情報が解禁され、日本武道館の外に停車したラッピングバスを見たファンはLiSAの突然のアニメタイアップ発表に驚きと喜びを隠せない状況となっていた。

TVアニメ『魔法科高校の劣等生』は、累計315万部発行の大人気スクールマギクス『魔法科高校の劣等生』を原作とするアニメプロジェクト。人気と実力をあわせ持ったスタッフ・キャスト・アーティストが揃い、満を持して4月放送開始となる。
新年の幕開けから、驚きの発表によりファンを大いに沸かせるLiSA。更なる情報は随時LiSA OFFICIAL WEBSITEにて発表になっていく予定なので、2014年もLiSAの活動には期待しかできそうにない!

 

■2014年夏、ライブイベント&全国6か所ライブツアー開催決定!
☆「LiVE is Smile Always~LiSAMMERLAND~」☆
7/20(日)@富士急ハイランドコニファーフォレスト(山梨県)

☆全国ライブツアー「LiVE is Smile Always~LANDSPACE~」☆
6/21(土)@赤坂BLITZ(東京都)
6/22(日)@仙台darwin(宮城県)
6/28(土)@札幌cubegarden(北海道)
7/5(土) @福岡DRUM LOGOS(福岡県)
7/12(土)@Zepp Namba(大阪府)
7/13(日)@Zepp Nagoya(愛知県)

■4月放送開始TVアニメ『魔法科高校の劣等生』OPテーマをLiSAが担当!!

news-1401032200-c019 

【ストーリー】
劣等生の兄と、優等生の妹。魔法科高校での波乱の日々が始まる――。
魔法。それが伝説や御伽噺の産物ではなく、現実の技術となってから一世紀が経とうとしていた。
そして、春。今年も新入生の季節が訪れた。国立魔法大学付属第一高校――通称「魔法科高校」は、成績が優秀な「一科生」と、その一科生の補欠「二科生」で構成され、彼らはそれぞれ「花冠(ブルーム)」、「雑草(ウィード)」と呼ばれていた。そんな魔法科高校に、一組の血の繋がった兄妹が入学する。兄は、ある欠陥を抱える劣等生(ウィード)。妹は、全てが完全無欠な優等生(ブルーム)。どこか達観したような面持ちを見せる劣等生の兄と、彼に肉親以上の想いを寄せる優等生の妹。二人がこのエリート校の門をくぐったときから、平穏だった学びの園で、波乱の日々が幕開いた。

TVアニメ『魔法科高校の劣等生』
2014年4月放送開始

Photo by hajme kamiiisaka

(C)2013 佐島 勤/KADOKAWA アスキー・メディアワークス刊/魔法科高校製作委員会

関連リンク

 

この記事を書いた人