【北川勝利・藤村鼓乃美 ボーダーズの“音の場” season2】~#06 神田篇~

680-otonova2

ボーダー柄の服のコンビが、サイコロ片手に“ノー・ボーダー”の精神でナイスな音楽を聴き歩く――。
「ボーダーズの“音の場”season2」第6回は、神田駅からお届けします。前回のラストで飛び出た「困ったら食べ物に逃げる」というアイデアが現実のものとなりました。なんと北川さんのご友人が、この地で美味しいお店を営んでいるとのこと。快く撮影の許可も頂き、我々が訪ねたそのお店とは……?

sp-160822-main

――ボーダーズ連載、6駅目です。結構いきましたね。今回は神田ということで……この鶏ガラスープからして本当に美味しいですね。

藤村鼓乃美 いきなり(笑)。

sp-160822-001-c012sp-160822-001-c014

――今回は神田駅前にある「東京カオマンガイ」さんにお邪魔しております。このお店はなんと北川さんのリクエストなんですが……。

北川勝利 店長の杉田さんと知り合いというか、彼は元々ミュージシャンでベーシストなんですよ。それで一緒にライブとかもしてたんですが、ある日急に「俺は音楽じゃなくてカオマンガイだ!」って言い出して(笑)。タイに行って修行して帰ってきたら店主になってたっていう。

杉田藤孝店長 こんな形で寄ってもらえるとは思ってませんでした。ありがとうございます。

――実は今日ロケに行くということを周りの人に話したんですが、ほんとにみんな知ってて人気店なんだなと。

北川 カオマンガイ専門店ってそんなにないからね。

――じゃあ北川さんも足しげく通ってるんですか?

北川 いやかなり久しぶりに来た(笑)。

藤村 だと思った(笑)。

北川 正直僕の中では神田っていうと杉田さんの店っていう印象が強かったから。

――藤村さんはここのカオマンガイ食べてみていかがでした?

藤村 実はカオマンガイを食べるのが初めてで……。

――おお、そうだったんですか。

北川 写真撮ってるときに「カオマンガイってどんな食べ物だと思う?」って聞いたりしてて。

藤村 全然わかんなくて、お店の名前なんだと思ってました(笑)。

杉田店長 名前の響きからは食べ物だと思わないですよね。

――タイ料理は普段あまり食べないんですか?

藤村 いえ、グリーンカレーが好きです。自分でもよく作ったりします。

――あ、じゃあエスニックな料理自体は大丈夫なんですね。実際に食べてみてどうでした?

藤村 めっちゃ美味しかったです!鶏肉の出汁がすごく効いてて。あと茹でた鶏肉が好きなんですよ。だから最高でした。

――なぜ茹でた鶏が好物で今までカオマンガイにたどり着けなかったんですか(笑)。

北川 まさにこの料理なのに(笑)。

藤村 いやほんとに(笑)。今日来られてよかったです。また来ます!

杉田店長 よろしくお願いします!

北川 そういえばなんでカオマンガイ専門店なんですか?

杉田店長 日本で美味しいラーメンを食べるときはラーメン屋さんに行く感じで、タイではカオマンガイを食べるときはカオマンガイ屋さんなんですよ。フードコートとかでもいろんな料理の専門店が並んでる中にカオマンガイ専門の店があるんです。なぜかというと数あるタイ料理の中でもカオマンガイはお米を鶏出汁のスープで炊くんですよ。他のタイ料理はだいたい白いご飯なので、なかなか一軒の料理店で両立しにくいんです。

北川 そもそも急にタイへ修行しに行くって聞いたときに、もうカオマンガイの修行に行くって決めてたの?

杉田店長 そうです。

北川 なんで突然そうなっちゃったの(笑)。

杉田店長 このお店は僕と社長で始めたんですけど、社長が海外出張でバンコクへ行ったときに、深夜であんまりお店が開いてなくて、とりあえず開いてるお店に入って食べたのがカオマンガイだったんです。社長はその味にいたく感動したんですが、日本に帰ってきてタイ料理屋に入ってもお米を炊いた後に鶏ガラスープで炒めてたり、白飯の上に蒸し鶏が乗ってるだけだったりと、なかなか本場の味を出せているお店がなかったらしいんです。今でこそ日本でもタイ料理が認知されて、まがい物を出すお店は減りましたけど、当時の社長はとてもショックを受けて、国内で美味いカオマンガイ屋を作ろうと決めたそうで。

北川 その当時って杉田さんはまだ音楽やりながらだったよね?

杉田店長 そうです。音楽のかたわらに飲食店でアルバイトをしてたんですけど、ある日社長に「カオマンガイ知ってるか?」って聞かれて「知らないんで食べさせてください」って言ったらタイまで連れてかれて(笑)。人生初の海外旅行がそれだったんですが、2泊3日ぐらいで延々とカオマンガイを食べ続ける旅をして。

――ものすごい洗礼ですね(笑)。

杉田店長 社長は忙しい人なんでずっとホテルで仕事をしてるんですよ。僕は日本語以外は喋れないのに町中に放り出されるっていう。初の海外がそれで、次に行くときはもう修行でした。音楽で伸び悩んでた時期でもあったんで、社長に「カオマンガイのお店やってみない」って誘われて挑戦してみようかと。将来はステージがあってライブができるお店を持つのが夢だったんですが、ミュージシャンとしてじゃなく飲食業の方からその夢を追ってみようと思いまして。それで修行に出たのが10年前ぐらいでした。現地でキッチン付きのアパートを借りて。

――ちょっと電○少年みたいですね。

杉田店長 お世話になった現地の一家と別れる時はウル○ン滞在記みたいになってましたよ(笑)。

北川 友達のミュージシャンだった人が急に修行がどうのって言い出して、そのあと急にこのお店ができて、みんなで食べにきたりしてたね。

――ソースも鶏肉も美味しいんですけど、ご飯が本当に美味しくてモリモリ食べちゃいましたよ。

杉田店長 米も鶏肉も国産のものを選んで使ってるので、値段以上の味を提供してる自信はあります。おかげであんまり儲けにはなってないんですが(笑)。

――いや、ほんとに美味しいのでバッチリ書かせてもらいます。これを読んだ人がたくさん来てくれたらいいなという希望も込みで。

藤村 ボーダーズの聖地だ(笑)。

北川 聖地結構近いな(笑)。

――杉田店長もお仕事の合間にありがとうございます。それでは今日の行程を振り返っていきましょうか。

藤村 最初にライオンのビル(丸石ビルディング)と……。

北川 あと出世不動?

藤村 すっごくちっちゃいお寺でしたね。

――まずは丸石ビルから。竣工が昭和6年というとても古い建物でしたがどんな印象でした?

sp-160822-001-c00sp-160822-001-c002

藤村 歩いてたら町中に突然すごいビルが現れた感じでした。でも普通に絨毯屋さんとかテナントが入ってて。

北川 入口に石のライオンがいました。

sp-160822-001-c003

――そういう感想だろうなとは思いましたよ。古い建物ですし。

藤村 北川さんから笑顔が消えた(笑)。

――もうちょっと興味持ちましょうよ(笑)。そして次が出世不動と。なんでも相撲取りがお参りすると番付が上がるというご利益のあるお寺だそうで。

sp-160822-001-c004sp-160822-001-c005

北川 僕らももう2つぐらい番付上げたいよね(笑)。

――でもそんなに上がると品格とか問われますよ。

北川 大丈夫です!

藤村 ほんとですか(笑)。

――すごく小さいお寺なので普通に道を通ってると見過ごしそうですよね。

藤村 でもちゃんと手洗い場とかもありましたよ。

――お供え物として2リットルの水がドカッと置いてありましたね。

北川 あとは誰かのお屋敷跡とか……。

sp-160822-001-c007sp-160822-001-c006

――江戸時代の佐竹氏の屋敷跡地と佐竹稲荷神社ですね。正直今日の録れ高が不安になる行程でしたね(笑)。

北川 逆に神田といえばコレっていう名所思い浮かびます?

――サラリーマン街、そしてカオマンガイという……。

藤村 えっ、ダジャレで片付けようとしてます……?

――えっ、そ、そんなわけないじゃないですか。神田といえば料理の街って印象ですよね。神田カレーグランプリもやってますし。

北川 基本的には食べ物が充実してる街って印象だけど、そういう所ばっかり巡っても録れ高が厳しそうじゃないですか。

――最終的にはベロベロになって終わる未来が見えてますからね。

北川 だから今回は食べ物に関しては東京カオマンガイに集約させてもらって、それ以外の部分は藤村に任せようと思って。

藤村 おっと、また味方に裏切られるの!?(笑)。

――まさか日暮里よりも厳しい戦いになるとは思ってなかったですよ(笑)。

北川 でも今回は杉田さんのカオマンガイストーリーがあったから大丈夫!

――ひとまず由緒ある建物を見てきたぞっていう(笑)。まあ神田って名の付く範囲が広すぎるのも原因ですけどね。元々は平将門の首塚から隅田川までという超広範囲なので。

北川 山手線上では隣の駅と近いんだけどね(笑)。

――そんな神田でもう北川さんもビールを1本空けているでしょう。これはシンハーですか?

藤村 違うんです、これはレオっていうビールで。美味しかったです。

――藤村さんもですか。じゃあふたり揃っていい気分になっていただいているということで。

藤村 あ、また怒ってます?(笑)。

――いやいや、カオマンガイの美味しさのおかげでとてもハッピーな気分ですよ(笑)。ではおふたりに選曲を披露していただいて、この神田での一曲をというものビシッと決めて、バシッと締めてもらいましょう。

藤村 じゃあ流しますよ。

★藤村’s Select
保坂(小野大輔)・チアキ(茅原実里)「カレーのうた」

――いきなりカオマンガイ屋でカレーの歌を流すんですか(笑)。

藤村 私は神田ってカレーのイメージが強くて。

北川 カレーのお店もいっぱいあるの?

――神田から神保町にかけては無数にありますね。

北川 それは駅としての神田と神保町エリアの話?

杉田店長 実は住所としての「神田」と、「神田駅エリア」の住所ってズレてるんですよ。神田駅っていうのは神田明神を中心に始まるから神田駅なんです。

――昔は東京に神田区っていう区があったんですよね。神田○○町ってつく住所はかつての神田区の名残で。

杉田店長 今でも残ってる神田紺屋街とかの住所は神田区にあった問屋街の名前がそのまま住所になってるんですよ。

藤村 へぇー!そんな歴史があるんですね。

杉田店長 あと古いものが残ってる理由としては戦中の空襲を免れたのもあります。JRの高架なんかもできるだけ国鉄時代のものをそのまま残してるぐらいで。

北川 僕らはそんな歴史を何も掘らないままカオマンガイだけ食べて満足してたっていう(笑)。

――じゃあ知ってたっていう体にしときましょうか(笑)。しかしこの曲はインパクトありますね……。

藤村 最初は『みなみけ』のアニメを見てて流れてきて、何かちょっと怖いなって(笑)。

――いろんなスパイスの名前が出てきて小林 旭の「自動車ショー歌」みたいですよね。

藤村 カレーが食べたくなる。

――アニソンにはこの手の「づくし歌」って結構ありますよね、声優さんの歌とかもですけど。

北川 キテレツ大百科のお料理行進曲とかね。

――北川さんも「ニャーメン・パラダイス」を書いてらっしゃいますし。

北川 そうだ!すっかり忘れてた!

藤村 そこは思い出してくださいよ(笑)。

――そういえば藤村さんは先程グリーンカレーを作ると言ってましたが、結構ちゃんと作られるんですか?

藤村 ちゃんと鶏の出汁から取るんですよ。鶏ガラとかネギとかを3時間ぐらい煮込んで作ります。

北川 すごい、なんでそんなことするの?(笑)。

藤村 ええー(笑)。だって美味しいの食べたいじゃないですか。

――じゃあ杉田さんに一回タイに連れて行ってもらって……。

北川 修行させてもらって(笑)。

藤村 来月ぐらいには「いらっしゃいませー!」ってなってて(笑)。

北川 グリーンカレー専門店の店主になってるっていう(笑)。

藤村 カレーの歌を聴かせたらカレー屋をすることになった(笑)。

――北川さんはカレーは……。

北川 食べるのは好きだけど、作るのにはそんなに興味ないなぁ……。

藤村 私もグリーンカレーは作るけど、普通のカレーはそんなに作らないです。

北川 グリーンカレーだけは出汁から作るんだ。

藤村 普通のカレーは普通に作ります(笑)。

北川 グリーンカレーってスーパーに売ってる専用のペーストみたいなやつで出来るんじゃないの?

藤村 出来るんですけど、それを水で作るのか鶏出汁で作るのかで味が全然違うんですよ。

北川 (釈然としない表情)

藤村 くっそぉー! こいつぅー!

――じゃあ1回食べてもらえればいいんですよ。そうすれば美味さに気付いて出汁の重要性をわかってもらえるはず。

藤村 じゃあボーナスステージを「藤村カレーの回」にしてもらって……。

――それいいですね。飲み会よりは健康的で。では続きまして北川さんの選曲は……。

北川 はい、じゃあ1曲目を。

藤村 いま1曲目って言いました?

★北川’s Select
千菅春香「Break On Through」

藤村 あ、ちっすーだ。

――うん……。

藤村 ちょっと、目が怖いですよ(笑)。

北川 あの、彼女の1stアルバムの1曲目です。

――嫌な予感はしたんですよ、いやもちろん千菅さんの1stアルバム、発売したばっかり(取材時)ですけども。

北川 はい、出たばっかりで。半分プロデュースしてまして、それの1曲目です。

藤村 いつも通りだなぁ(笑)。

――そんなこと言われたらこないだの1stライブの話を聞くしかないじゃないですか。

北川 良かったですよ。面白かったし。

――同じリスアニ!WEBで連載やってもらってたんですよ。

北川 カラオケのやつでしょ?第1回に僕出てるんですよ。

藤村 知ってますよ。読みましたよ(笑)。

北川 ちっすーは3年前ぐらいにデビューして、その後にところどころで何曲か一緒にやって、アルバムも4曲ぐらい一気に作って、結構な期間ずっと一緒に作ってた感があったんで、ライブを観て「こんな曲も作ったねぇ」って。

――思い起こさせる。なるほど。まあステージ上でも歌はもちろんMCも面白かったし、ダンスも素敵だったし、素晴らしいライブだったなって思いますけど……あれ?神田は!?

藤村 ですよね(笑)。あのライブって渋谷の記憶ですもんね。

――何かないんですか?このアルバム制作時の神田の思い出みたいなやつとか……。

北川 ないですね(笑)。

藤村 ですよねー、あるわけないですよねー(笑)。

――何なら今から千菅さんに聞きに行きますよ、神田のエピソードないっすか!? って。

北川 たぶんちっすーもないと思うな(笑)。

藤村 そんな今回の北川さんのお仕事でした(笑)。

――じゃあそんな感じで、神田編はお開きということで。さっさとサイコロ振ってもらいましょうか!

北川 よぉーし。

――「16」なので……あ、また近場ですね。次の駅は「上野」です!さすがにここなら何かエピソードあるでしょう。お願いしますよホントに!

藤村 頑張ります(笑)。

北川 何かあったっけなぁ……。

――動物と記念撮影して終わりとかだったら今度こそ承知しませんからね!(笑)。

sp-160822-001-c008

(次回、上野篇へつづく!)

PHOTOGRAPHY BY 山本哲也
INTERVIEW & TEXT BY 市川太一(クリエンタ)


~北川さんご紹介のお店~
東京カオマンガイ
sp-160822-001-c013
【住所】東京都千代田区内神田3-7-8 サトウハウスビル 1F
【営業時間】[月~金]11:30-15:00、17:00-23:00(L.O:22:30) [土]11:30~22:00(L.O:21:30) [日・祝]11:30~21:00(L.O:20:30)
【TEL】03-3255-6055
【定休日】なし
カード使用不可、全席禁煙、貸切可

☆北川s’select カオマンガイ
sp-160822-001-c011
カオマンガイ(並盛)+パクチー 黒ダレ(甘辛)
690円

☆藤村s’select カオマンガイ
sp-160822-001-c010
カオマンガイ(並盛)+パクチー 赤ダレ(辛口)
690円

●今回のSelect Song
★藤村’s Select
保坂(小野大輔)・チアキ(茅原実里)「カレーのうた」

★北川’s Select
千菅春香「Break On Through」

●リリース情報
千菅春香 1st フルアルバム『TRY!』
発売中

【初回限定盤(CD+DVD)】
news-1505231800-c003

品番:VTZL-108
価格:¥3,700+税
※DVD付(POS:4580325 32194 4)

【通常盤(CD)】
news-1505231800-c004

品番:VTCL-60427
価格:¥2,900+税(POS: 4580325 32195 1)

<CD>
01.Break On Through
作詞:acane_madder 作曲:北川勝利 編曲:acane_madder・北川勝利
02.プラネット・クレイドル(PS3専用ソフト「マクロス30 銀河を繋ぐ歌声」OPテーマ)
作詞・作曲・編曲:kz(livetune) ストリングス編曲:真部 裕
03.モモキュンソード(「CRモモキュンソード星と黄金の太刀」挿入歌)
作詞:北川勝利・acane_madder 作曲・編曲:北川勝利
04.あなたの春香さん
作詞:三重野 瞳 作曲:nagomu tamaki・岩田アッチュ 編曲:清水信之
05.ジュ・ジュテーム・コミュニケーション(TVアニメ『アクエリオンロゴス』EDテーマ)
作詞・作曲・編曲:清 竜人
06.corolla
作詞・作曲・編曲:inktrans
07.リフレイン
作詞・作曲・編曲:北川勝利
08.絶滅危愚少女!(OVA『絶滅危愚少女 Amazing Twins』OPテーマ)
作詞:サエキけんぞう 作曲・編曲:北川勝利
09.希望の花(TVアニメ『琴浦さん』EDテーマ)
作詞・作曲:川嶋あい 編曲:斎藤悠弥
10.TRY! TRY! TRY!
作詞:千菅春香 作曲:北川勝利 編曲:山本真央樹・北川勝利
11. 桃色ファンタジー(TVアニメ『モモキュンソード』OPテーマ)
作詞:深川琴美 作曲・編曲:倉内達矢
12.本当の声をあなたに預けたくて haruka solo ver.-(TVアニメ『アクエリオンロゴス』新EDテーマ)
作詞:東京かくれんぼ 作曲:鈴木裕明 編曲:NAOKI-T
13.愛の詩 -words of love-(TVアニメ『学戦都市アスタリスク』新EDテーマ)
作詞:山田稔明 作曲・編曲:Rasmus Faber
14.あなたのほほえみ
作詞・作曲:矢野顕子 編曲:コトリンゴ

<DVD>
01.絶滅危愚少女!
02.桃色ファンタジー
03.ジュ・ジュテーム・コミュニケーション
04.愛の詩 -words of love-
05.愛の詩 words of love- ※メイキング映像

関連リンク

この記事を書いた人